フォト
無料ブログはココログ

« 美ビット見て歩き 1月 | トップページ | まほろばソムリエ検定2級 後半50問 »

2014年1月20日 (月)

まほろばソムリエ検定2級 前半50問

第8回目を迎えたまほろばソムリエ検定は1月12日に行なわれました。奈良新聞に問題が掲載されはじめました。 

最初は2級です。100問のうちの50問です。挑戦してみましょう。

Img310

Img311


Img312_2

いくつ解けましたか?以下が答えということです。

Img313_2

« 美ビット見て歩き 1月 | トップページ | まほろばソムリエ検定2級 後半50問 »

コメント

  《(48)奈良市の猿沢池と采女に関わる伝説が残る宇陀市の神社はどれか。》が最も難しかったです。
 今でも、なぜ「ウ 龍穴神社」が正解なのか分かりません。
 采女祭の舟のうち一艘が龍頭だから同じ龍で龍穴神社、とでも考えれば良いのでしょうか。

やいちさん。お疲れ様でした。奈良の昔話で有名な増尾正子さんの文に、「◆龍伝説
 猿沢池には龍が棲んでいるという伝説もあり、芥川龍之介もこれに基づいた物語を書いている。ある人がたわむれに猿沢池の畔に「某月某日この池より龍が昇天する」と書いた立て札を立てた。それが評判となり、その日になると黒山のような人が池を取り巻き、人出を目当てとした物売りがたくさん出て、大変な騒ぎになった。いたずらの張本人も内心困ったなと思って見ていたら、一天にわかに掻き曇り、大雨とともに龍が昇天したという、嘘から出たまことのような話もあれば、いくら待っても龍が出てこないので、人々は徐々に散っていったという話もある。」
ということです。龍穴神社の龍とのかかわりあいも何かで読んだ気がします。わたしも遅ればせながら、2級の問題にも挑戦してみました。
奈良県全体であり、いろいろなジャンルであり
奈良は広くて深いとあらためて感じます。

 詳しい説明をありがとうございました。
 良く理解できました。
 検定をきっかけとして、奈良に関して体系だった勉強をしたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美ビット見て歩き 1月 | トップページ | まほろばソムリエ検定2級 後半50問 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31