フォト
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

奈良どっとFM78.4

Cimg5694
もちいどのセンター街の奈良どっとFM78.4のサテライトスタジオでは、10月31日昼下がりハローウィンの格好で放送中でした。インターネットでも聞くことができます。http://www.nara.fm/

先週は「ここにおいでよ、もちいどの」という番組で、15分間、器まつもりのことなどインタビューいただき出演してきました。

万葉歌碑 正暦寺にて

Cimg3762 Cimg3756

Cimg3754 Cimg3755

夏、正暦寺をたずねたときに、万葉歌碑が建立されていました。歌は柿本人磨。書は正暦寺の大原弘信住職。

秋山の黄葉(もみち)を茂み惑ひぬる妹(いも)を求めむ山道知らずも

伊藤博先生現代語訳

秋山いっぱいに色づいた草木が茂っているので中に迷いこんでしまったいとしい子、あの子を探し求めようにもその山道さえもわからない<その道がわからなくて>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正暦寺では11月1日本堂の修復を終えられて、法要を営まれるそうです。これから、正暦寺では紅葉が美しくなる頃かと思います。

2014年10月30日 (木)

興福寺 北円堂、東金堂特別公開へ

興福寺 北円堂、東金堂の後堂が特別公開されていますので拝観してきました。(北円堂特別公開は11月9日まで)

Cimg5646 Cimg5641

Cimg5644 Img658

そして東金堂へ。左下こちらは正面からは年中拝観できます。そして今回の東金堂後堂特別公開は東から入ります。(注意が必要なのは、拝観料が別々にそれぞれ300円必要です)

Cimg5650 Cimg5656

案内のチラシです。(東金堂後堂の特別公開は11月24日まで)

Img588 Img589

この日は東金堂のご朱印をいただきました。いつもお世話になる奈良まほろばソムリエの会、広報グループのリーダーHさんにもばったりお会いできました。

 

Img657 Cimg5652



この日はとても良い天気でしたので境内の写真を撮りました。

南円堂です。右下幼少の折ターザンごっこをした藤の木は枯れました。

 

Cimg5647 Cimg5668

左下、五重塔そして右下、三重塔。

Cimg5661 Cimg5664
 

現在再建中の中金堂。そして右下、国宝館です。国宝館内では小学生の皆さんがボランィアガイドさんの案内を熱心に聞いていました。

Cimg5663 Cimg5657
ぜひ特別公開にお出かけください。

興福寺のHPです。→http://www.kohfukuji.com/

 

 

 

 

 

 

2014年10月29日 (水)

奈良きたまちWEEK2014

11月7日(金曜日)から9日(日曜日)まで奈良きたまちWEEK2014という催しが開かれるということで、奈良のブログでも活躍中の奈良倶楽部さんから案内をいただきましたので紹介します。

近頃、奈良時代から鎌倉、戦国時代、江戸時代、近代の各時代の遺跡、社寺、建物があるということで、きたまちは注目のエリアです。かなり範囲が広いので時間をかけて楽しんで下さい。自転車でめぐる、という提案もされていますが、確かに自転車でめぐるのも良いと思います。

くわしくは。公式HPをご覧ください。http://kitamachiweek.com

Simg626 Simg625

MAPはクリックすると拡大します。

2014年10月28日 (火)

会津八一の高円山の歌 二首

Scimg5334  Scimg5337

少し前になりますが10月8日に、入江泰吉記念奈良市写真美術館をたずねました。そのときの左上の写真は高円山(たかまどやま)の様子です。すこし紅葉がはじまっています。そして右上は稲刈り前の奈良市写真美術館、新薬師寺のあたりの風景です。
 

会津八一研究家の素空氏によれば、八一の歌に高円山の歌がある、ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三月二十八日報あり・・・(第5首)  「山光集・香薬師」  
    (三月二十八日報ありちか頃その寺に詣でて拝観するに香薬師像のたちまち
    何者にか盗み去られて今はすでにおはしまさずといふを聞きて詠める)

 

 
 かど の へ の たかまどやま を かれやま と               そう は なげかむ こゑ の かぎり を

 

(門の辺の高円山を枯れ山と僧は嘆かむ声の限りを)

 

かどのへ  「門の辺、新薬師寺の門のあたり」
たかまどやま 「高円山、新薬師寺の東にある山。参照」
かれやま 「(自註より)『古事記』二十二段に、速須佐之男命が号泣せらるる状を形容して『青山を枯れ山と如(な)す泣き枯らし、河海は悉(ことごと)に泣き乾しき』と記せるあり。予は少年の頃よりこの力づよき表現に感動し居たりしかば、今この寺の僧が悲嘆のさまを想像して歌わんとするに、少しく変形して、かく表はれ来りしものの如し」

 

歌意
 新薬師寺の門に近い高円山を枯れ山にしてしまうほどに僧は嘆き悲しむだろう。声の限りに泣きて。

 

 須佐之男命の故事の解説が無いと難しい歌である。号泣が山を枯らすほどの悲嘆が故事を知ると迫力をもって迫ってくる。
 今年は平城遷都1300年を記念して、新薬師寺は香薬師のレプリカを公開しているが、レプリカはレプリカである。本物の出現を渇望している。

 

http://surume81.web.fc2.com/hitorigoto/81/ka/ka.html#kadonohe

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そして、あきはぎの歌は有名ということです。
高円山をのぞみて
 あきはぎ は そで には すらじ ふるさと に              ゆきて しめさむ いも も あら なく に
 (秋萩は袖には摺らじ故郷に行きて示さむ妹もあらなくに)

高円山
「たかまどやま。奈良、新薬師寺、白毫寺の東、主峰は標高432メートル。白毫寺山の別称がある。聖武天皇の離宮があったところで萩の名所」

そでにはすらじ 「奈良時代に衣服(袖)に花や葉を、直接摺り付けて模様にすることが行われた」
いも「妹。男が女を親しんでいう語。主として妻・恋人をさす。⇔兄(せ)」
あらなくに「いるわけもないのだから」
歌意
 (昔、奈良時代は)高円山のこの萩を袖に摺り付けて模様としたが、私はしないでおこう。故郷に帰って見せる恋人もいないのだから。
    
 八一28歳の恋の歌と言ってよい。八一の従妹周子の友人である女子美術学校生・渡辺文子への恋が成就しなかった八一は、そうした思いを古代への憧憬とともに歌った。
 晩年の養女・高橋キイ子への家族的、人間的な愛の歌(山鳩)を除けば、貴重な愛の歌である。同じ「若き八一の憂い」から歌われた「わぎもこが・・」の歌よりもっと直接的な表現になっている。
 

 

2014年10月27日 (月)

