フォト
無料ブログはココログ

« 3月8日、好きなまちで仕事を創るプロジェクトin奈良 最終報告会 | トップページ | 『奈良 地理・地名・地図の謎』 »

2014年3月 6日 (木)

東大寺二月堂修二会へ

うまく時間が取れましたので、夕方5時から奈良国立博物館の「お水取り展」へいきました。(11日まで午後6時まで延長されて拝観できます。12日は午後7時まで。会期は16日まで)。展示物もなかなか良いものでした。いつもの内陣の原寸の再現は今回はありませんでした。

そして1階ではDVDビデオで20分間、修二会のいろいろな場面をうまくまとめて放映されていました。写真集などで修二会の様子を良く見ていますが、ビデオ映像はまた良いものでした。

 

そして東大寺二月堂へ18時過ぎ、平日のわりには人が多く来られているように思いました。50分ほどその場で待って19時からおたいまつが10本上がりました。スナップ写真です。

 

Cimg0222 Cimg0225 

 

Cimg0233 Cimg0236 

 

Cimg0248 Cimg0253 

 

20分ほどで終わって、19時半から二月堂の西の局で「聴聞」しました。

 

うすい布越しに内陣の様子はシルエットで見えるものの、お経や声明、沓掛の足音、鐘の音などは聴く聞くという「聴聞」が言い得ていると思いました。

 

Cimg0261 

 

二月堂から大仏殿越しの奈良の夜景です。

 

Cimg0257 

 

そして二月堂のあたり、そして帰り道の裏参道の様子です。

 

Cimg0265 Cimg0271 

Cimg0175 Cimg0273 

日常の生活のすぐそばで、奈良時代から欠かさず続けられている世界でも稀な東大寺修二会の行事の素晴らしさを感じたことです。

 

もっとも、おたいまつから局まで、奈良の存じている方にはまったく会わず、知らない方ばかりでした。京阪神やさらに遠くからの方が多いようです。ただおたいまつだけで多くは帰られた様子でした。

追記

日常のかくも近くに声明(しょうみょう)が修二会の暗き堂より響く  (毎日新聞やまと歌壇)

 

« 3月8日、好きなまちで仕事を創るプロジェクトin奈良 最終報告会 | トップページ | 『奈良 地理・地名・地図の謎』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月8日、好きなまちで仕事を創るプロジェクトin奈良 最終報告会 | トップページ | 『奈良 地理・地名・地図の謎』 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30