フォト
無料ブログはココログ

« 飛鳥・豊浦寺あと辺り | トップページ | 美ビット見て歩き。 寧楽美術館 柳澤吉保没後300年記念「柳澤家伝来の名品展」 »

2015年2月13日 (金)

富本憲吉展へ

奈良県生駒郡安堵町生まれの陶芸家、人間国宝であり文化勲章受章者の富本憲吉展が奈良県立美術館で開かれています。

館蔵品も多く、県立美術館で以前にも富本憲吉展を拝見したように覚えています。行って見ると今回の展覧会は、なんと65才以上無料、外国人観光客と留学生も無料ということでした。

Cimg6818 Cimg6821
バーナードリーチの影響をうけた楽焼、東京での作陶、故郷斑鳩町での作陶、京都での作陶の作品がありました。また九谷での北出塔次郎らとの交友から色絵の技法の作品。中でも羊歯の模様の金彩銀彩は有名ですが、金と銀との焼く温度が異なる(銀のほうが低い)こと、赤の上にさらに金を載せるなど工夫は富本憲吉独自のもののようです。

館内では遠景写真OKの展示室がありましたので、以下スナップ写真です。

Cimg6822 Cimg6823

かつての富本憲吉の生家は、ソーシャル・サイエンスというところに所有権が移転したと報道がありましたが、うまく再利用していただきたいと思います。

富本憲吉の生まれた安堵町の特別展示も美術館1階では行なわれていました。20分間のDVDが繰り返し放映されていました。旧知の西本博町長はもと奈良市の経済部長であり、ますますのご活躍を祈念します。

それから富本憲吉展は3月15日まで、どうぞお出かけください。

くわしくは以下公式hpです。→http://www.pref.nara.jp/37415.htm

« 飛鳥・豊浦寺あと辺り | トップページ | 美ビット見て歩き。 寧楽美術館 柳澤吉保没後300年記念「柳澤家伝来の名品展」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛鳥・豊浦寺あと辺り | トップページ | 美ビット見て歩き。 寧楽美術館 柳澤吉保没後300年記念「柳澤家伝来の名品展」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30