「正倉」外構公開へ JR奈良駅でのスタンプラリーのゴール地点、そしてひちりきの演奏

修理されていた正倉院の公開が始まりましたので、早速拝見してきました。

「平成26年10月25日(土)午前10時から「正倉」外構の公開を再開します。


「正倉」外構の公開は,次のとおり実施しています。(申込手続不要,無料)

1 公開実施日時 (1)月曜日から金曜日まで(休日等を除く)の毎日,午前10時から午後3時までです。

2 公開を実施しない日 (1)行事の実施,その他やむを得ない理由のため支障のある日
(2)土曜日・日曜日・国民の祝日・休日
(3)12月28日から翌年1月4日まで

3 なお,平成26年10月25日(土)から平成26年11月12日(水)(「第66回正倉院展」開催中)までは,毎日,午前10時から午後4時まで公開します。」

Cimg5587 Cimg5574

左上「正倉」外構、右上は大仏殿を北から望んで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JR奈良駅のスタンプラリーゴール地点にもいきました。各団体からの応援スタッフの皆様お世話様です。景品の数々もならんでいます。

Cimg5608 Cimg5609

JR奈良駅の広場では音楽の広場、きょうは由利龍示さんの篳篥(ひちりき)の演奏です。

Cimg5614 Cimg5616

奈良時代もこうであったろうという服装で、ひちりきで、納曽利やオリジナル曲、スカボロフェアなどの演奏が響いていました。

画像をクリックするとプログラムなど拡大します)





2014年10月26日 (日)

音楽雑誌「ERIS(えりす)」

7,8年前のことになりますが、日本経済新聞の奈良支局長をされていていろいろとお世話になった現在編集委員の吉田俊宏 さんの署名入り10月11日付文化欄の記事がありました。

そこで「ERIS」を知りましたので紹介します。わたしも早速申し込みました。びっくりしましたが舞楽の南都楽所の楽頭をされている、奈良大学名誉教授の笠置侃一先生のインタビュー記事も掲載されていました。

Img637

以下は吉田俊宏さんが伝える日経新聞の記事です。

1万字で音楽を熱く語る     編集委員 吉田俊宏


 「ERIS(エリス)」という音楽雑誌が面白い。エリスメディア合同会社(東京・渋谷)が2012年10月から年4回発行する電子書籍だ。9月発行の第8号から新編集長になった萩原健太さんをはじめ、執筆陣にはピーター・バラカンさんや亀渕昭信さん、北中正和さんといった人気音楽評論家がずらり。登録すれば無料で購読できる。

 1万字以上の大ぶりの読み物が幾つも並んでいる。特徴はこのボリュームにある。同誌プロデューサーの土田真康さんは「2000~3000字にした方が読みやすいのだろうが、ファンが読みたいのは、筆者が割愛した残りの部分ではないか」と指摘する。

 例えば、亀渕さんの連載「どうしても聴いておきたいアメリカン・ポップス1001」は、進駐軍ラジオに熱中した世代ならではの皮膚感覚が魅力だ。エルビス・プレスリーのデビューLPが出たころ「トゥッティ・フルッティ」などが毎夜のようにかかった。まだ「カバー」という言葉がなく、「プレスリーはリトル・リチャードがヒットさせた曲を歌っている」と紹介されたという。余談でも、こうした細部にグッとくるのだ。

 東京大学教授の安冨歩さんによる「マイケル・ジャクソンの思想」も興味深い連載だ。最新号ではマイケルの3本の映画に光を当て、「彼の芸術のすごさは、そのメッセージの真実性と隠蔽性とにある」と看破する。字面だけ見れば難解だが、映画の内容を具体的に詳述してくれるからすとんと腑(ふ)に落ちる。

 音楽誌に付き物のライブや新譜の情報は一切載せていない。「音楽を熱く語ること。マニアックに論ずること。その楽しさをインターネット時代ならではのやり方で再構築したい」と萩原さん。最近は音楽が情報として消費されている印象があるが、そんな現状への果敢な挑戦といえるだろう。購読会員は約1万5000人、平均45歳だそうだ。

2014年10月25日 (土)

東京国立博物館へ

先日ちょうど出張があり、東京上野の国立博物館を訪ねました。平日の雨でわりあいゆっくり拝見出来ました。「日本 国宝展」が開かれており、ちょうど正倉院宝物の鳥毛立女屏風の6扇のうち第1と第3の扇を展示されていました。

Img655 Cimg5173

正倉院宝物では、東大寺の名前入りの楓蘇芳染螺鈿槽琵琶など合計11点が特別展示されていました。 

その他国宝の数々が多数展示されている中で、東大寺、法隆寺、安倍文殊院、浄瑠璃寺から仏像、薬師寺の仏足石、元興寺の小五重塔、西大寺や、藤ノ木古墳、信貴山の信貴山縁起や奈良国立博物館などから出品されており、奈良はやはり国宝に恵まれているものだと再確認した次第です。

Cimg5176 Cimg5178

また、本館1階では、日本、中国、韓国の中央博物館からの、今回は陶磁器に絞って「東アジアの華、陶磁名品展」が開かれていましたので興味深く拝見しました。

東京国立博物館のHPです→http://www.tnm.jp/

(追記)

その翌日、奈良国立博物館の正倉院展を拝見して、今回初めて全6扇の鳥毛立女の像を拝見しました。

図録によると、752年の反故紙が裏打ちされており、聖武天皇の寝室で使用されていたとのこと。光明皇后により正倉院に納められたとのこと。

以前は樹下美人像という名で紹介されていたように思います。

6扇の美人像を拝見して、これは同一人物ではないかと思いました。

ともあれ、すばらしい宝物はいろいろと想像をかりたてられるように思います。

 

 

2014年10月24日 (金)

いよいよ正倉院展です

いよいよ正倉院展です。幸いにも前日の内覧会で拝見できました。すばらしい宝物の数々です。23日夕方には皇太子殿下も見に来られるということでした。

Img582 Img583


ちょうど前日、東京国立博物館で鳥毛立女屏風の1扇と3扇を拝見してきましたので今回とあわせて6扇すべてを2日間で拝見するという幸運に恵まれました。有り難いことです。

Cimg5184 Cimg5185

Cimg5188 Cimg5186

Cimg5189 Cimg5191

Cimg5190

正倉院展の案内HPです。→正倉院展












2014年10月23日 (木)

10月24日から あるくん奈良スタンプラリー

Img646_2

いよいよ10月24日から奈良国立博物館で正倉院展が始まります。そして同時に、あるくん奈良スタンプラリーが始まります。上は無料配布される冊子の上部分。そして下は最終ページの下部分です。


Img647_2



以下のまちづくり奈良のHPに冊子の全ページがアップされています。→http://machinara.jp/events/1609/

2014年10月22日 (水)

「商ひょうご」に「もちいどの夢CUBE」紹介されました

Img654_2

商ひょうご10月号にもちいどの夢CUBEが紹介されました。

Img652_2


Img653_2


若い起業家たちの夢が詰まった「もちいどの夢CUBE

  ~奈良もちいどのセンター街協同組合~

 

