フォト
無料ブログはココログ

« 「昭和のこども」 | トップページ | 『野に遊び 人に学ぶ』 猪股静彌著 »

2015年3月24日 (火)

石上神宮の万葉歌碑

Scimg6351 Scimg6348_2

昨年秋に石上神宮の参道で見かけた万葉歌碑です。

柿本朝臣人麿の歌

未通女(おとめ)らが袖布留山の瑞垣久しき時ゆ思ひき我れは  (巻4-501)

伊藤博先生の現代訳

おとめが袖を振る、その布留山(ふるやま)の瑞々しい垣根が大昔からあるように、ずっとずっと前から久しいこと、あの人のことを思ってきた、この私は。

« 「昭和のこども」 | トップページ | 『野に遊び 人に学ぶ』 猪股静彌著 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「昭和のこども」 | トップページ | 『野に遊び 人に学ぶ』 猪股静彌著 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31