フォト
無料ブログはココログ

« 奈良のお茶にちなんだモーニングウォーク2、今在家町あたり | トップページ | 奈良のお茶にちなんだモーニングウォーク 4、転害門から東大寺へ »

2013年4月 2日 (火)

奈良のお茶にちなんだモーニングウォーク 3、般若寺へ  

般若寺の国宝の楼門です。

 

Cimg6187 Cimg6189

 

Cimg6190 Cimg6192

突然急な雨が降ってきたので一同、本堂の中を見学してしばらく雨宿り。本尊は、文殊菩薩像。獅子に乗っていて、桜井の阿部の文殊さんと大きさは違うけれどよく似ているなあ、と誰かが言っていました。どういう関係があるのかは存じませんが、たしかに似ていました。

 

左下は宋の石工、伊行末の建てた重要文化財の十三重塔です。高さは14mほどあるそうです。そばにある発掘された九輪が背の高さ以上の高さでした。

Cimg6207

伊行末の息子さん、伊行吉が父母の供養のために建てたという笠塔婆が下の写真です。
Cimg6194 Cimg6195

境内には秋にコスモスがいつも咲くあたりが畑のように準備されているようでした。

Cimg6212

今は沈丁花が良い香りを放っていましたし、雨の中の桜も満開でした。

 

Cimg6214 Cimg6213

境内には、会津八一の歌碑や森鴎外の句碑などたくさんの石碑がありました。

 

般若寺のhpです。→http://www.hannyaji.com/

« 奈良のお茶にちなんだモーニングウォーク2、今在家町あたり | トップページ | 奈良のお茶にちなんだモーニングウォーク 4、転害門から東大寺へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良のお茶にちなんだモーニングウォーク2、今在家町あたり | トップページ | 奈良のお茶にちなんだモーニングウォーク 4、転害門から東大寺へ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30