フォト
無料ブログはココログ

« 奈良きたまち歴史ウォーク 1 | トップページ | 春日宮天皇 田原西陵 »

2012年11月 8日 (木)

奈良きたまち歴史ウォーク 2

Cimg2896 Cimg2900

奈良坂の旧道を南へ、鹿せんべいの作られているお店の5つのうちの1つである武田商店を外から見学、植村牧場で休息。そして有名な般若寺の国宝の楼門を外から見学して、奈良少年刑務所へ。明治41年に建てられたレンガ造りの現役の刑務所です。ジャズピアニストでこのほど叙勲された山下洋輔氏のおじいさんの設計ということでも近頃有名です。

Cimg2907 Cimg2910

そして、北山十八間戸にいきました。鎌倉時代につくられたハンセン病患者のための施設です。ちょうどこの日はいつもは閉まっている扉を開けてもらい、南からも見ることができました

Cimg2916 Cimg2915

Cimg2922 (左は北から見た北山十八間戸)

Cimg2924 Cimg2925

会津八一の歌で有名な夕日地蔵も見ました。

ならざか の いし の ほとけ の おとがひ に こさめ ながるる はる は き に けり

素空氏の解説

そこからはじめて通る階段状の小さな道を通って、若草中学校のグランドへ。このあたりが、1560年ごろできた多聞城跡です。東大寺大仏殿など奈良の町が良く見える高台で、なるほど城にはふさわしい場所です。はじめての瓦屋根のお城だということでした。とてもきれいな城であり、織田信長もこれを真似て安土桃山城をつくったということでした。

そのあとは、多門町を通って昼過ぎ、聖武天皇陵、光明皇后陵へ。

きたまちの一条通より北を歩きましたが、見どころの多い道でした。また、柿の実がなっていたり秋を感じることでした。ことしの奈良まほろばソムリエの試験では、般若寺を中心として一日を案内するコースを400字で書け、という問題がでましたがその具体例といえるようなコースでした。(おしまい)

« 奈良きたまち歴史ウォーク 1 | トップページ | 春日宮天皇 田原西陵 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良きたまち歴史ウォーク 1 | トップページ | 春日宮天皇 田原西陵 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30