フォト
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

5月10日にぎわいの家では

Simg864_2

4月18日のオープンしたならまちのにぎわいの家では、テレビでもよく出てくる落語家の月亭方正さんの独演会があります。5月10日(日曜日)午後2時開演とのことです。

にぎわいの家のhpです→http://naramachi-nigiwainoie.jp/

2015年4月29日 (水)

5月3日から5日平城京天平祭

Simg863

平城宮跡では、何回目になるのでしょうか、平城京天平祭がひらかれます。5月3日から5日まで。奈良時代の天皇らのお渡り行列があります。ミス奈良や富士通奈良支店長さんらが出演されるそうです。くわしくはhpをご覧ください。

http://www.tenpyosai.jp/

2015年4月28日 (火)

奈良公園で

奈良公園を歩いていると少し前から変わっていたのかもしれませんが、案内掲示が新しく、日本語、英語、中国語、韓国語の表示をされているようです。

Scimg7586

また奈良○×クイズが目に留まりました。外国語表示もされており下のふたを開けると正解がでてきます。

 Scimg7584_2

見かけたら挑戦してみてください。






2015年4月27日 (月)

南円堂の藤

Scimg7533 Scimg7534

興福寺南円堂の藤棚の藤もきれいに咲いています。



2015年4月26日 (日)

奈良県立美術館へ そしてエキスパートの話 

Cimg7536

奈良礼賛~岡倉天心、フェノロサが愛した近代美術と奈良の美~特別展が奈良県立美術館で開かれていますので見てきました。(5月24日まで)

狩野芳崖、横山大観、菱田春草、下村観山、平櫛田中、高村光雲などそうそうたる人たちの作品が出品されています。アララギ派の歌人としても有名な香取秀真の金属作品もでていました。またかつてあった有名な奈良の宿、対山楼の写真や宿帳もでていました。なかなか見ごたえのある特別展です。

Img858 Img859

1階では、奈良ソムリエのことやNPO法人奈良まほろばソムリエの会の活動も展示されていました。パネルの写真の中には、Iさん、やいちさんらも写っていました。

Cimg7537 Cimg7550

そして奈良のエキスパートが講演ということで、奈良ソムリエの会の有力メンバーの講演の紹介もされていました。どうぞ時間をあわせて多数の皆様、ご参加ください。

Img860
5月2日午後3時30分から、雑賀耕三郎さんの「十一面観音菩薩と聖林寺」というタイトルで講演があります。雑賀さんのブログは→http://koza5555.exblog.jp/21152386/

その他石田一雄さん、前川光正さん、大山恵功さん、岡田充弘さんそれぞれにエキスパートです。

2015年4月25日 (土)

中華粥のお店  穀雨

もちいどのセンター街のきらっ都・ならの1階に21日オープンした中華粥のお店 「穀雨」(こくう)へ昼ランチにいってきました。。

メニューは現在2種類です。

Cimg7526

この日はどんぶりセット 税込860円を食べました。食べやすくてなかなかおいしくいただきました。


Cimg7527 Img857

経営者の女性シェフは、この2月まで中華の桃谷楼(ホテル葉風泰夢)で調理担当をされていて、このたび独立して起業されました。今後メニューを増やしていかれるそうです。がんばっていただきたいと思います。

なお木曜日は定休日です。

(追記)

違う日に、こんどは中華粥を食べました。いろいろなおかずがついています。おかゆは中国などで朝食べた中華粥に比べてあっさりしています。そしてもう1杯おかわりができますので、おかわりをしたら夕方までじゅうぶんお腹はもちました。そしてデザートはプーアール茶のプリンでした、ほんのり甘くておいしくいただきました。税込み1080円でした。

Scimg7650 Scimg7651




2015年4月24日 (金)

奈良国立博物館へ  ナラノヤエザクラ満開


Cimg7558
 Cimg7559_3


今、奈良国立博物館では平安古経展が開かれています。招待券をもらったので拝見しました。法華経を中心とした写経が奈良時代から中世までとてもたくさん集められていました。平日の昼下がり、すこし専門的な展覧会ながら人も来られていました。展覧会のhpです。→http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2015toku/heiankokyou/heiankokyou_index.html

