フォト
無料ブログはココログ

« 6月15日きらっ都・奈良でもムジークフェスト。 | トップページ | 大和郡山市へ »

2013年5月30日 (木)

東大寺別当 筒井寛昭師の晋山式へ

Cimg7678 Cimg7677

待望久しい、第221世東大寺別当、華厳宗管長の筒井寛昭大僧正の晋山式が5月29日11時からありました。お招きをいただきましたので、参上してきました。

 

東大寺本坊から大仏様の前に入堂され、伝燈奉告法要が行われました。広い堂内に報道によれば700人の人々が招かれました。

Img083 

Img084

(クリックすると拡大します)


上記は筒井大僧正の傳燈奉告文です。

 

Cimg7686


12時からの披露宴で筒井別当のあいさつがありました。聖武天皇の頃に比べて現代はどうなのか、そして鑑真和上のこと、重源上人のこと、公慶上人のことなどをお話になり、現在の世の中の人の心をつなぐことの大切さなどをお話になりました。

 

そして傳燈奉告文で、「不自惜身命をもって」といささかたいへんな決意をしたと言っておられました。

 

不自惜身命とは、仏教の言葉で、

 

  • 意 味をしらべると: 仏の教えを修めるためには自分の身も命もささげて惜しまないこと。転じて、国や主君などのために、体や命を惜しまないで尽くすこと。 
  • ということだそうです。

     

    そのあと、唐招提寺長老や荒井奈良県知事らの祝辞のあと、金春穂高演能「石橋」があり、花山院・春日大社宮司の音頭で参加者一同祝杯をあげ、盛大な祝宴がありました。

    Scimg7707

    なお、筒井さんは、曽祖父、祖父、父についで4代目の東大寺別当であり、偶然221世とは「ツーツーイ」と、221世になるのだという語呂合わせのご披露もありました。 

    Cimg7719

    お見送りの、筒井寛昭師ご夫妻。右はN様ご夫人です。

    東大寺別当・華厳宗管長は3年間の任期だそうですが、筒井さまにはご健康に留意され、ますますのご活躍をご期待申し上げます。

    « 6月15日きらっ都・奈良でもムジークフェスト。 | トップページ | 大和郡山市へ »

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    « 6月15日きらっ都・奈良でもムジークフェスト。 | トップページ | 大和郡山市へ »

    2017年10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31