フォト
無料ブログはココログ

« 万葉植物園の会津八一の歌碑 | トップページ | 金沢市中心市街地 散策 2 »

2013年9月28日 (土)

金沢市中心市街地へ 1

奈良商工会議所小売部会と株式会社まちづくり奈良の合同で、金沢市、そして翌日福井市の中心市街地をたずね、それぞれ、まちづくり会社の幹部の方からお話を聞き、そしてまちを散策してきました。

 

奈良から京都経由で北陸本線特急サンダーバードに乗って合計3時間半、12時過ぎに金沢に着きました。2015年春には長野から新幹線が延びてくるということで、金沢駅前は建設がずいぶん進んでいるように見受けました。(西口広場は一部工事中でした)

Cimg8458 Scimg8461

Scimg8453 


近江町市場近くで昼食、そして何度か来ている近江町市場を見学しました。わたしは今回は、再開発された5階建ての「いちば館」も上がってみました。

Scimg8447 Cimg8319

Cimg8332  Cimg8448

そして近江町市場から歩いて10分ほど、金沢商業活性化センターを訪問しました。セミナー会場は別のところにあるということでさらに香林坊交差点をわたり、最初に、プレーゴという商業施設を見学しました。まちづくり会社が商社の土地を最初10年、そしてこれからも10年ほど借りて経営されており,まちづくり会社にとって大きな収益源であるということでした。商業施設は昨年リニューアルされたということでした。

Scimg8445 Cimg8335

Cimg8377   Dsc01073Cimg8338 Cimg8380




とても美しく、イタリアを訪れたような感じがしました。また専門店も海外ブランドなどもありレベルが高く合計8店舗で1年間の売り上げが6億円ということでした。

金沢の繁華街である片町の一角、十数年間遊休地として放置されていた場所に金沢商業活性化センター(金沢TMO)が建てた商業施設。内部にフィレンツェ産の大理石が敷き詰められた楕円形のパティオを設けてその周辺にオープンカフェやレストランを、パティオから延びる通路に物販店が配置されている。

全て1階建ての建物であるが外観は2階建てと同じ高さとして周囲の町並みとの連続性を考慮しており、こうした点が評価されて第8回いしかわ景観大賞、第24回金沢都市美文化賞を受賞している。

パルドゥ閉店後、その跡地は遊休地として放置され、金沢市の中心商店街活性化の上で永らく懸案となっていた。1998年(平成10年)10月に「金沢市中心市街地活性化基本計画」が策定されると、金沢市と金沢商工会議所、地元の中小事業者等の出資で「金沢商業活性化センター」が設立され、翌1999年(平成11年)3月にパルドゥ跡地の利用も含めたTMO構想を策定。同年4月に金沢市からTMO構想認定を受けて日本で最初のTMOによるテナントミックス事業として整備されることになった。2001年(平成13年)3月29日に竣工・開業。

(青字はウィキペディアによる)

日本のまちづくり会社の最初の商業施設ではないかということでしたが、広さも500坪くらいで、たいへんな規模でした。金沢市ももちろん協力を十分にされているようでした。

そしてその後、株式会社 金沢商業活性化センターの髙本泰輔さん(内閣官房 地域活性化伝道師、経済産業省タウンプロデューサー)から100分間にわたり熱心なお話をうかがい、皆で質疑応答をしました。髙本さん、どうもありがとうございました。

Cimg8342 

 

« 万葉植物園の会津八一の歌碑 | トップページ | 金沢市中心市街地 散策 2 »

コメント

商店街の活性化ですか。皆さん 活発に勉強されていますね。この勉強意欲が商店街を活性化していくのでしょうね!  あわせて 金沢をこんなにご紹介いただいて感謝!

takaさん。お久しぶりです。コメントありがとうございます。金沢良い町ですね。何度もいくのですが、泊まりはいつも和倉と加賀温泉とか郊外で、はじめて金沢のまちなかで泊まりました。
倫敦屋という居酒屋にも連れて行ってもらいました。
また
よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 万葉植物園の会津八一の歌碑 | トップページ | 金沢市中心市街地 散策 2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30