そして庭園がちょうど公開されていましたので拝見しました。有名なお茶室の八窓庵です。

Cimg7576

新緑も美しく、学術名ナラノヤエザクラが満開に咲いていました。

Cimg7570 Cimg7578


Cimg7571

庭園は5月17日まで会期中は開放されているそうです。

Cimg7581

2015年4月23日 (木)

藤の季節 春日大社の万葉植物園

Simg855


春日大社の万葉植物園では、藤の季節が近づいたようです。4月下旬から5月中旬頃に開花ということです。万葉植物園のことは以下のhpで。→http://www.kasugataisha.or.jp/h_s_tearoom/manyou-s/manyou_s3.html

2015年4月22日 (水)

入江泰吉と水門会写真展

Img851


5月1日から6日までイトーヨーカドー奈良の5階、奈良市美術館で入江泰吉と水門会写真展が開かれます。また、一門・秀作展もあわせて開かれるそうです。

2015年4月21日 (火)

奈良フリーWIFI

Img850

奈良公園および奈良市の中心市街地の商店街では、奈良県により、奈良フリーWIFIがはじまりました。わかりやすい地図が奈良新聞に掲載されていますので紹介させていただきます。

2015年4月20日 (月)

子規の庭へ

久しぶり、雨の日でしたが正岡子規がかつて奈良に訪れた、対山楼あとの子規の庭を訪ねました。東大寺大仏殿、奈良奥山を借景にした美しい庭です。(天平倶楽部の東、入場無料)

Cimg7665

Cimg7666 Cimg7667

Cimg7669




2015年4月19日 (日)

桜井・桧原神社あたり

先日訪ねた夕刻の桧原神社あたりです。

P4093563 P4093569

P4093570 P4093579







2015年4月18日 (土)

吉野 吉水神社へ

Cimg7645 Cimg7646


Cimg7642

吉水神社はかつては吉水院と呼ばれていました。南朝があったところです。世界遺産の構成要素のひとつです。書院には、後醍醐天皇の坐られた場所があり、いろいろなゆかりの品が展示されていました。

Cimg7638

吉水千本となづけられた桜が広がっていました。(4月8日撮影)

2015年4月17日 (金)

穀雨オープン

奈良もちいどのセンター街の、きらっ都・奈良の1階入り口、若草カレー本舗あとのつぎの起業家が少し前から決まっておりオープンが待たれていますが、いよいよ4月21日火曜日オープンとのことです。中華粥「穀雨」という店の名前、さてどんな飲食店がオープンするのでしょうか?

11130221_1578362515769702_783099904

大いに期待されます。

2015年4月16日 (木)

ならまち旧大西邸オープン

Scimg6859 Scimg6870

ならまちの旧大西邸が「にぎわいの家」という名前で4月18日オープンするそうです。5月10日には月亭方正さんの落語独演会などつぎつぎ催しが予定されているようです。名前の通り盛況を祈念したいと思います。

hpです。→http://naramachi-nigiwainoie.jp/

2015年4月15日 (水)

4月19日パイプオルガンコンサート

Img832

奈良基督教会では、4月19日(日曜日)午後2時半開場、3時開演で臼井真奈さんのよるパイプオルガンコンサートがひらかれます。(入場無料)

先日、井田牧師さんに礼拝堂をくわしくご案内いただきました。1930年に建築された宮大工の大木吉太郎氏の設計施工の礼拝堂にはドイツ製のパイプオルガンがあります。

Scimg7559 Scimg7564

左祭壇。右パイプオルガンです。



 

2015年4月14日 (火)

春日大社 国宝御本殿 特別公開などメルへンの皆さんと奈良散策

Simg841 Simg842


4月から春日大社の国宝ご本殿が特別公開されています。先日、拝観してきました。140年ぶり公開となるというご本殿の後ろ、そして4棟の本殿を拝見することができました。5月末までの特別公開とのことですので、ぜひこの機会に参拝されることをおすすめします。
特別拝観料(記念品の薫り袋つき)1000円です。

