フォト
無料ブログはココログ

« 西方寺と山上憶良の歌碑 | トップページ | 大仏殿でのベトナム国立交響楽団の演奏会へ »

2013年10月 3日 (木)

10月1日氷室神社へ

Cimg8552 Cimg8557

Cimg8561 Cimg8562

10月1日は奈良市春日野町の氷室神社の例祭でした(奈良国立博物館の北)。氷室神社(大宮守人宮司)は奈良の春一番の枝垂れ桜で有名です(3月27日の鹿鳴人のつぶやき)。私の店のある奈良市橋本町は氷室神社の氏子です。氏子の町も持ち回りで毎年例祭をお手伝いされています。9年に1回くらいの割で当番がめぐってきて、今年は近くの椿井町、元林院町とともに当番の年に当たりました。

 

そういうことで、10月1日午後からお手伝いにいきました。この日は音楽の奉納がありました。

 

まずソプラノの独唱が奉納されました。「日本の四季」ということで日本の唱歌などいろいろなつかしい歌が歌われました。

 

そして3時からは、ALL DAYSという音楽ユニット、男声3人による音楽が奉納されました。とくに、「やまと憧憬」というオリジナル曲は印象的でした。(サンプルのYOUTUBE

そして「見あげてごらん夜の星を」や「スカボロフェア」「ミスターベースマン」など1970年ごろのなつかしい歌がつぎつぎと歌われ好評でした。

 

Cimg8566 Cimg8571

 

夕方からは氷のうつわにろうそくの火が灯りました。ふたたび鳥居からの境内の様子です。神事の後の様子です。

Cimg8574 Cimg8576

 

Cimg8577  Cimg8581

 

 

能舞台では4人の男性の舞楽がありました。たいまつの炎も気分を盛り上げてくれます。

Cimg8607 Cimg8616_2
Cimg8634 Cimg8629

はるか50数年前のこの氷室神社の例祭で、子どもの頃のわたしはお渡り行列でお稚児さんで馬に乗せてもらい、1日がかりで奈良のまちを練り歩いたことが思い出されます。

S

氷室神社のhpです。→http://1st.geocities.jp/himurozinzya/

« 西方寺と山上憶良の歌碑 | トップページ | 大仏殿でのベトナム国立交響楽団の演奏会へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西方寺と山上憶良の歌碑 | トップページ | 大仏殿でのベトナム国立交響楽団の演奏会へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30