フォト
無料ブログはココログ

« 12月9日から「おん祭りと春日信仰の美術」展 | トップページ | 奈良マラソン2014 »

2014年12月 3日 (水)

東京 駒込  六義園へ

先日東京に出かけた折、駒込の六義園(りくぎえん)が紅葉の盛りということで訪ねました。JR駒込駅からほど近いところに広い六義園がありました。

六義園は
 元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉から与えられたこの地に、柳沢吉保が、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水(かいゆうしきつきやませんすい)庭園」を造りました。ここは平坦な武蔵野の一隅だったので、庭を造るにあたり池を掘り、山を築き、千川上水の水を引いて大泉水にしました。
       六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映し、和歌の趣味を基調とした繊細で温和な日本庭園になっています。庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」に記されている「誌の六義」すなわち風、賦、比、興、雅、頌という六つの分類法の流れを汲んだ和歌の六体に由来します。
       庭園は中の島を有する大泉水を樹林が取り囲み、万葉集や古今和歌集に詠まれた紀州(現在の和歌山県)の和歌の浦の景色を始め、その周辺の景勝地や中国の故事にちなんだ景観が映し出されています。
       庭園は明治時代に入って三菱の創業者である岩崎家の所有となり、昭和13年に東京市に寄付されて一般公開されました。なお、昭和28年3月31日に国の特別名勝に指定されました

Cimg6451 Cimg6454

Cimg6455 Cimg6456

Cimg6471  Scimg6458





東京とは思えない大きな庭園で、鳥の声が聞こえ、紅葉も盛りで多くの人々で賑わっていました。

六義園は奈良郡山城の初代城主の柳沢吉里の父柳沢吉保が、元禄十五年(1702)に完成させたということです。

またその柳沢吉保の没後300年記念ということで、来年1月16日から3月15日まで奈良・依水園の寧楽美術館で「柳沢家伝来の名品展」が開かれるということです。

依水園のHP→http://www.isuien.or.jp/

« 12月9日から「おん祭りと春日信仰の美術」展 | トップページ | 奈良マラソン2014 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月9日から「おん祭りと春日信仰の美術」展 | トップページ | 奈良マラソン2014 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31