春日大社のhpです。→http://www.kasugataisha.or.jp/

Sdscf3197 Sdscf3177

Sdscf3180 Sdscf3198

一緒に歩いた友人たちからいただいた写真です。

このあと、万葉植物園を訪ねました。新緑が美しく、いろいろの花を愛でながら散策しました。会津八一の歌碑で素空氏。

20150410_132918_2 20150410_135037

この日訪れた東大寺本坊の小泉淳作ふすま絵展での一行の記念写真です。

20150410_112610 Sdscf3172

雨の中、東大寺本坊→春日大社式年造替ご本殿特別参拝→万葉植物園→頭塔→ならまちと皆さんとご一緒に歩きました。この日は雨の平日で人出は少なく、落ち着いた風情を楽しむことができました。

2015年4月13日 (月)

美ビット見て歩き 私の美術ノート *28 

Img843

Img844


いつも楽しみにしている大阪芸術大学短期学部の教授である、川嶌一穂さんの美ビット見て歩き 私の美術ノート が奈良新聞にのっています。

銀行の頭取であり、陶芸家として有名です。私は以前、三重県立美術館で特別展を拝見したことを思い出します。

以下は新聞記事から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美ビット見て歩き 私の美術ノート *28 川嶌一穂

あべのハルカス美術館『川喜田半泥子物語ーその芸術的生涯』

写真 川喜田半泥子『自画像』個人蔵=あべのハルカス美術館提供
 
 江戸の日本橋にも大店を構えた三重県津市の豪商・川喜田家第十六代の当主・半泥子(はんでいし)は、家業のかたわら、作陶、絵、俳句など趣味の世界を自在に楽しんだ。
 写真の『自画像』は、亡くなる4年ほど前(1959年)に描いた墨画。眼鏡の縁だけが淡い赤土色で描かれ、それが全体をぴりっと引き締めている。
 わりと大きな字で「冴えかへるろくろの土のひきのこり」という自賛句が添えられている。「冴え返る」は春の季語で、一度暖かくなりかけたのに、また寒さが戻って来ることを言う。引き終えた茶碗を糸で切って取り上げた後に轆轤(ろくろ)に残った土も、右手前の桶の水もまだまだ冷たい季節の句だ。寒中は棒状の「投込みヒーター」を入れて水を温かくすることもある、という陶芸家の友人・相川晶子の話だ。
 「部田六郎」(へたのろくろう=下手の轆轤!)という号も持つ半泥子には、「秋晴れやおれはろくろのまわるまま」という俳句もある。とても愉快な句だが、技術がいくら上達しても、なお結果はろくろに任せるしかないという半泥子が到達した境地を表しているのだろう。
 『千歳山の蟇(ひき)図』と題された禅画が同じ頃に描かれているが、そこには「まかり出てたるハ千歳山のひきにて候」(千歳山は、登窯を築いた地名)という賛がある。ヒキガエルの姿をした自画像である。そう言えば「冴えかへる」の句には、五七五の中に「かえる」と「ひき」が入っている。絵の中で土と格闘する半泥子が、蛙に見えるから面白い。
 半泥子の茶碗を、これだけまとまって見ることができたのは今回がはじめてだった。「実業家の余技」と言うにはあまりに完成度が高く、す枯れた中にも色気のある独特な茶碗の数々だ。
 この展覧会は、「ほめられるな」という祖母・政子の遺訓を生涯胸に抱きつつ、後半生を作陶に捧げた明治生まれの一人の男の人生と、その趣味を育んだ川喜田家の江戸以来の物語を読むことができる興味深い企画だ。 
 会場で、広重の浮世絵、木綿縞帳(切れ見本)、光悦の書状などに心ひかれつつ、文化の伝承と創造に地方の旧家が果たしてきた役割にあらためて気付かされた。
 ゆっくり作品の世界に浸った後、上のカフェで夜景を見ながら一服するのも、この美術館ならではの楽しみ。
 ゆかりの地、三重県津市に開館した石水博物館もぜひ一度訪れたい。川喜田家代々のコレクションと、半泥子作品が収蔵、展示されているそうだ。 
 =次回は5月8日付=
・ ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
大阪芸術大学短期大学部教授。