今から千百年ほど前のこと、東大寺の理源大師という高僧が奈良・大峰山の大蛇退治に出かけました。その時、お供に名乗り出たのが箱屋勘兵衛と七人の若者たち。彼らはたくさんのお餅と干飯を持って大峰山に向かい、大蛇の被害を受けた人々たちに餅や飯を配ったうえ、皆で力を合わせて見事、大蛇を退治しました。そこで、理源大師はこの者たちに「餅飯の殿」の称号を与え、労をねぎらったという伝説が残されています。この伝説にその名を由来するともいわれる「もちいどの(餅飯殿)商店街」。

 

今、この地で新たな商業の担い手を育成する試みが脚光を浴びています。

 

商店主たちの危機意識

 もちいどの商店街は奈良市で最も古い商店街の一つです。奈良市の中心市街地に位置し、北に近鉄奈良駅、西にJR奈良駅が共に徒歩数分のところにあります。東側には猿沢池が隣接し、さらにほんの少し足を伸ばせば東大寺や春日大社が目と鼻の先です。このように交通至便な上、有名な観光地が近くにあることから、いつもたくさんのお客さんで賑わいを見せていますが、これまで決して平坦な道を歩んできたわけではありませんでした。

 

 少し歴史を振り返ると、このあたりは古くから商店が軒を連ね、多くの人が行き交う町でした。昭和になってからも商店街の賑わいは続いていたのですが、その大きな要因は近くに奈良市役所があったことです。

 

 ところが、昭和53年に思いがけない事態が起こります。市役所が移転してしまったのです。影響はすぐに表れました。商店街の通行量が目に見えて減りだしたのです。そして、徐々に空き店舗が増えていきました。その傾向は平成になっても止まることなく、気がつけば約80店舗のうちの10店以上が空店舗になっていました。

 

「何とかせなあかん。」多くの店主が、そんなふうに危機感を抱いていた頃、また一つ難題が持ち上がります。商店街の中央部で営業していた大きな遊戯店が閉店することになったのです。平成16年のことでした。もし、跡地に商店街の風紀に合わない店が進出してきたら、大変なダメージになってしまう。そう考えた奈良もちいどのセンター街協同組合の松森重博理事長は、組合で土地建物を買い上げて、新しい店を自主運営することを理事会に提案します。他の理事たちの賛同を得て、この計画はすぐに実行されました。

 

「プロジェクトM」で議論がスタート!

 

 さて、買収はしたものの、次なる問題が控えていました。まだどんな事業をするか決めていなかったのです。

 

 ところで、松森さんたちは以前から、経営の専門家を招いた勉強会を定期的に開いていました。そこで、この勉強会を新たに「プロジェクトM」と名づけて、跡地をどう活用するか検討することにしました。

 

 最初に決まったことは、建物をキューブ状のユニークな形に建て直すことでした。これは、後に「第13 奈良県景観調和デザイン会長賞」を受賞することになります。その後、多くの議論を経て、跡地は若い商店主を育成するためのインキュベーション施設にすることが決まります。インキュベーションとは、起業家を育てるための施設のことで、直訳すると「孵化

(

」という意味です。

)

 既存店舗の店主たちからは、「そんなことをすると自分たちの競争相手が増えてしまうだけではないか」、「よその人が入るともちいどの商店街らしさが失われてしまうのではないか」といった懸念が示されましたが、松森さんたちは「新しい人たちに新しい風を吹き込んでもらって商店街を活性化したい」と熱意を以て皆を説得しました。そして、新しい施設の名前を「もちいどの夢CUBE」と決めました。

 

若き商店主たちの成長と、商店街全体の活性化

 

補助金を使っていた関係上、建設は前年の11月に地鎮祭を行い、翌年の3月完成という慌ただしさで進みました。その間、入居者の募集が進みます。初めはなかなか集まりませんでしたが、マスコミの注目を集めたこともあり、最終的に10店舗の枠に40件以上もの応募がありました。多くは、20代から40代前半くらいまでの若い女性です。採択後は、コンサルタントが開業準備を支援するなど万全の態勢を整えました。

 

こうして、平成19年4月にオープンした「もちいどの夢CUBE」。

 

商店主の卵たちは、1期3年間、ここで思い思いの店を運営しながら、実体験を通して商いについて学び、着実に成長していきます。その間、松森さんたちは定期的にディスプレイやポップなど店舗運営の研修を実施したり、コンサルタントによる相談会を開いたりといった支援を行います。その結果、すでに1期生、2期生が巣立っていきましたが、卒業生たちの多くが同商店街の中や近隣地域で晴れて自分の店を開いています。

 

 現在、3期生が運営しているのは、店主のこだわり雑貨だけを集めたお店やカメラ女子のためのフォトショップ、バリの手作り雑貨・木製品のお店、からだに優しい焼き菓子・衣類のお店等々、いずれも若い店主の夢が詰まった愛らしいお店ばかりです。そんな皆さんにお話を伺うと、

 

「建物が魅力的だし、マスコミの注目も高い。いつも人通りが多いのでたくさん経験を積むことができる」、「経営のノウハウをきちんと教えてもらえるのでとても勉強になる」、

 

「インキュベーション仲間との交流があるのが嬉しい」など、たくさんの前向きな感想が返ってきました。

 

 もちろん、「もちいどの夢CUBE」の成功は商店街全体にも好影響を与えています。今では空き店舗がほぼ無くなり、通行量は以前より数段多くなっています。既存店舗の商店主たちとの関係も良好で、お互いに良い刺激になっています。

 

まさに、松森さんたちが目指した「新しい風を吹き込んで、商店街を活性化する」狙い通りになったのです。

 

(OCSコンサルティング 伊藤 康雄)

2014年10月21日 (火)

第2回奈良で酒めぐり 酒なら日本酒へ

10月19日 第2回奈良で酒めぐり 酒なら日本酒というイベントがありました。今回は参加券代わりの1500円の手ぬぐいを手にいれ、中学以来の友人 I 君といっしょに5時にスタート。手ぬぐいには今回参加のお店の名前が入っています。

Cimg5511 Cimg5510_2

スタートは、しもみかど商店街の香月さんへ。そしてお隣のArone Luneへ。ここは知らない店でした。ここでいつもお世話になるTさん母娘さんのペアーにばったりと会うことが出来ました。
Cimg5111 Cimg5112

Cimg5110 Cimg5109

そして西寺林町の泉勇斎へ。吟醸酒のふたつの飲み比べです。ここでは昼からスタートしてすでに11軒すべて回った人に出会いました。しかもふつうの感じです。

Cimg5113 Cimg5114

次は小西通りの厨くりやへ。ここでは旧知のYさんとばったり。さらに右下、高天交差点近くの初めてのお店「炭火焼 のんき」へ。

Cimg5115 Cimg5118

次は近鉄高天ビル地下街へ。まずは、奈良まちなかバルでもお世話になっている、ほおずきさんへ。

前回知り合ったSさんにもばったりと出会い、3人でご一緒によもやまばなしをしながら飲みました。この日本酒飲み歩きはいろいろな人と知り合いになれるのも良いところです。

