フォト
無料ブログはココログ

« 美ビット見て歩き 野村美術館 | トップページ | 子鹿生まれるころ »

2014年5月13日 (火)

5月19日 唐招提寺うちわまき

唐招提寺のうちわまきが5月19日に行われます。うちわまきは今年は15:00より行われるそうです。
うちわまきとは…
「覚盛上人は戒律を厳格に守られた師の遺徳を偲んで僧侶が、うちわを御前に奉献したのが始まりです。
うちわまきの名前で知られていますが、梵網会(ぼんもうえ)です。」

最近は、うちわを一部撒かれますが、危ないということで多くは抽選でわたされます。

唐招提寺のhpです。→http://www.toshodaiji.jp/

先日、南都銀行本店のショーウィンドーでは、有名な人たちの手による、団扇が展示されていました。小さなハート型の団扇にいろいろな絵や書がかかれています。

Cimg1666 Scimg1668

Cimg1667 Cimg1667_2

(画像をクリックすると拡大します)

追記

松尾芭蕉の唐招提寺での俳句

若葉して御眼(おんめ)の雫(しずく)ぬぐはゞや

雫は涙のこと、

若葉のちょうど今の時期、

日本に来るため何度も海難に遭われ、眼が不自由になられた鑑真和上のこと

松尾芭蕉は伊賀上野生まれ、奈良には記録に残しているだけでも6回訪れている。
(俳人 倉橋みどりさんの勉強会より)

 

« 美ビット見て歩き 野村美術館 | トップページ | 子鹿生まれるころ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美ビット見て歩き 野村美術館 | トップページ | 子鹿生まれるころ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30