フォト
無料ブログはココログ

« 夕方、水門町から東大寺へ | トップページ | 羊の母子3匹がやってきました »

2014年7月13日 (日)

奈良の観光とアート

奈良観光大使交流会のセミナー「奈良の観光とアート~アートイベントが観光に果たす役割」の講演を奈良県立美術館 学芸課長の南城 守さんからうかがいました。

Cimg2930 Cimg2933

当方のメモから。 

現代アートは村おこし、過疎地おこし、として瀬戸内芸術祭などで活発におこなわれている。神戸、横浜など都会でも。新潟でも。

また金沢21世紀美術館は年間100万人余りの入場者が続いている。商店街なども巻き込んで・・・。 

奈良でも2010年の1300年祭のときの、飛鳥から奈良へ国際彫刻展2010などかなり現代アートが活発となってきている。

奈良は1300年前の素晴らしい文化遺産のあるなかで現代アートはハードルが高いけれども・・・。

ただし現代アートは単発でなくて、続けなくてはいけない・・・・。

「芸」は刈り取るという意味があり、藝は「うえる」という意味がある・・・・。

すばらしい1300年以上の歴史遺産があるが、奈良には芸術大学はない、文化センターもない、一時芸術センター構想もあったがだめになった・・・。

しかし芸術大学院大学や文化の要の核を作りたいものだ・・・。(以上文責、鹿鳴人)

Cimg2967 Cimg2940

講演のあと、奈良県立美術館にいき開催中の「美の最前線・現代アートならー素材と知の魔術(マジック)」展を、奈良県立美術館 学芸課長の南城 守さんから再び列品解説を聞きながら現代アートを拝見しました。

右上は700キロの杉の木です。どのように杉を曲げたか、作家のふじい忠一さんの企業秘密ということでした。

Cimg2952 Cimg2956

左上、絹谷幸太さんの大理石の彫刻。  右上、春には万葉文化館で個展をされていた三瀬夏之介さん(だまし絵のように仏像やお経など書き込まれている。)

Cimg2960 Cimg2964

左上、作られた菊池孝さんから説明を聞きました。右上は弥勒菩薩。

南城 守さんの締めの言葉によれば、現代アートはむつかしいものではなく、それぞれが感じたいように感じれば良い、ということでした。

奈良県立美術館では7月21日まで開催中です。

HPですhttp://www.pref.nara.jp/35751.htm

(この展覧会はフラッシュは禁止ながら、写真撮影は可でした)

 

« 夕方、水門町から東大寺へ | トップページ | 羊の母子3匹がやってきました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕方、水門町から東大寺へ | トップページ | 羊の母子3匹がやってきました »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30