フォト
無料ブログはココログ

« 「きらっ都・奈良」オープンへ | トップページ | 奈良ビブレのあとはいったい何になるのだろうか? »

2012年9月27日 (木)

奈良の行事ーおすすめブログ 「奈良の風景と無形民俗文化財」

Dsc_3095 Dsc_3618

(写真はおすすめブログ 「奈良の風景と無形民俗文化財」http://toyamanblog.blog.fc2.com/から拝借)

奈良の行事、しかも県内というとかなりたくさんのお祭や行事があります。

新聞などを見ていても、予定が書かれていたり、あったという記事を良くみますが、さて実際あちこちに出かけて、しかも写真に撮るというのはなかなかむつかしいことです。

実は、ことしの1月のまほろばソムリエ検定(ソムリエ)では、いのこの暴れまつり、が出ました。28)桜井市高田で受け継がれ、奈良県の無形民俗文化財に指定された、子供を主役とする祭はどれか、の設問で4つのうちから選ぶ問題でした。みごと間違いで、貴重な2点を減点してしまいました。

もうひとつ、「蛇巻き」は田原本町鍵ともうひとつはどこ?という四択。これは今里。かろうじて2点獲得。

以前、新薬師寺の修二会のたいまつは何本かという問題にも出会いました。(正解は11本。みごと間違いました)

2級や1級でも、奈良の行事やお祭の問題がよく出ています。

そんな折、バイクを駆使して県内の行事や祭りを紹介してくれるブログがありました。

奈良市観光協会につとめる藤山さんのブログです。よく県内を撮影にまわっておられることに感心します。おすすめのブログです。

「奈良の風景と無形民俗文化財」http://toyamanblog.blog.fc2.com/

1月1日から始まり、たいへんな力作です。藤山さん、お疲れ様です。これからもよろしくお願いします。

そして、奈良まほろばソムリエ検定は来年は1月13日(日曜日)とのことです。受検される方々の健闘を期待します。

« 「きらっ都・奈良」オープンへ | トップページ | 奈良ビブレのあとはいったい何になるのだろうか? »

コメント

 10月12日(金)夜、奈良ファン倶楽部主催の見学会で、八柱神社「題目立」を見ました。
 事前に、鹿谷勲先生による説明があったので、よく理解できました。
 無形民俗文化財の維持には、地元の人々の熱意と努力が不可欠であることがよく分かりました。

無形民俗文化財の維持には、地元の人々の熱意と努力が不可欠であることがよく分かりました。
とのこと。そうですね。大柳生の太鼓祭りもことしが最後であったとか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「きらっ都・奈良」オープンへ | トップページ | 奈良ビブレのあとはいったい何になるのだろうか? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30