フォト
無料ブログはココログ

« 奈良市写真美術館では | トップページ | もちいどの弁財天祭り、そして什宝展 »

2013年7月 7日 (日)

~人形浄瑠璃in奈良~12月にはバスツァー実施です。

Simg022 Simg024
7月6日(土)から9月29日(日)まで、奈良市写真美術館http://www1.kcn.ne.jp/~naracmp/では入江泰吉の文楽の展覧会がはじまっています。

すこし前になりますが、
先日の奈良県立朱雀高校の高田先生から、こんどは「高校生プロデュース~人形浄瑠璃in奈良~」という40ページに及ぶ研究冊子を送ってきていただきました。 

はなやか関西~文化首都年~2012”人形浄瑠璃”国土交通省近畿整備局、学生による研究・企画発表大会”グランプリ受賞”と表紙に書かれています。 

奈良の人形浄瑠璃にいわれのある場所をしらべて訪ねた労作です。 

わたしも人形浄瑠璃はほとんど存じませんが、奈良まほろばソムリエ受検の準備の中でときどき奈良の人形浄瑠璃のこと知りました。

 

この研究冊子では 

・義経千本桜 

「恋と忠義はいずれが重い かけては思いは はかりなや 忠と信の武士に 君が情けられ しずかに忍ば都をば・・・」

 

・妹背山婦女庭訓 いもせやまおんなていきん

「大化の改新」を題材にした大作。 

・壷坂観音霊験記 つぼさかかんのんれいげんき

沢市は視力を失っており、妻のお里は沢市に内緒で眼病が癒えるように壷坂寺の観世音菩薩に願をかけますが、誤解により双方が死ぬ羽目になります。その夫婦の心に感心した観世音菩薩がついに夫婦に奇跡をもたらした。「三つ違いの兄さんと 言うて暮らしているうちに・・・」

 

・冥土の飛脚 めいどのひきゃく

新の口村の段、秘曲矢の忠兵衛は遊女梅川に通い詰め、店の金を使い込んでしまう大罪を犯してしまい、生まれ故郷の橿原新口へ二人ともに手に手を取って駆け落ちしたが捕らえられ処刑される。 

・艶容女舞衣 はですがたおんなまいぎぬ

人形浄瑠璃の代表的な演目のひとつ。五條市新町で赤根屋半七は染物屋を営んでいました。主人公の半七と三勝の比翼塚が天誅組本陣址としても知られる櫻井寺に安置されている。 

・粂仙人吉野花王 くめせんにんよしのざくら

物語は聖徳太子の時代に想を得た構想。歌舞伎の人気演目「鳴神」と同じ題材。 

などをしらべてくわしく載っています。

人形浄瑠璃というのも奈良を歩くテーマであることを知りました。

そんな中、すこし先のことですが、NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」専務理事の鉄田さんから、こんなニュースが飛び込んできました。

文楽(人形浄瑠璃)ゆかり地めぐり12月7日(土)と8日(日)の両日、奈良交通の「文楽ゆかり地めぐり」バスツアーが実施されます。

 

奈良まほろばソムリエの会と、当会が業務提携する奈良朱雀高校とのタイアップ企画です。

 

昨年、同校が国土交通省近畿地方整備局主催のコンテストでグランプリを受賞したツアー案をもとに企画したツアーです。

      【コース表】                      
各のりば―――大淀・小金吾の墓(『義経千本桜』に登場する平維盛の妻の家来で主馬の小金吾)――                      
                                                      10:00~10:20                      
―権太の墓(『義経千本桜』に登場する「釣瓶鮨屋(つるべずしや)」の息子で遊び人のごろつき)―つるべすし                      
                                                      10:20~10:40                      
弥助(創業800年を超える文楽や歌舞伎に登場するお店での昼食)――壺阪寺(参拝)――高取町・お里                      
                            11:00~12:00                                                12:40 ~13:30            13:40 ~14:20                      
沢市の墓(『壺阪霊験記』の主人公)――安楽寺(『冥途の飛脚(通称梅川忠兵衞』に登場する主人公忠兵                      
                                                      14:50  ~  15:10                      
衞の阿弥陀石仏碑参拝・・・・・善福寺(忠兵衞の供養碑参拝)・・・・欣月堂(梅川忠兵衞恋飛脚という創作                      
                                                      15:25  ~  15:45                           15:55  ~16:15                      
和菓子の販売店)――大和八木駅―――JR奈良駅―――近鉄奈良駅                      
                                     16:30               17:20                    17:30                      
                      
                      
                      
                      
集合場所   近鉄奈良駅   JR奈良駅   大和八木駅             
出発時刻   8:30    8:40   9:30             

(コースは最終ではありません。参考までに予定表ですのでよろしくお願いします)
                                                 

 

« 奈良市写真美術館では | トップページ | もちいどの弁財天祭り、そして什宝展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良市写真美術館では | トップページ | もちいどの弁財天祭り、そして什宝展 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31