フォト
無料ブログはココログ

« 22日から今中和義作品展 | トップページ | まほろばソムリエと巡る 山の辺の道 2 »

2013年11月21日 (木)

奈良まほろばソムリエと巡る 山の辺の道 1

11月17日日曜日9時40分桜井駅集合。「奈良まほろばソムリエと巡る 山の辺の道のコース」の、観て、聴いて、ロマンに触れる、再発見のウォークがありました。

うまく時間が取れましたので参加してきました。この日はまほろばソムリエが10人あまりで10グループをつくっての合同のウォークでした。合計75名も参加されました。

Cimg9619 Cimg9621


駅前で簡単なスタートの注意を2点、国道を横切るので車に注意しましょう、ひとりで参加の方もたくさんおられます、できるだけ多くの人とお話しましょう、とリーダーのYさんからご挨拶があり、1班から少し間隔をあけて順番にスタートしました。

きょうのコースを駅前看板で、

Scimg9617

桜井駅から巻向駅までのコースです。昨年柳本から桜井まで歩いたり、柳本からソムリエのNさんのご案内で巻向まで歩いたりしましたが、今回はじめてのところもありますので楽しみです。

桜井の市街地を歩いて、

 

Cimg9632 Cimg9633

(画像をクリックすると拡大します)



大和川(初瀬川)に出ました。ここは、かつては船で大阪湾まで上り下りして、盛んであった海柘榴市(つばいち)のあとです。そして仏教伝来之地碑。

Cimg9635

そして海柘榴市観音をお参りしました。

Cimg9637 Cimg9638

ここで万葉集から2首。問答歌ということです。

紫は灰さすものぞ海柘榴市の八十のちまたに逢へる子や誰れ(巻12-3101)

たらちねの母が呼ぶ名を申さめど道行く人を誰れと知りてか(巻12-3102)

伊藤博先生の現代訳。

3101紫染めには椿の灰を加えるもの。その海柘榴市の八十のちまたで出逢った子、あなたはいったいどこの誰ですか。

3102母さんの呼ぶたいせつな私の名を申してもよいのだけれど、道の行きずりに出逢ったお方を、どこのどなたと知って申し上げたらよいのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この初瀬川のあたり、桜並木が紅葉して三輪山に映えてとても美しく感じました。

« 22日から今中和義作品展 | トップページ | まほろばソムリエと巡る 山の辺の道 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 22日から今中和義作品展 | トップページ | まほろばソムリエと巡る 山の辺の道 2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31