右下はチェンバーへ。

Cimg5119 Cimg5121

そして、亜耶(あや)さんへ。企画のYさんもカウンターの中に入ってお手伝い中。若きマスターにも会いました。魚料理がおいしいお店ということです。

Cimg5122

ところでこの日は3時間ほどで、11軒中8軒でいただくことができました。もともと全店制覇が目的ではないのでこのあたりで終了。いっしょに飲み歩いた I くんといろいろな積もる話をしながら楽しい飲み歩きでした。

Cimg5123

いま奈良はつぎつぎと楽しい催しが行われうれしいことです。次回の日本酒飲み歩きも期待したいと思います。

2014年10月20日 (月)

奈良県立美術館の大古事記展へ

いよいよ18日から奈良県立美術館では大古事記展がはじまりました。とても良い天気の中、早速拝見してきました。

Img651

Cimg5083 Cimg5086

Cimg5089

入場料800円。

以下は図録より。多神社の太安万侶神坐像。右は大国主大神木像。 

Cimg5108 Cimg5107

 

石上神社の七支刀    右下 春日大社より、鹿島神影図。 

 Cimg5105 Cimg5106

いろいろな資料や文献があり、またいろいろな絵画の大家の絵や現代アーチストの作品も多数ありました。

先日の新聞で、橿原考古学研究所所長の「古事記はすべてが事実ではない、いろいろな時代で話が加えられている」という解説がありました。それを踏まえてみると、古事記が理解しやすいと思いました。

基調講演 考古学で読み解く面白さ 奈良県立橿原考古学研究所所長・菅谷文則さん

 古事記の内容はすべてが歴史的事実ではありません。キリスト教圏には「聖書考古学」という分野がありますが、古事記についても、考古学の成果を踏まえて批判的に見ながら、史実を反映している部分を見極めて研究することができるんです。

 古事記の冒頭に、男神の伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と、女神の伊邪那美命(いざなみのみこと)による国生み神話があります。火の神を産んだ伊邪那美はやけどで亡くなり、黄泉(よみ)の国へ行ってしまう。会いに行った伊邪那岐は伊邪那美の変わり果てた姿を見て、この世に逃げ帰ってきます。この黄泉の国は、水平に入っていく古墳の横穴式石室をイメージさせます。日本では福岡県周辺で400年ごろから横穴式石室が作られており、それより後に成立した神話でしょう。

 現在の神社建築の屋根に見られる、棟の上に並んだ鰹木(かつおぎ)や両端から突きだした千木(ちぎ)にも注目したい。古事記によると、雄略(ゆうりゃく)天皇は天皇の宮に似せて屋根に鰹木を乗せた家を見て怒り、これを焼かせたといいます。雄略は5世紀に実在した人物。鰹木は奈良県御所(ごせ)市の室大墓(むろのおおばか)古墳(4世紀末~5世紀初め)の家形埴輪(はにわ)に見られます。一方、とがった千木は継体天皇の墓とされる大阪府高槻市の今城塚(いましろづか)古墳などの、6世紀以降の家形埴輪にあります。雄略の時代に鰹木の記述しかないことは、考古学の成果とよく合うんです。

 古事記には、後世に付け加えられた部分が多くあります。そこに描かれた自然環境や家屋、墓、武器などが実際に出現した時期を考古学で絞り込むことによって、その部分がいつごろ付け加えられたかが分かります。考古学で古事記を読み解くおもしろさを「大古事記展」で感じてほしいですね。

大古事記展は12月14日まで。見所の多い展覧会です。

奈良での全国豊かな海づくり大会に来られる天皇陛下皇后陛下も11月17日にこの大古事記展を見に来られると新聞報道されています。

 

 

2014年10月19日 (日)

第二回奈良伝統工芸展

Img640


Img641


上記の案内の通り、奈良伝統工芸展が10月28日から11月3日まで、なら工藝館で開催されます。

2014年10月18日 (土)

癒しのならまちナイトカルチャー秋

Simg638

Img639_2



この秋も、ならまちセンターでは、癒しのならまちナイトカルチャーがひらかれます。

くわしいhpです。→http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1401079608773/

2014年10月17日 (金)

興福寺南円堂特別開扉へ

10月17日、この日は興福寺南円堂では、大般若経転読法要が行なわれ、一年に一度の南円堂特別開扉が行なわれました。ちょうど午後2時過ぎにお参りに行くと幡が飾られて、行列もなくなり不空けんさく観音像と四天王像をお参りすることができました。秋の空のもとの南円堂あたりの風景です。

Cimg5517 Cimg5520
興福寺のhpです→http://www.kohfukuji.com/

「日本のこよみ koyomi」

写真家の井上博道さんが不慮の事故で亡くなられてもうすぐ2年になろうとしています。

このたびその井上博道さんの写真と奥さまの井上千鶴さんの文章で、「日本のこよみ」という本を出されました。

二十四節気ごとにすてきな文章と写真が載せられています。

Img642


ちょうど今の季節、寒露

Cimg5495 Cimg5496

金木犀                    木通あけび

Cimg5498 Cimg5497

画像をクリックすると拡大します)

発売元:バイ インターナショナル

定価:本体1800円+税

2014年10月16日 (木)

鹿ちゃん煎餅

もちいどのセンター街の真ん中あたり「遊路」さん(電話0742-24-3117)の店頭に、鹿ちゃん煎餅が並んでいます。夢CUBE1期生の佐藤真穂さんのお店です。

先日、毎日新聞で紹介されていました。

Cimg5382

Cimg5353 Cimg5354

煎餅には鹿の絵が描かれていて、塩味です。奈良の鹿愛護会が協力した奈良の鹿ちゃん 豆知識も入っています。売り上げの一部を奈良の鹿愛護会に寄付されるとのこと。

もちいどの夢CUBEの卒業生の皆さん、あちこちで大活躍です。

2014年10月15日 (水)

イタメリカン料理の店PORCO’s DINER

Cimg5368  Cimg5355

9月20日ごろ奈良市三条通の角振町の大正時代のビルの2階にオープンした、イタメリカン料理の店PORCO’s DINER(ポルコス・ダイナー)を知人の紹介で訪ねました。

川井シェフに、店の名前をうかがいました。

イタリア語でPORCOというのは豚、そして英語で大衆的なコンテナーのような飲食店という意味のDINERというふたつをつなげたということでした。したがって、イタメリカン料理というようです。

