フォト
無料ブログはココログ

« 近鉄奈良駅行基広場大屋根、工事終了は5月末に延期 | トップページ | 明日香村、川原寺あと、橘寺あたり  »

2013年3月 5日 (火)

橿原市の石川池(剣池)から明日香村へ

先日、犬養先生が書かれた歌碑をめぐる明日香万葉歌碑めぐりがありました。

9時半、石舞台バス停集合でしたが、橿原神宮駅にずいぶん早く着きすぎましたので、地図を片手に思い切って歩き始めました。石川池(剣池)は写真などでよく見かけるのですが、一度見たかった池でした。橿原神宮駅から東へ5丁と表示がありました。

 

中央の御陵は孝元天皇陵ということです。

 

Cimg5291 Cimg5296

 

説明版がフェンスに接近していて撮りにくく、やっとななめから撮ることができました。

 

Cimg5297 Cimg5298

(クリックすると拡大します)

紀皇女の歌碑がありました。揮毫は辰巳利文さん。

 

さらに菖蒲町の新興住宅街をどんどん南へ歩いていきました。先日菖蒲池古墳の発掘調査の現地報告会の様子はかぎろひさんがレポートされていましたのでお借りします。→http://kagiroi.narasaku.jp/e86124.html

 

菖蒲池古墳が地図ではわかるのですが、(天理教の教会は見えたのですが)、表示もなくよくわからず、すこし時間にも余裕がありませんでしたので、通過しているうちに、橿原市から明日香村へ入りました。あたりの景色がすっかり変わりました。

 

Cimg5302_2 Cimg5303

« 近鉄奈良駅行基広場大屋根、工事終了は5月末に延期 | トップページ | 明日香村、川原寺あと、橘寺あたり  »

コメント

おはようございます。

リンクありがとうございます~

私も先日、たぶん同じルートで歩きました。
そうそう、この明日香村の看板を見て左の道を上っていくと、左手に菖蒲池古墳があります。天理教の建物の後ろになります。

最近、よく歩かれていますね^^

かぎろひさん。おはようございます。コメントありがとうございます。

そうですね。あとでかぎろひさんのブログ拝見すると、ほぼ同じところで撮っていますね。ふつうのときは、菖蒲池古墳こちらとは表示見つけられませんでしたので、わかりませんでした。次の機会には見に行きたいと思います。この古墳もソムリエ試験の四択で、2つの石棺がある・・・・古墳として出題されてなんとか正解することができた名前で思い出深い古墳ですから。

かぎろひさんの足元にも及びませんが、歩くのは良いですね。ではまた。

 昨秋、この歌碑を見ました。たくさんの落ち葉があり、近所の人が掃除をしていました。
 「大変ですね」と声をかけたところ、「誰かがしないと」と言われていました。

やいちさん。コメントありがとうございます。
「誰かがしないと」という気持ちで、「(わたしが)する」というのが大事ですね。他から声をかけられたら、張り合いもあるでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近鉄奈良駅行基広場大屋根、工事終了は5月末に延期 | トップページ | 明日香村、川原寺あと、橘寺あたり  »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31