フォト
無料ブログはココログ

« 明日香万葉歌碑めぐり 2 南淵山 | トップページ | 明日香万葉歌碑めぐり 4 犬養万葉記念館 »

2013年3月 6日 (水)

明日香万葉歌碑めぐり 3 島の宮

Cimg5371

再び、石舞台の近くに戻り、こんどは遊歩道を登りました。車は通れない階段状もある急な登りでした。

 

一気に景色が広がります。遠くに二上山も見えます。

 

Cimg5372 Cimg5376

 

右上の写真では集合した石舞台のバス停と駐車場がみえます。あのあたりが島の宮があったところということでした

Img022 Img023

上記は2005年3月島庄遺跡、明日香村教育委員会発行の資料です。(クリックすると拡大します)

 

島の宮が望める高台に歌碑は建っていました。

 

Cimg5379 Cimg5378

 

島の宮 上の池なる 放ち鳥 荒びな行くそ 君いまさずとも(巻2-172)

 

山内先生によると、島はアイランドとは限らない。囲まれたところということです。飛鳥川から水を引いている水路で三方囲む庭園ということです。

 

昭和47年3月、約43メートル四方の四角の池が見つかったということでした。

また蘇我氏の南の拠点でもあったということです。

富田敏子先生の現代語訳→(亡き草壁皇子の)嶋宮の上池の放し飼いの鳥よ、心荒れるな皇子が居られなくとも

« 明日香万葉歌碑めぐり 2 南淵山 | トップページ | 明日香万葉歌碑めぐり 4 犬養万葉記念館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日香万葉歌碑めぐり 2 南淵山 | トップページ | 明日香万葉歌碑めぐり 4 犬養万葉記念館 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30