店内の様子です。18時オープン直後にいきましたので、ゆっくりしていました。写真を撮らせていただきました。

Cimg5362 Cimg5365

鏡をうまく使っていて、奥行きを感じます。ビールの種類も多く、ウィスキーもとても種類が多くほとんどがバーボンのようでした。

Cimg5367 Cimg5360

食べ物のメニューです。(クリックすると拡大します)

大和ポークの肩ロース肉200グラム(1500円)をお願いしました。付け合せはポテトフライがどれにもついているようですがタマネギのフライだけつけてもらいました。

Cimg5364

写真はネオンの色が実際より強く写り赤っぽく写っています。店内は奈良というより一瞬アメリカにいるような感じがしました。こういう新感覚のお店が奈良に生まれたのはとてもうれしく思います。ぜひどうぞお出かけください。

イタメリカン料理の店 PORCO’s DINER 

奈良市角振町(三条通)三条会館 2階 

電話0742-31-2050 

LUNCH12:00-15:00 DINNER18:00-24:00 

お休みは月曜日ということです。

(追記)

別の日に今度はランチに行きました。パスタセットをいただきました。サラダ、肉の小鉢、そしてソフトドリンクがついておいしくいただきました。

Cimg5493 Cimg5491

昼のMENUです。星印のソフトドリンクがサービスということでした。

Cimg5494 Scimg5490 

三条会館は大正時代の洋館3階建とのこと、きれいに改修された建物です。

2014年10月14日 (火)

アレックス・カー著「ニッポン景観論」

奈良まほろばソムリエの会などでお世話になっている、Nさんからの

「おすすめします。アレックスさんが3冊めを出版。 

数年前に河瀬監督の『国際映画祭』シンポジウムでお会いしたアレックス・カーさんですが、前職(会社の社内報)でインタビューに応じて頂き、すっかりファンになりました。この本も写真が多くつかわれ読みやすいですね。少々辛口コメントですが、必要なことでしょうね・・」

というおすすめで、書店で、アレックス・カー著「ニッポン景観論」を見つけましたので早速買って読みました。1200円プラス税。

Img003_2


集英社新書ヴィジュアル版で、写真を多用されて、この景観は問題ないですか?と具体的に提示されています。

終章で 

「これからは国土の大清掃の時代です。日本中の河川と海岸に作られた、不要なコンクリートの護岸をはがしましょう。先進国の常識になっている電線埋設を徹底してやりましょう。美しい川の上に架けられた高速道路を別の場所に移し替えましょう。今までの倍の予算に増やしてもいいから、汚くなったお座敷を掃除しましょう、といっているのです。」 

「行政システムの旧態依然はいまだ変わらず、2020年の東京オリンピックに向けた建設ラッシュで、国土がさらにダメージを受けることが懸念されますが、その一方で国民の意識は確実に良い方向へと変わり始めています。町だけでなく、山、森林、海岸に対しても、新しい保全の動きが全国的に芽生えており『美しき日本』に向かって新しい希望が生まれているのです」と語られています。

わたしもおすすめしたい1冊です。

著者プロフィール

アレックス・カー(Alex Kerr)
東洋文化研究者。1952年、米国メリーランド州生まれ。64年から66年まで、父の赴任に伴い、横浜に住む。74年、イェール大学日本学部卒業。72年から73年まで 慶應義塾大学国際センターで日本語研修。74年から77年まで英国オックスフォード大学でローズ奨学生として中国学を専攻し、学士号と修士号を取得。73年に日本の「三大秘境」の一つである徳島県祖谷(いや)で300年前の茅葺き屋根の農家を購入し、「篪庵(ちいおり)」と名付ける。77年から京都府亀岡市に居を構え、外国人に伝統芸術を紹介するプログラム、書や古典演劇、古美術蒐集など、日本文化の研究に励む。86年から93年まで米トラメル・クロー社(当時アメリカ最大の不動産開発会社)の日本代表を務める。90年代半ばからバンコクと京都を 拠点に、東洋文化に関する講演、通訳、執筆活動を行う。美術展示、伝統舞踊、 茶の湯、華道、書などの文化イベントの総合プロデュースも多数。2000年代に京都の町家が壊されていることを懸念して、9軒を修復して宿泊施設として開業。 2010年から景観と古民家再生のコンサルティングを地方に広げ、祖谷、長崎県小値賀(おぢか)町、奈良県十津川村などで十数軒を改修して、滞在型観光事業を営む。著書『美しき日本の残像』(93年、新潮社/2000年朝日文庫)で94年の新潮学芸賞を受賞。英訳は『LOST JAPAN』として刊行され、99年にはイタリア語とポーランド語でも翻訳出版された。02年には『犬と鬼』(講談社)を刊行。同書のオリジナル『DOGS AND DEMONS』は、01年にアメリカで初版が発行され、韓国と中国でも翻訳された。

(追記)

まちづくり団体の知り合いも以下のように読後感想を述べられています。

「アレックス・カーさんの『ニッポン景観論』(集英社新書)を読んだ。景観を含むまちづくりNPOに関わっているわが身にとっても手痛い苦言だ。日本が好きだからこそ、各地の景観を写真にして批判されている。それは“ゾーニングと景観配慮のなさ、町へのプライドの低さ、無秩序な開発、奇抜なハコモノの増加、硬直した建築規制のおかげで、日本はどの町も混沌とした状態で発展しまった”、”住民が自分の町にプライドをもっていないからだ”と指摘しています。
勿論、批判するだけでなく、自ら祖谷や小値賀などで古民家再生の事例も詳しく紹介し、外国からの観光客が日本の何を求めて来日しているか、〝日本の競争相手は国内の観光地ではなく世界なのです”と指摘している。やっぱり手厳しい!」

2014年10月13日 (月)

京都・上醍醐へ下醍醐へ

この夏の奈良国立博物館での醍醐寺展はとても良い展覧会でした。東京から内覧会に駆けつけた専門家の友人Kさんの「上醍醐へ登りませんか」との呼びかけに同級生男女14名が参加して実現しました。

わたしもこの6月の下醍醐の醍醐寺を拝見して、いつか行きたいものですといっていたのがわりあい早く現実のものとなりました。その時の当方ブログ記事→鹿鳴人のつぶやき

10月11日、朝9時30分地下鉄の醍醐駅に東京、大阪、京都、奈良からそれぞれ集合。上醍醐の登り口は、下醍醐の境内の外側を右手に道をとり拝観料600円を支払い、一路登りです。

Cimg5393 Cimg5396


右上、醍醐の花見。

最初は階段でしたがやがて急になり不動の滝で小休憩。

Cimg5399 Cimg5400

Cimg5405 Photo_2

10570434_300878693429586_9034163055(写真をOくん、Aくんからいただきました)


