フォト
無料ブログはココログ

« 5.2-5.6 さくらのころにゆきしうたびと | トップページ | もちいどの夢CUBE、毎日新聞に。 »

2013年4月26日 (金)

「なら記紀万葉ファンジア」のCDと台本

Cimg6638_2
ならどっとFMで、十二夜にわたって放送された「なら記紀万葉ファンタジア」ですが、放送は終了しました。
記紀万葉とは、古事記、日本書紀、万葉集です。劇団小町座のラジオドラマでした。
「奈良には言葉の海がある・・・」というフレーズが印象的です。
何夜かは聞けたのですがすべては聞くことが出来ませんでした。なかなか良いラジオドラマでしたので、CDで販売してくれないかなあと思っていたのですが、このほど、製作され販売開始されました。

 

一夜が、15分の放送でそのあと、羽原さんの解説の放送が15分ありました。
 
CDでは

第一集

第一夜 はじまりは二人 (イサナギ・イザナミの国生み)

第二夜 夜にくるもの     (三輪山の蛇伝説)

第三夜 ライバルの声  (相撲のはじまり)

第四夜 命の木の実   (トキジクノカクノコノミ)

第二集
 
第五夜 水の声        (ミズノハノメノカミ)

第六夜 しっぽはどこに?  (井氷鹿)

第七夜 鹿の歌        (万葉集)

第八夜 二人のタケル前編 (ヤマトタケル西征)

第三集

第九夜 二人のタケル後編  (ヤマトタケル東征)

第十夜 闇照らす人      (稗田阿礼・天岩戸伝説)

第十一夜 ただ一言に     (葛城の一言主)

第十二夜 古くて新たなものがたり (太安万侶)

の3枚におさめられています。
また音楽も素晴らしく、奈良少年少女合唱団のテーマソング「ならうたものがたりの歌」の合唱も素敵です。もちいどのセンター街や小西通り商店街ではテーマソングが毎日何回か流れています。
「発売記念でCDは三枚組1500円のところ、5月末まで、1000円で販売します」とのことです。これはお値打ちです。
おすすめです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、小野小町(おのこまち)さん作のなら記紀万葉のファンタジアの台本もつくられました。
Cimg6639 

第一夜の台本の一部です。クリックすると拡大します。

 

Cimg6640_3
また、ナレーションの羽原あき子さんのエッセイが毎回書かれています。
これは最終回のエッセイです。
 
Cimg6641
おふたりの紹介です。
Cimg6642


台本は一冊1000円です。

 

なら記紀万葉ファンタジアのCDと台本ですが、問いあわせアドレスが 

こちらに連絡していただきましたら、振込先をご連絡させていただき、郵送となります。 

どこか身近なところに置いていただけないかと思っていますが、なかなか宣伝に動けていません。とのことです。
ぜひ手に入れて、放送を聞き、台本を読んでいただくととてもよくわかると思います。おすすめです。
小町座のフェイスブックがありました。http://www.facebook.com/komachiza
追記  ならどっとFMからのこんな情報が飛び込んできました。おめでとうございます。
「JCBA近畿地区コミュニティFM 放送局の放送賞受賞式が和歌山市で行われています。

ならどっとFMは、
情報教養部門で、ラジオドラマ記紀万葉ファンタジア~kiki 万葉の森、
CM 部門で♪~雨漏り修理の森板金~が、

そろって優秀賞を受賞しました~!!(^-^)v(^-^)v」

 

« 5.2-5.6 さくらのころにゆきしうたびと | トップページ | もちいどの夢CUBE、毎日新聞に。 »

コメント

ひとつひとつご丁寧にUPくださり、驚きと感謝の念でいっぱいです。

私は小町さんの脚本のファンの一人ですが、今回作品づくりに関わらせてもらい、作品の奥深さにたくさんのことを気付かせてもらいました。

ふるさと奈良がもっともっと皆さんに愛されますよう。記事を書いてくださったことに御礼申し上げます。ありがとうございました。

H.Aさん。コメントありがとうございました。
良い作品にあらためて、触れることが出来て何よりと思っています。
受賞もされたとのこと、何よりです。ますますのご活躍を祈念申し上げます。またよろしく。

タケル役をやらせていただきました西村です。
丁寧に写真入りで紹介して下さいまして、本当にありがとうございます。
いろんな思いがつまった作品です。
1300年前と今。人の気持ちというのはいつの時代にも
変わらないものがあるのかもしれないと気付かされました。
松森様の奈良の今を発信されているブログ。
時々のぞきに来させていただきます!

西村さん。はじめまして。コメントありがとうございました。
タケル役はほぼ毎回出演だったのではないでしょうか。あらためてお疲れ様でした。
そうですね、1300年という時空を超えた同じもの、人、心があると思います。
ますますのご活躍を祈念しています。

丁寧にご紹介いただき、本当にありがとうございます。とてもわかりやすく、内容も詳しくお伝えいただき、感謝です。こちらのブログは、奈良の文化や芸術が堅苦しくなく、開かれて書かれていて、ほっといたします。先日の市役所にある歌碑も、そういえばと思いながら見のがしていました。身近な素晴らしい場所や気持ちを、お知らせいただき有り難いです。これからもよろしくお願いします。

小松座・小野さま。
ご丁寧なコメントいただき恐縮です。このところ、2倍3倍のアクセスがあり、びっくりしています。
身近な奈良の魅力探して体験しながら、書き連ねたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5.2-5.6 さくらのころにゆきしうたびと | トップページ | もちいどの夢CUBE、毎日新聞に。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30