フォト
無料ブログはココログ

« もちいどの夢CUBE、毎日新聞に。 | トップページ | 5月3-5日平城京天平祭*春 »

2013年4月28日 (日)

万葉歌碑、奈良市役所にて

Scimg6634, Scimg6637

表                        裏

奈良市役所の正面の前庭に万葉歌碑がありました。桜の落花がまわりに広がっています。(4月25日撮影)

有名な書家の杉村華邨http://www3.kcn.ne.jp/~shodou/さんの揮毫です。

所に当たりて誦詠する古歌

あをによし奈良の都にたなびける天の白雲見れど飽かぬかも(巻15-3602)

伊藤博先生の現代語訳

青土香る奈良の都にたなびいている天の白雲、この白雲は見ても見ても見飽きることがない。

« もちいどの夢CUBE、毎日新聞に。 | トップページ | 5月3-5日平城京天平祭*春 »

コメント

  『月刊大和路ならら』5月号の「なららトピックス」を読んでいたら、先日、ご一緒させていただいた帯解寺の万葉歌碑(板?)「春霞たなびく」が出ていました。
  いろいろなところに万葉歌碑がありますね。

やいちさん。いろいろコメントありがとうございます。興福寺も楽しまれたようで何よりです。
わたしは東京出張の合間に、早稲田大学の会津八一記念博物館を訪ねてきました。直筆の書に触れることができたり、東洋史の考古学の資料を拝見することができました。

やいちさん。コメントありがとうございます。
そうですね。万葉歌碑を建てる会と書いてありましたが、歌に係わり合いのあるところを求めて、いろいろなところで建てられているようで何よりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もちいどの夢CUBE、毎日新聞に。 | トップページ | 5月3-5日平城京天平祭*春 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31