延々つづく登り道。身が軽くなりわりあい第2集団で歩く。時々、上から早く登った方が下りて来られます。当初1時間くらいと聞いていましたがなかなかたどり着けません。同級生同士話をしながら登っていましたが、やがて無口になりました。何度か小休止をとって、やや平らになり下り坂があって最後は登り、やがて寺務所へ。

Cimg5410 Cimg5412

そして頂上の開山堂へ。全員の記念撮影です。

 Photo Cimg5423

小春日和でやや霞んでいますが、京都盆地風景。

Cimg5418 Cimg5422

海抜450mです。実質400 mくらいの登りだそうですが、なかなかしんどい登りでした。案内には60分から70分と書いてありましたが、休憩いれて100分ほどかけて登りました。そして12時頃ここでお弁当を食べました。

帰り道は、上醍醐のあちこちを拝見しながら降りました。奈良まほろばソムリエの会の名ガイド、稲田英二さんがここでも大活躍。

Cimg5430

五大堂。前には理源大師を真ん中に右、役行者像。

 

Cimg5434 Cimg5435

降りてから受付で聞いたのですが、五大堂から五大不動は人力でかついで下まで降りられたけれど、もう五大堂には戻られず、下醍醐の霊宝館のそばの仏像館に安置され拝観できるということでした。

Cimg5448 Cimg5444

左上、有名な醍醐水です。

すっかり降りて、下醍醐は再び門まで戻り、入場料を支払い、下醍醐の境内を五重塔そして観音堂まで拝観しました。

 

Cimg5459_2 Cimg5462

 

ご朱印、この日は薬師如来と五大力。スキャナーで朱色がうまく出ませんが。

 

Img630 Img631
弁天堂。

Cimg5465

そして今回は三宝院を訪ねました。(別料金)

Img632

Cimg5472 Cimg5469
背景のあの山まで登りました。右上は国宝の門。

Cimg5485 2013

左上、太閤の桜です。右上、翌日同級生の I さんが2013年春の満開の太閤の桜の写真を送ってきてくれました。

なおこの日の万歩計は2万2千歩でした。

 

 

 

 

 

 

2014年10月12日 (日)

10月19日 ならまち わらべうたフェスタ

Img623


Img624_2


10月19日(日曜日)午前11時から午後5時まで。ならまち一帯でわらべうたフェスタが行なわれます。

もちいどのセンター街の大宿所では、駄菓子販売やスーパーボールすくい(無料)や小麦粉ねんど、紙トンボ、ぶんぶんごま、づくりなど行なわれます。どうぞお出かけください。

2014年10月11日 (土)

10月美ビット見て歩き

いつも楽しみにしている、大阪芸術大学短期大学部教授の川嶌 一穂さんの美ビット見て歩きが奈良新聞に掲載されましたので紹介します。

京都国立博物館「平成知新館オープン記念 京(みやこ)へのいざない」展です。

わたしも先日京都国立博物館の平成知新館を拝見に行きました。建物も素晴らしく、あまりの名品の数々に圧倒されました。次回『国宝鳥獣戯画と高山寺』展に出かける時、再度ゆっくり拝見したいと思います。

 

Img628 Simg627

 美ビット見て歩き 私の美術ノート*23 川嶌 一穂

 

京都国立博物館「平成知新館オープン記念 京(みやこ)へのいざない」展 

 

写真 右に旧館を臨む平成知新館へのアプローチ=著者撮影 

 

P1040985001

 

 今から125年前の明治22年、帝国憲法が公布された年に、東京にしかなかった博物館を、京都と奈良にも設立することが決定された。

 

 

 

 その翌年、博物館美術部長の岡倉天心と、奇兵隊出身で、宮内省建築技師の片山東熊(とうくま)が、建設用地検分のために京都と奈良を訪れている。同じ設計者の手になる兄弟館だが、奈良が明治28年、京都が遅れて30年に開館した。

 

 

 

 明治維新による変革で、美術品が市場に出て、寺院から仏像、仏画が流出していた。博物館の設立でかなりの名品が救われたが、寺院で拝んでいた仏像や、調度品だった屏風や襖絵を、美術品として、ガラスケースの中で鑑賞する時代になったのだ。

 

 

 

 両館とも、その後手狭になって新館が建設されたが、京都では、その新館が建て替えられて、「平成知新館」として先月オープンした。展示品を湿気から守るために、建物の完成から1年間を乾燥にあてたという。内部に吹き抜けが設けられ、空間の広がりを感じることができる。 

 

 

 

 今回のオープン記念展は、優品揃いなので、的を絞らないと、かえって印象が薄れてしまいそうだ。私のお目当ては、茶人にして電力王だった松永耳庵(じあん)旧蔵の『釈迦金棺出現図』、神護寺蔵『釈迦如来像(赤釈迦)』(ともに平安時代)と、知恩院蔵の『阿弥陀二十五菩薩来迎図(早来迎)』(鎌倉時代)。いずれも仏画だが、色彩豊かで、日本らしい優美さに満ちている。 

 

 

 

 書にも優品が多い。『古今和歌集(本阿弥切)』を見終わって一歩下がると、紙面の地模様が浮かび上がって、たおやかな草花が現れた。電気のない平安貴族の暮らしに一瞬紛れ込んだ心地がした。鶴岡藩主・酒井家の旧蔵。

 

 

 

 吉野金峯神社の『金銅藤原道長経筒』、金峯山寺の『金銅経箱(猫足台付)』、『金銅経箱(鷺足台付)』と『金銀鍍双鳥宝相華文経箱』(いずれも平安時代)は、土中に埋めるのに、何故こんなにも贅美を尽くしたのだろう。いかにお経が大切にされたかということだろう。

 

 

 

 同時に、片山東熊設計の旧館で、京都栂尾(とがのお)高山寺に伝わる『鳥獣戯画』が、全巻展示されている。いつ見ても、身につまされる達者な筆使いだ。小鳥が群れ飛び、リスの遊ぶ、明るい赤松林の樹上で座禅する「明恵上人(みょうえしょうにん)像」(鎌倉時代)もお見逃しなく。東大寺とも縁の深い、高山寺中興の高僧。

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

かわしま・かずほ 大阪芸術大学短期大学部教授。

 

 

 

メモ 京都国立博物館 京都市東山区茶屋町527、075(525)2473 http://www.kyohaku.go.jp/

 

 

 

▼会期は、11月16日まで。本文中に挙げた優品は、経筒、経箱以外すべて、10月13日までの展示なのでご注意を。旧館での『国宝鳥獣戯画と高山寺』展は、11月24日まで。

 

Cimg5317 Cimg5308

この写真はわたしが訪ねた時のものです。

 

 

 

2014年10月10日 (金)

宇治の平等院へ

最近、落慶法要が行なわれたとニュースで知りましたので、宇治の平等院を訪ねました。団体バスや小学生の遠足などでたいへんな人の賑わいでした。すぐ近くまでよく来るのですが、わたしも小学校の遠足以来のお参りではないかと思います。

