フォト
無料ブログはココログ

« 5月30日近鉄奈良駅・行基広場完成オープニング | トップページ | 大阪府太子町の用明天皇陵と叡福寺へ »

2013年5月22日 (水)

大阪府立近つ飛鳥博物館へ

Simg074 Scimg7393

以前から一度行きたいと思っていた、白石太一郎館長の「大阪府立近つ飛鳥博物館」のチケットをもらいましたので、ふと仕事の合間を見つけて出かけてきました。ちょうど「百舌鳥・古市古墳群出現前夜」という春季特別展が開かれていました。

 

奈良からナビを頼りに出かけると西名阪道路、香芝ICを降りて穴虫峠を越えて太子町の古墳のたくさんある公園の中にありました。奈良市内から約1時間でスムーズにたどり着きました。

思いがけない、安藤忠雄氏の設計の大きな建物が博物館でした。大きな階段です。この大きな階段が、中に入ってみると大きな屋根になっていることがわかりました。

まず常設展へ。常設展の展示解説の案内ヘッドフォンを借りました。無料でした。それぞれの展示個所で、入門編と上級者用を選択して聞くことができました。

Scimg7410 Scimg7414

左上、仁徳天皇陵を中心とした古墳群の大きな模型。

右上は、東大阪市で発掘された大きな修羅の科学的処理を施したものと再現模型、大きさにびっくりしました。

Scimg7409_2 Scimg7405

左上はいくつかあった当時の服装人形です。

右上は、聖徳太子と夫人の棺の模型(奥にお母さんの棺もありました)。

そして続いてみた特別展は、百舌鳥・古市古墳群など大阪府にはたくさんの古墳群があるのだということがよくわかりました。(特別展は写真不可でした)

また古代から奈良と大阪は山ですこし隔てただけであることを実感するものでした。

近つ飛鳥博物館のhpです→http://www.chikatsu-asuka.jp/

近つ飛鳥、という言い方に興味をもちましたが、難波宮の大阪から見て、「近つ飛鳥」、奈良の飛鳥は、「遠つ飛鳥」と表現したことからきているそうです。

« 5月30日近鉄奈良駅・行基広場完成オープニング | トップページ | 大阪府太子町の用明天皇陵と叡福寺へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月30日近鉄奈良駅・行基広場完成オープニング | トップページ | 大阪府太子町の用明天皇陵と叡福寺へ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31