フォト
無料ブログはココログ

« 女人高野 室生寺へ 1 | トップページ | 龍穴神社へ 3 »

2013年8月24日 (土)

橋本屋旅館へ 2

室生寺から降りてくるとちょうど昼時でした。橋のたもとの有名な橋本屋旅館に入りました。写真家の土門拳さんが何日もの日々、雪を待ってついに雪の室生寺を撮ることができた、そして女将さんと喜びあったとテレビで以前見た旅館です。

 

Cimg9888 Cimg9883


座敷からは室生寺川の清流と赤い橋が見えます。 

おいしいそうめん定食をいただきました。そうめんと精進料理です。

Cimg9885 Cimg9882

写真家の土門拳さんが左手で書かれたという色紙が掲げられていました。

土門拳泊りし室生の宿屋には左手で書きし強き字遺す

(小谷稔先生選)

またこちらの橋本屋旅館にはたくさんの有名人が泊まられたという名前を書かれていました。 

そのひとり、会津八一です。色紙が掲げられていました。

Cimg9886_2

ささやかに にぬり の たふ の たち すます
このま に あそぶ やまざと の こら

   (ささやかに丹塗りの塔の立ちすます木の間に遊ぶ山里の子ら)

解説はいつもの素空氏にお願いすることにします。

http://surume81.web.fc2.com/hitorigoto/81/sa/sa.html#sasayakani

そして素空氏によれば、会津八一の室生寺の歌はもう一首あるということです。

 

みほとけ の ひぢ まろら なる やははだ の
あせ むす まで に しげる やま かな
 
              
(み仏の肘まろらなる柔肌の汗むすまでにしげる山かな)

素空氏の解説です。→http://surume81.web.fc2.com/hitorigoto/81/ma/ma.html#mihotokenohiji

« 女人高野 室生寺へ 1 | トップページ | 龍穴神社へ 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女人高野 室生寺へ 1 | トップページ | 龍穴神社へ 3 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30