フォト
無料ブログはココログ

« 万葉の旅 大和編 | トップページ | 平成26年 年の暮れ »

2014年12月30日 (火)

上野誠著「万葉集の心を読む」

Scimg6765 Simg739

先日、奈良大学の万葉学者の上野誠先生のお話を聞く機会がありました。ちょうどクリスマスの日でしたので、上野先生、サービス精神を発揮してサンタクロースの帽子をかぶっての熱弁でした。

そして、最後に角川ソフィア文庫の「万葉集の心を読む」という文庫本をプレゼントにいただきました。会場全員に。
上野先生ありがとうございました。

2007年のNHK第2放送のラジオの「万葉集との対話」のためのテキストを親本にして詳しい講義を加えて、角川書店から新たに発行された文庫本です。

第1章の現在と都市、都市と神々、神々と女性、女性と労働、労働と家族、家族と愛情、愛情と怨恨、怨恨と揶揄、揶揄と笑い、笑いと宴席、宴席と庭園、庭園と愉楽、愉楽と現在、という13章がしりとりのようにテーマになっています。

ラジオ放送からもう7年たったのですが、今も万葉集に親しむために十分に値打ちのある本だと思います。

角川ソフィア文庫760円+税

« 万葉の旅 大和編 | トップページ | 平成26年 年の暮れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 万葉の旅 大和編 | トップページ | 平成26年 年の暮れ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31