Cimg5303 Cimg5304

Cimg5296 Cimg5268

鳳凰堂。新しい塗装ながらやや赤茶色という感じで落ち着いた色合いです。

Cimg5272 Cimg5277

対の鳳凰は金色で新しく造られたそうです。本尊阿弥陀如来坐像を望遠で撮らせていただきました。

Cimg5275 Cimg5280

鳳翔館では、かつての鳳凰や雲中供養菩薩像などが展示されていました。

鳳凰堂の内部も別に300円払うと拝見できるようでしたが、待ち時間1時間あまりとのことでしたので今回は見送りました。

Img616 Img617


平等院のhpです。→http://www.byodoin.or.jp/

2014年10月 9日 (木)

秋田の酒「よ~いとナ 生」と「糖分制限減量法」

7月末、「あることを期待して」スタートして2ヶ月あまりが経ちました。そのころ、秋田在住のN先輩からいただいた日本酒を冷蔵庫に保管していて、ようやく封を切りました。

その日本酒「よ~いとナ 生」です。


Cimg5318 Cimg5320

おいしい日本酒を冷蔵庫で冷やしておいて久しぶりに1合ほど頂きました。

「あることを期待して」というのは、服が窮屈になったので何とかスマートにならないかと思っていたときに、秋田大学医学部もと教授N氏から88キロから4ヶ月で73キロ(75kg)までスマートになられた「糖分制限減量法」を伝授いただいた次第です。

わたしもそれに倣って2ヶ月、お陰様で7キロから8キロダウンという成果が上がりました。かつて着ていていつか再び着ることがあるだろうと残してあった衣服が着られるようになったというのは実にうれしいことです。

そして近頃、「痩せたの?」と多くの人に尋ねられるようになりました。

その一端を開陳することにします。

具体的な方法は、

最初の2週間は「ごはん、うどん、そば、スパゲティなど炭水化物はゼロにする。酒類もビール、日本酒、ワインを飲まない(焼酎、ウィスキーは飲んで良い)、イモやカボチャなども食べない。しかしたんぱく質と脂質はしっかり食べる」というものです。


そしてスポーツも取り入れました。

朝晩、体重を量って記録し始めました。

これで2週間あまりで5キロから6キロダウンしました。

2週間後は、1食はご飯など炭水化物も摂って良いとのことです。(朝か昼の1食、夜は炭水化物をあいかわらず食べない。)


ただ、いろいろな先生により評価が良い悪いあるそうですから原理を良く理解して行う必要があります。

Nもと教授の指南は以下の通りです。

 

【食事】
食物のなかの糖質量に関しては,以下の「エクセルファイル」を参考にしてください。
「_0.xlsx」をダウンロード



節食減量法ではない! 3食必ず摂るのが原則である
・はじめの2週間は
朝食
昼食
夕食
において,糖質を「完全に」「断つ」
・決して脂質と「良質の蛋白質」を摂取することを忘れてはいけない

【糖質制限10ヶ条】
1.魚貝,肉,豆腐,納豆,チーズなどタンパク質や脂質が主成分の食品はしっかり食べてよい。
2.糖質,特に白パン,白米,麺類及び菓子・白砂糖など精製糖質の摂取は極力控える。

3.やむをえず主食を摂る時は未精製の穀物を少量(玄米,全粒粉のパンなど)摂る。

4.飲料は水・番茶・麦茶・ほうじ茶などのカロリーのないものを摂る。牛乳・果汁は飲まず,成分未調整豆乳はOK。
5.糖質含有量の少ない野菜・海藻・きのこ類は適量OK。果物は少量にとどめる。
6.オリーブオイルや魚油(E PA,DHA)は積極的に摂り,リノール酸は減らす。
7.マヨネーズ(砂糖なしのもの)やバターもOK。
8.お酒は蒸留酒(焼酎,ウィスキーなど)はOK。醸造酒(ビール,日本酒など)は控える。「糖質ゼロの発泡酒の市場投入の意味がやっと判った.」
9.間食やおつまみはチーズ類やナッツ類を中心に適量摂る。菓子類,ドライフルーツは『絶対』不可。
10.出来る限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ。


【最後に】
50を過ぎると,タンパク質と脂質を摂取することの重要性が公衆衛生学から指摘されている。
それと,糖質制限減量法は,同じ論拠である。

 

2014年10月 8日 (水)

入江泰吉と杉岡華邨、写真と書で綴る万葉の世界

Img615 Img614


10月4日から1月12日まで、奈良市写真美術館と奈良市杉岡華邨書道美術館では、入江泰吉と杉岡華邨、写真と書で綴る万葉の世界
という初めての合同展を開いておられます。

本展は、入江泰吉記念奈良市写真美術館と奈良市杉岡華邨書道美術館の初の合同展です。奈良大和路の風物を対象に日本の美と心を撮り続けた写真家・入江泰吉(1905-1992)の作品と、 かな書の第一人者で「散らし」と「余白の美」を追求した書家・杉岡華邨(1913-2012)の作品をそれぞれの展覧会テーマに合わせて紹介します。
 当写真美術館では「万葉の世界」をテーマに、 『万葉集』の歌のイメージを表現した両氏の作品を並べて展示します。また、入江泰吉の「万葉の風景」の代表作と杉岡華邨の「万葉の歌」の代表作を展示し、二人の巨匠の美と芸術の世界観に 迫ります。

同時開催:入江泰吉と杉岡華邨―写真と書で綴る会津八一の世界― 展

 奈良を愛した歌人・會津八一の詩歌を題材に、入江泰吉が撮影した写真と杉岡華邨が書いた書を一堂に紹介。
 
会場 奈良市杉岡華邨書道美術館
※2会場合わせてご覧いただく方は、お得な共通観覧券600円もございます。

入江泰吉記念奈良市写真美術館のhpです。→http://irietaikichi.jp/

奈良市杉岡華邨書道美術館 のhpです。→http://www3.kcn.ne.jp/~shodou/

早々にまずもちいどの通りを南へ下御門商店街の先の脇戸商店街にある、奈良市杉岡華邨書道美術館を訪ねてきました。

Cimg5060 Cimg5059

Cimg5057

1階の展示室では、入江泰吉と杉岡華邨ーー写真と書で綴る会津八一の世界ーーが開かれていました。2階の展示室は館蔵優品展が展示されていました。

2014年10月 7日 (火)

10月10日 第2回ビジネスカフェです

Cimg5077_2

直前のご案内になりましたが、第2回ビジネスカフェにどうぞご参加ください。
 
2014年10月10日 (金曜日)19時から21時まで。参加費ワンドリンク500円。
 
きらっと奈良 2階 フリースペース

 「drinkdrank」の平野さんと夢CUBE1期生の「おちゃのこ」の岡田さんが、「奈良の真ん中で、お店を開く」をテーマに楽しくトーク。実際にお店を開いて楽しかったこと、苦労したことなどを、経験から語ります。

