フォト
無料ブログはココログ

« 山口水産の会へ、そして會津八一全集のこと | トップページ | ノーベル生理学・医学賞の京都大学の山中伸弥教授と奈良 »

2012年10月 8日 (月)

神無月と「鹿男あをによし」

30

十月は、神無月。映画の話です。

知り合いのNさん曰く、

「神無月になるともう4年経ちますが、『鹿男あをによし』を思い出しますね。DVDで全巻録画してあり、家では見ることはできるのですが、皆で見るとなると著作権料がいるらしい」とのこと。

「来年の神無月には、『鹿男あをによし』の映写会をしたいものですねえ」、と話題が盛り上がりました。

さて望みどおり叶うでしょうか。何ごとも思わなければ叶わないのですから、できれば実現したいものです。

あらすじ、9月、「おれ」はひょんなことから大学の教授に勧められ、2学期の間限定で奈良の女子高の教師になる。しかし、生徒にからかわれたり、無視されたりとコミュニケーションが取れず、途方に暮れる。そうして迎えた10月。奈良公園の大仏殿にいた「おれ」の前に突如鹿が現れ、人間の言葉で話しかけてきたのだ。実はその鹿は1800年前から人間を守りつづけてきた存在で、60年に1度行われる「鎮めの儀式」で用いるを運ぶ役(「運び番」)に「おれ」を任命する。目は人間界で「サンカク」と呼ばれ、の「使い番」を任せられた女性から渡されると話す鹿であったが、「おれ」は「使い番」に気づかず、挙句に違うものを渡された。鹿は「目を鼠に奪われた」と言い、わけが分からない「おれ」にをつけ、「おれ」の顔を鹿にしてしまう。そして鹿は「目を取り戻さないと日本が滅びる」と警告するのであった。ちょうど同じころ、東では火山性微動が続き、富士山噴火する兆候にあった。

一方、勤務する高校では年に一度のスポーツイベントである姉妹校との交流戦「大和杯(やまとはい)」が行われようとしていた。そして「おれ」はその優勝プレートが「サンカク」と呼ばれていることを聞く。剣道部の顧問になった「おれ」は、そのプレートこそ、鹿が言っていた目であると考え、人類を危機から救うために目を取り戻そうと優勝を目指すのだが…。(wikipediaより)

エンディングテーマのYOUTUBEがありました。(2分23秒)

http://www.youtube.com/watch?v=UpPwoTd-7Og

« 山口水産の会へ、そして會津八一全集のこと | トップページ | ノーベル生理学・医学賞の京都大学の山中伸弥教授と奈良 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山口水産の会へ、そして會津八一全集のこと | トップページ | ノーベル生理学・医学賞の京都大学の山中伸弥教授と奈良 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30