フォト
無料ブログはココログ

« 興福寺菩提院大御堂と「なんじゃもんじゃ」の木 | トップページ | 5月17日ー18日薪御能 »

2013年5月11日 (土)

興福寺南円堂・北円堂特別公開・・・川嶌一穂さんのご案内

Simg060

今、興福寺南円堂と北円堂が特別公開されています。(6月2日まで、無休)藤も美しい季節です。

 

毎月、奈良新聞で大阪芸術大学短期大学部教授の川嶌一穂さんが、「美ビット見て歩き、私の美術ノート」を書かれていますが、今月は「南円堂創建1200年記念南円堂・北円堂同時公開」という興味深い記事が載っています。

「800年ほど前、日本は世の中がひっくり返るような激動の時代を迎えた。戦乱が相次ぎ、大地震も頻発した。平家に敵対する南都は、平清盛の五男。重衡(しげひら)の焼き討ちに遭った。東大寺の大仏は焼け落ち、興福寺の伽藍(がらん)も焼き払われた。そして鎌倉に武家政権が誕生する。

 しかし、何とも勢いのある時代だった。すぐに仏師・康慶が南円堂の諸仏再興を、その子・運慶が北円堂を担当することになった。・・・・」

(以下は、上の写真と下の写真クリックして、つなぎあわせて読んでください)

Simg061


南円堂・北円堂が同時公開で見られるというのもめったにありません。5月中がチャンスです。ぜひこの機会にご覧いただきたいと思います。興福寺のhp→http://www.kohfukuji.com/

Scimg6796

(写真は4月28日撮影、興福寺五重塔が見えます)

幼き日ターザンごっこに興じたる南円堂に藤の花咲く(毎日やまと歌壇)

« 興福寺菩提院大御堂と「なんじゃもんじゃ」の木 | トップページ | 5月17日ー18日薪御能 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 興福寺菩提院大御堂と「なんじゃもんじゃ」の木 | トップページ | 5月17日ー18日薪御能 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31