メモ あべのハルカス美術館 大阪市阿倍野区阿倍野筋1−1−43 あべのハルカス16階(エレベータ乗り場は地下1階)、電話06(4399)9050。月曜日休館、平日は夜8時まで。会期は5月10日まで。

2015年4月12日 (日)

吉野山 桜満開

9日朝8時に竹林院をでて金峯神社へ、そして山道を西行庵まで歩きました。金峯神社に戻り、さらに義経の隠れ塔を拝見。そのあと花矢倉にいきました。かつて争いで弓矢が放たれたというところです。

NHKの8Kという高画像カメラの撮影をされており(来年放映とのことでした)、大勢の方が見学や写真を撮りに来ておられました。かつて入江泰吉さんがすばらしい写真を撮っておられた場所です。

中央やや先に前日拝観した金峯山寺が見えます。

P4093525

中千本辺り桜満開です。一目千本というのはあながち誇張ではないような気がします。

P4093473 P4093469

P4093537 

金峯神社からしばらく歩いた西行庵の奥千本あたりはまだ咲いていませんでした。まわりは古い木は取り除かれ、新しく桜の植林を進められている様子です。左下、西行庵、右下は義経の隠れ塔です。

P4093496  P4093514


写真はいずれも4月8-9日撮影。

2015年4月11日 (土)

吉野金峯山寺へ  中千本は満開

Cimg7612  Cimg7628

4月8日、奈良市に長らく住みながらも、吉野の桜の盛り過ぎには訪れたことがあるものの、満開の時期にいったことがありませんでした。

 

昨年秋、一度行きたいという東京の叔母の提案で、早くから宿(竹林院群芳園)を予約していよいよ4月8日に出かけてきました。

 

近鉄橿原神宮駅で集合、車で観光道路をつかって竹林院群芳園に2時前に到着。車をおりて、金峯山寺へ。平日ながら折からの人で道はたいへんな人出でした。ぶらぶら散策して金峯山寺をお参り。東京に続いて永坂さんの展覧会も見ることが出来ました。仁王門は改修中でした。

 

前の日、吉野が生んだ歌人前登志夫さんのお話を小野小町さんの講演で聞きましたが、ちょうど前登志夫さんの歌碑を見つけることが出来ました。

 

Cimg7618

さくら咲くゆふべの空の水色のくらくなるまで人をおもへり (青童子)

Cimg7638 

中千本は満開でした。吉水神社(吉水院)などを拝観。そして泊まりの奈良の三名園の竹林院群芳園の名園を散策、そして宿泊しました。

2015年4月10日 (金)

奈良歳時記大和路 春爛漫 二人展

Img830


Img831_2

わたしどもの器まつもりのすぐ近く、三条通、橋本町御高札場前のクロネコならTABIセンター2階で、野本さんの写真と西村さんの切り絵の「奈良歳時記大和路 春爛漫 二人展」がひらかれています。5月31日まで。無料です。

Cimg7542 Cimg7544

2015年4月 9日 (木)

4月11日から奈良県立美術館では

Img825


Img826

4月11日から5月24日まで奈良県立美術館では、上記のような興味深い展覧会がひらかれます。どうぞお出かけください。

2015年4月 8日 (水)

入江泰吉の心の風景

Simg835_2

4月3日から6月28日まで入江泰吉記念奈良市写真美術館では、「入江泰吉の心の風景」展がひらかれています。

また5月17日まで、入江泰吉記念写真賞受賞作品展も開催されています。

Simg836


入江泰吉記念奈良市写真美術館のhp→http://irietaikichi.jp/

そしてご一緒に、3月1日から公開されている入江泰吉旧居もぜひお訪ねください。→http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1424755110510/index.html

2015年4月 7日 (火)

興福寺中金堂再建現場 特別公開 19日まで

Simg839 Simg840

やいちさんからのコメントとちょうどチラシを見つけたのが6日でした。(クリックすると拡大します)

