フォト
無料ブログはココログ

« 「文楽演目ゆかりの地を訪ねる」 3 壷坂寺と信楽寺へ | トップページ | 春日若宮おん祭 »

2013年12月14日 (土)

「文楽演目ゆかりの地を訪ねる」 4 冥途の飛脚

つぎの演目は、「冥途の飛脚」です。

・冥土の飛脚 めいどのひきゃく

「新の口村の段、飛脚屋の忠兵衛は遊女梅川に通い詰め、店の金を使い込んでしまう大罪を犯してしまい、生まれ故郷の橿原新口へ二人ともに手に手を取って駆け落ちしたが捕らえられ処刑される。」

橿原市新の口の安楽寺へいきました。運転免許の免許センターのすぐ近くです。主人公の忠兵衛・梅川供養の阿弥陀石仏碑です。

 

Cimg0243 Cimg0241

駅近くで見かけた冥途の飛脚の説明です。

Cimg0244

そして近鉄新の口駅近くの善福寺の忠兵衛の供養碑です。写真に写っているのは奈良まほろばソムリエの会のガイドのひとり、大山さん。この日は深尾さんとふたりがガイドで、サポートとして鉄田さんと愛知からまほろばソムリエの方が来ておられました。

そして奈良交通の添乗員は旧知の藤山さん、奈良県のあちこちをバイクで写真撮りに走り回っておられます。おすすめブログ、「奈良県の風景と無形文化財」。なかなかいくことが出来ないところをブログにアップされています。

http://toyamanblog.blog.fc2.com/

すばらしい皆様にお世話になりました。

Cimg0252_2

最後に、欣月堂というお菓子屋さんへ。こちらではおすすめの、「梅川忠兵衛恋飛脚」という創作お菓子をお土産に買い求めました。

Cimg0257_2

この日は、12月と思えない良い天気で、バスで効率よくあちこちを訪ねることができました。

奈良にはテーマを見つけて、掘り起こすといろいろな見所があるものです。そしてこれから文楽などにも関心を持ちたいと思ったことです。

Img284

そして奈良朱雀高校の生徒さんにもらった葉書です。下市、高取のそれぞれの郵便局の消印も今回訪れた文楽ゆかりのものです。

(おしまい)

« 「文楽演目ゆかりの地を訪ねる」 3 壷坂寺と信楽寺へ | トップページ | 春日若宮おん祭 »

コメント

鹿鳴人さん、4回もの連載、楽しく拝読いたしました。また、ツアーへのご参加、有難うございました。今後も、このようなツアーを企画したいと思います。その節は、どうぞよろしくお願いいたします。

tetsudaさん。コメントありがとうございました。
良い企画でした。同行者にも好評でした。またよろしく。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「文楽演目ゆかりの地を訪ねる」 3 壷坂寺と信楽寺へ | トップページ | 春日若宮おん祭 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31