フォト
無料ブログはココログ

« まほろばソムリエと行く、山辺の道 3 | トップページ | 「なら記紀万葉ファンタジア」と「kiki万葉の森」 »

2012年11月 2日 (金)

まほろばソムリエと行く、山辺の道 4

昼のお弁当の後、井寺池の歌碑を訪ねました。

有名な川端康成さんの古事記のヤマトタケルの歌は、川端さんがこの場所にという指定の後亡くなられたので毛筆ではなく、川端さんがノーベル賞受賞の時の「美しい日本」の原稿のペン字で彫られているそうです。「大和は国のまほろばたたなづく青がき山ごもれる大和しうるわし」

Cimg2727_2

下の左の写真は井寺池から三輪山を望む。右下の写真は井寺池から箸墓古墳から奈良盆地を望む(この日はやや遠方が霞んでいました)

Cimg2733 Cimg2737

そして茅原大墓古墳を 南に見て、慶運寺へ。ピンク色の凝灰岩のかつての石棺の蓋は仏様を彫って再活用されています。そして本堂裏の古墳です。蜂が飛んでいましたので近くまでは行きませんでした。

Cimg2745 Cimg2748

Cimg2746 Cimg2750_2

そしてホケノ山古墳に皆んなで登りました。少し高くなるだけでずいぶん遠望がよく見えました。3ヶ所に埋葬あとがあったとのことです。

Cimg2760 

環緒塚(おだまきづか)を見て、三輪の由来を聞き、

Cimg2777

箸墓古墳へ。

Cimg2778

ここで一首

まほろばのソムリエガイドと共に行く黄金田まぶしき山の辺の道

(毎日新聞奈良版  小谷稔先生選 やまと歌壇掲載歌) 

最後にJR巻向駅構内では、纒向遺跡と大型建物跡の説明を受けました。今後の解明が楽しみです。そしてまほろばソムリエのNさんのガイドはくわしく、参加者にはいつものウォーキングとは一際違い、とても良かったと好評でした。私もそう思いました。I くんもお世話様でした。どうもありがとうございました。この日友人の万歩計は17000歩くらい。10キロ強のウォーキングだったでしょうか。本日のコースはtetsudaさんの以下の記事も参考になります。→http://blog.goo.ne.jp/tetsuda_n/e/feb1e4fb16b7d8164e20e7e841072765(おしまい)

Cimg2784 Cimg2785

Cimg2786 Img007_2

« まほろばソムリエと行く、山辺の道 3 | トップページ | 「なら記紀万葉ファンタジア」と「kiki万葉の森」 »

コメント

ブログ、拝見させていただきました。
大変、興味ある記事ばかりで勉強になりました!

相撲神社に千代の富士がこられたとは!?驚きでした。
また時々訪問させていただきます!

habaraさん。
コメントありがとうございます。
ならどっとfmの番組も楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まほろばソムリエと行く、山辺の道 3 | トップページ | 「なら記紀万葉ファンタジア」と「kiki万葉の森」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31