6日から興福寺中金堂の再建現場を特別公開されています。4月19日までです。

くわしいhpです。→http://www.kohfukuji.com/news/detail.cgi?news_seq=00000125

2015年4月 6日 (月)

4月10日から12日 東大寺本坊ふすま絵展

Img837


「4月10日(金)~12日(日)にかけて「本坊襖絵一般公開」を開催します。日本画家の故・小泉淳作画伯による襖絵全40面、聖武天皇・光明皇后御影2幅を公開するとともに、明治期の大仏殿大修理落慶より100周年にあたる本年は、近現代に奉納されたすぐれた工芸作品もあわせて展観します。
また期間中は、平素非公開の本坊内の聖武天皇殿、国宝の校倉(外構)が拝観できるほか、4月12日(日)には江戸時代に大仏さまを復興された公慶上人の坐像の特別開扉(於公慶堂)も行われます
どうぞお参りくださいませ」とのことです。くわしくは以下のhpをご覧ください。
 

http://www.todaiji.or.jp/images/pdf/fusumae2015.pdf

Simg838

2015年4月 5日 (日)

かぎろひの大和路 復刊第31号

Img827


Img829

発行が待たれていた『かぎろひの大和路』影姫が行く山辺の道、大和王権発祥と和邇氏、ということで復刊31号が発行されました。税別300円です。http://www4.kcn.ne.jp/~kagiroi/

2015年4月 4日 (土)

4月5日(日曜日)夜9時から ならどっとFM ラジオ放送です

Simg833

Simg834

旧知の脚本家、の小野小町さんから案内をいただきました。

「桜の頃、今年も、前登志夫を偲ぶ季節となりました。ことしは、チラシのように、ラジオ番組を企画しました。」ということで4月5日夜9時から10時までならどっとFMで放送されます。奈良以外の方は、インターネットでもお聞きいただけますということです。

http://www.jcbasimul.com/奈良をクリックしてください。

前登志夫うた宇宙のhpです。→http://maetoshio.tumblr.com/

2015年4月 3日 (金)

佐保川べり点描

ことしは桜の季節、どうも天気回りがよくありません。4月2日は朝から天気もよく、佐保川あたりも桜も満開とのこと、すこし写真を撮ってきました。

大仏鉄道記念公園(旧佐保消防署あと)の枝垂れ桜はみごとです。

Cimg7508 Cimg7510

佐保川べりです。佐保川の水もとてもきれいです。

 

Cimg7523 Cimg7525

 

江戸時代の有名な奈良奉行、川路聖謨(かわじとしあきら)の川路桜です。

 

Cimg7534 Cimg7533

 

佐保川べりには数多くの行灯が掲げられています。ことしのメッセージは「未来」です。

 

当方作のメッセージも掲げられていました。PRで恐縮です。

「子供らは未来よりの使者なれば我らは残そう美しい町を」

Cimg7517 Cimg7519











2015年4月 2日 (木)

無料WIFIが使えるようになりました

Cimg7536
奈良もちいどのセンター街に奈良県により無料WIFIが設置され、4月1日から使えるようになりました。
その他、JR奈良駅から三条通、春日参道、春日大社、若草山ふもと、東大寺境内、県庁あたり、奈良国立博物館、興福寺境内、その他下御門、橋本町、東向き、東向き北、花芝、小西通り、三条ショッピングモール、などの商店街でフリーで公衆WIFIが使えます。

テレビのニュースでも報道されていますが、4月1日から奈良県によって、JR奈良駅から奈良公園に掛けてのエリアで、無料の公衆WiFiが設置され運用を開始しています。三条通りの他、北へ小西・東向・花芝まで、南へ餅飯殿・下御門までがエリアに含まれています。どうぞご利用下さい。」