残席少々あるとのこと。申し込み電話0742-27-1111まちづくり奈良、石丸さんへ。

祈りの回廊 巡る奈良 秋冬版

Img608

「祈りの回廊 巡る奈良 秋冬版」が発行されました。奈良県内の観光情報が豊富に載せられています。

巻頭の特集が、大古事記展にあわせて巡りたい、天武の願いを刻む社寺は監修をこの3月まで奈良国立博物館の学芸部長をされいま帝塚山大学教授としてますますご活躍の西山厚先生がされています。

個別の社寺を知っていても、このような関連づけで見るとまた面白いと思います。

そして八十八面観音巡礼として、室生寺、聖林寺、法華寺、西大寺、海龍王寺、大安寺、法輪寺、長谷寺、合計8ヵ寺でそれぞれ十一面ということで、八十八面観音と紹介されています。

そして特別講話として、東大寺、金峯山寺、大神神社、長谷寺、のそれぞれ僧侶や宮司さんが語っておられます。

以下のホームページでこの冊子をデジタル冊子で読むことが出来ます。なかなか読み応えのある冊子です。

http://www.pref.nara.jp/miryoku/meguru/ebooks/inori2014autumn/book_swf.html

http://www3.pref.nara.jp/miryoku/megurunara/inori/

2014年10月 6日 (月)

転害会と秘仏公開へ

10月5日は転害会で、東大寺転害門を訪ねましたがあいにく台風の恐れありということで手向山八幡宮での神事は行なわれたそうですが、転害門では中止となっていました。

Cimg4999 Cimg5022

多くの人が訪れていてそのあとガイドの方のご案内で東大寺境内の方に向かわれていました。

転害門観光案内所にいくと、転害会の巻物などが展示されていました。

Cimg5017 Cimg5020
Cimg5018

転害会の日には、公慶上人堂や阿弥陀堂などが特別に拝観できるとの案内をTWITTERで森本師からもらっていましたので、東大寺大仏殿の西側の東大寺勧進所を訪ねました。

Cimg5051 Cimg5054

Cimg5050

左下、八幡殿と右下、国宝僧形八幡神坐像(パンフより)

Cimg5038 Img618

左下、公慶堂と公慶上人像(パンフより)

Cimg5045 Img619

東大寺の展覧会などで拝見したことがありますが、それぞれのお堂でお参りするのは初めてのことでした。

下は阿弥陀堂です。五劫院と同じような五劫思惟阿弥陀如来像が安置されていました。

Cimg5041

以上3つを同時に拝観できるのはこの10月5日だけということでした。4月には一部を拝観できる日があるそうです。

東の方、大仏殿、若草山方向の写真です。

Cimg5044

東大寺指図堂です。土日祝は公開されているということでしたが初めて拝観することが出来ました。法然上人が祀られていました。

 

Cimg5053 Img621

 

境内の図です。

Img622_2 Img620








2014年10月 5日 (日)

『すくってごらん』金魚すくいがテーマの大和郡山市ご当地漫画

中学高校の同窓で大和郡山市の市長としてご活躍の上田清さんから、先日、大和郡山市を舞台にしたご当地漫画が出来たことをうかがいました。

「ところで、ご当地漫画ができたのをご存知でしょうか。

『すくってごらん』金魚すくいがテーマで、舞台はすべて郡山です。9月12日第1巻発売。講談社。

もし機会があればご一読ください。」

早速手に入れて読んでみました。463円。

Cimg5257 Cimg5258

Cimg5260 Cimg5261

大和郡山市のhpです。→http://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/kouhou/tektek/003613.html

「すくってごらん」のページです

http://be-love.jp/contents/list0011.html

2014年10月 4日 (土)

きらっ都奈良2周年アニバーサリーフェアはじまる

Cimg4948


Cimg4943 Cimg4947

10月4日いよいよきらっ都・奈良の2周年アニバーサリーフェアがはじまりました。奈良のマスコットキャラクターのまんとくんも応援に駆けつけてくれました。スタッフの皆さんと記念撮影です。

早速、商店街を歩く人たちに囲まれました。小さな少年と風船の刀で遊んでいます。

Cimg4945 Cimg4949

「5日も11時~18時までやってますので、是非、お越し下さい。(今日は18時までやってます)

明日もまんとくん、登場します。」

ということです。

 

 

 

10月19日奈良で酒めぐり

Img613_2

10月19日(日曜日)昼12時から開始の第2回奈良で酒めぐりのイベントが開かれます。チラシの11店舗で奈良県内のおいしい酒蔵の日本酒が飲めます。

まず参加の手ぬぐい前売り1500円をゲットします→当日手ぬぐいを持って参加→お店で500円の現金でお酒1杯と酒肴一品をいただきます、というものです。

手ぬぐいは限定数販売ということですから、早めに参加のお店に予約する必要があるようです。

「酒なら日本酒 FACE BOOK」で最新情報ということです。

今中和義作品展

Img610  Img611

ギャラリーまつもり企画展として10月7日から14日まで、今中和義作品展がひらかれます。どうぞお出かけください。

2014年10月 3日 (金)

10月18日から大古事記展・・・奈良県立美術館

Simg533 Simg534

(画像をクリックすると拡大します)

10月18日(土曜日)から12月14日(日曜日)まで、奈良県庁の北隣の奈良県立美術館では「大古事記展」が行なわれます。

7月頃から案内いただいていましたので、相当力を入れておられることがわかります。大古事記展のHPです。

http://www.pref.nara.jp/miryoku/daikojikiten/

Cimg5255  Cimg5256


2014年10月 2日 (木)

10月24日からあるくん奈良スタンプラリーです

Simg603_2

10月になりました。

10月24日から正倉院展がはじまります。それに合わせて、奈良市中心市街地をめぐる、参加無料のスタンプラリーがはじまります。事前告知チラシです。

裏面は、まちなかガイドマップのよりぬきです。本番は期間中もっとくわしい冊子を無料で配布します。どうぞ奈良のまちなかを歩いて楽しんでください。

Simg604

2014年10月 1日 (水)

10月24日から正倉院展

Img582 Img583

奈良国立博物館では第66回正倉院展が10月24日からはじまります。きれいなチラシです。(クリックすると拡大します)

本年の正倉院展には、北倉6件、中倉28件、南倉22件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の、合わせて59件の宝物が出陳されます。そのうち初出陳の宝物は6件です。例年通り正倉院宝物の概要と来歴がわかるような内容・構成となっておりますが、天皇皇后両陛下の傘寿を慶祝するような、華やかな宝物が揃っているのが特色といえます。

 

とのことです。

参考のHPです。→正倉院特別展

読売新聞の正倉院展のHPです。→読売新聞・正倉院展

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30