奈良県の報道資料です。

http://www.pref.nara.jp/item/137953.htm#moduleid55858

荒井奈良県知事、奈良公園室、県会議員など関係各位のご尽力に御礼申し上げます。

スリランカへの旅 6

キャンディからコロンボまではおよそ120キロ。途中象の孤児院にいきました。象の水浴びを見ながらバイキングのランチ。

Cimg7394 S_4062

象の孤児院の入場料です。外国人旅行者の入場料は国内の人よりかなり高く設定されています。サマンさんに聞くと、今まで観光してきた世界遺産や仏歯寺でもいずれも外国人が1ヶ所2000円とか3000円で現地の人は無料であったり、4分の1とか5分の1(正確には覚えられませんでしたが)ということだそうです。1ルビーがおよそ1円で、こちらの入場料も2500円ほどしますからかなり高く払わなくてはなりません。サマンさんはこの話はあまり紹介したくなかったのだけど、ということでした。

Cimg7396 Cimg7404

Cimg7410 Cimg7427

象といっしょに写真を撮ると50ルビーほどチップが必要でした。

そして2、3時間ほど走ってコロンボ市内へ。コロンボでは一部高速道路ができていました。中国もかなり投資して国内に利益を持ち帰っているということでした。日本もODAでJAIKAを通じていろいろ貢献しているそうです。ただ最後の建設を現地に任せるというのは、結局国際貢献になりにくいという説明でした。コロンボ市内ではシャングリラなどのホテルの建設も急がれているようでした。

車窓からの風景。左下はもとの国会議事堂。また中心部の日本大使館前、中国大使館前も通りました。

P3253419 P3253422

P3253428 P3253431

30年ほど続いた内戦が終わって5年、これからスリランカはさらに経済発展をしようとしているようです。

今回滞在中の4日間に走り回ったマイクロバスはトヨタのマイクロバス。走行距離は960キロとのこと、そして列車の4時間、スリランカ中央部の大旅行でした。スリランカの自動車は日本製が多く、またインドのタタ製の車も多く見かけました。

P3243253

帰りは真夜中の0時発予定の深夜便の出発がさらに遅れて出発、成田空港へは偏西風に乗って8時間ほどで行きより早く感じました。成田ー伊丹空港を乗り継いで、無事スリランカ への「世界遺産見学とスリランカ満足の旅6日間」の旅は終わりました。

(お付き合いありがとうございました。おしまい)

スリランカの旅 5

いよいよ5日目、キャンディの町の有名な「仏歯寺」を訪ねました。大きな仏教寺院であり、たいへん多くの参拝客がいました。

Cimg7297 Cimg7306

この日の説明はサマン・ペレラさん、真面目な表情です。仏様にお供えする花をそれぞれ持っています。このあと靴を預けて靴下もしくははだしでお参りをしました。

Cimg7308 Cimg7323

Cimg7334 Cimg7338

公開される時間を待つたくさんの人々です。実に敬虔な仏教徒です。スリランカは小乗仏教(日本は大乗仏教)で国民の7割が仏教徒ということでした。あとイスラム教、キリスト教など。まちかどにはヒンズー教の寺院もありました。

Cimg7347 Cimg7361

下が、仏陀の歯がいれてある金と宝石でできた入れ物と同じものということでした。(実物ではありません)

Cimg7360

外の風景。

S_4048

Cimg7372 Cimg7370

Cimg7378 Cimg7367

日本の桜によく似た花がありました。













 

 

 

 

2015年4月 1日 (水)

スリランカの旅 4

夜の間に小雨が降ったらしく日の出もややかすんでいます。

Cimg7290


いよいよ4日目は7時45分ホテルを出て、キャンディKANDYの駅を8時45分出発の列車の旅です。

P3243282 P3243286

P3243287  S_3949


検札の車掌さんと記念写真です。乗車賃は600円となぜかとても安いようです。

P3243293

P3243301 P3243315

P3243323 P3243328

P3243334 P3243339


海抜600メートルくらいのキャンディ駅から、えんえん4時間くらいの車窓の旅となりました。特急ながらほぼ各駅停車のようです。車窓からやがて紅茶畑がよく見えました。遠くにS氏が後日登る標高2200mあまりのアダムス・ピークが見えました。着いたところはNANUOYAという駅で海抜1600メートルくらいありました。4時間かけて実に1000m登ってきたことになります。

P3243345

そこからは再び貸し切りバス。平地では30度越している気温が、昼食を食べたホテルでは20度くらいの爽やかさでした。ビールはいつもはLIONという銘柄でしたがここではANCHOR。どちらもおいしいビールでした。そして鳥料理です。

P3243348 P3243350

こちらは英国領の頃のリゾート地ということでゴルフ場がありました。まだ国内にゴルフ場は4つしかないそうです。

P3243358

茶畑がつづきます。

P3243364 P3243368

途中、大きな紅茶工場を見学しました。紅茶を飲み、そしてお土産に紅茶を買いました。

かつてイギリスの植民地の頃、紅茶生産がはじまり、乗った鉄道も敷かれたということです。

P3243372 P3243379

P3243384 P3243386

P3243392 P3243391_2

P3243387 P3243389


P3243401 P3243402

帰りはバスで2時間くらいでした。えんえん下りでした。ここで再びスリランカの交通事情ですが、道路はほぼ2車線でところどころ道路工事をされていてけっしてよくはありません。かつてのミゼットのような軽三輪のタクシーが走り、2車線道路で追い越しをしあうのですから、乗っていてよくこんな運転をするなあ、よく事故が起こらないなあとびっくりしました。内戦があったためこういう道路へのインフラ整備は行われず、今道路工事が行われているということでした。

キャンディの町に戻り、宝石店に立ち寄り前夜と同じホテルに宿泊しました。

スリランカの旅 3

3日目は9時出発。いよいよ3つ目の世界遺産のシーギリヤ・ロック観光へ。今回のトップイベントです。 

「5世紀に復讐を恐れた王が、ジャングルの中にそびえる岩山の頂上に建てた宮殿跡が残る。シーギリヤ・レディと呼ばれる、岩肌に描かれた美女たちのフレスコ画でも知られている。標高約370m、岩頸そのものの高さは約195m、全方位が切り立った崖になっている。」

Cimg7228_2

Cimg7224
Cimg7240 Cimg7247

S_3913  S_3916


午前中の暑さがましな時間帯にということでたいへんな人の列です。前方にはスリランカの学生さんの団体がいました。洞窟画を見るために並んでいます。

岩山に鉄の階段が貼り付けてあるという感じです。欧米系や中国系と思われる人たちもたくさん並んでいます。

次に登り詰めたと思ったところはライオンの足の彫刻がある入り口で、さらに登りになっています。

Cimg7254 Cimg7275

ようやく頂上へ。一番頂上に広い宮殿跡があります。よく造ったものだと感心しました。

Cimg7261 Cimg7264

頂上からの眺めです。歩いてきた道が見えます。まわりはジャングルに見えます。

Cimg7250

無事下り終えてバスに乗って、植物園で生ジュースを飲んで昼食のスパイスガーデンヘ。
道路事情は余り良くはなく、ほとんど2車線で、軽三輪やオートバイが走っていたり、また大型バスも追い越しを掛け合いますので、乗っていてもやや怖い場面もありますが、不思議とぶつからず直前で割り込んで入って事なきを得ます。

P3223089 Cimg7218

キャンディの町の手前のあたりでは、日本の有名陶磁器メーカーのNORITAKEの工場がありました。400人規模の工場ということです。

Cimg7279 Cimg7282

さらにバスに乗って夕方、スリランカの2番目の都市であるキャンディへ。

「15世紀からシンハラ王朝の最後の都がおかれていた山あいの都市。濃密な仏教空間が広がる古都であり、スリランカの誇りである仏陀の歯を安置する仏歯寺はじめ、見どころが多い」

着いたところで赤十字の劇場で、踊りや音楽のキャンディ・ダンスを鑑賞しました。 太鼓とほら貝でやや喧騒でした。

Cimg7286


およそ標高600mの世界遺産の町ということです。したがって気温は30度くらいでしょうか、風もあってさわやかです。

キャンディに宿泊。こちらのホテルではようやく2日連続の宿泊となります。ホテルに着くとWIFIが使えてすこしメールやWEBなどの受発信ができました。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30