フォト
無料ブログはココログ

« 14日から17日、なら国際映画祭 | トップページ | 上宮遺跡公園(法隆寺南三丁目)へ »

2012年9月12日 (水)

新しき会津八一の歌碑建ちぬ九月九日斑鳩の里

法隆寺の町営 i センター前の駐車場に、会津八一の新しい歌碑がたつということを聞きましたので、午後から、早速拝見してきました。

Pict0003 Pict0001 

うまやど の みこ の まつり も ちかづきぬ まつ みどり なる いかるが の さと

Pict0002 Pict0004

友人の八一研究家の素空氏の解説は→http://surume81.web.fc2.com/hitorigoto/81/a/a-gyou.html#umarado

「まつにみどり」と斑鳩を詠む会津八一の歌碑建ち町制

六十五年(毎日やまと歌壇)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月11日付の読売新聞奈良版が以下のように伝えています。

Photo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、日経新聞では、「早稲田大学会津八一記念博物館の話として、会津八一の歌碑は全国で48番目」ということです。

« 14日から17日、なら国際映画祭 | トップページ | 上宮遺跡公園(法隆寺南三丁目)へ »

コメント

 「うまやどの みこのまつりも」の歌碑は、絶好の位置にありますね。
 名工である左野勝司さんによる彫りも良いようです。
 これを機会に、秋艸道人の歌に親しむ人が増えれば良いと思います。
 代表作品の『自注鹿鳴集』(岩波文庫、解説は秋艸道人の教え子である植田重雄先生)が品切れなのを不満に思っていましたが、「重版中」とのことなので
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?isbn=ISBN4-00-311541-4 一安心です。
 上宮遺跡公園の歌碑「ちとせあまり」は、秋艸道人の書によるものはないので、見ていませんでした。
 秋艸道人の書による「いかるがの さとのをとめは」にリニューアルされる予定なので、既に撤去されたのでしょうか。
 そうなると、一度は見てみたかったような気がします。

 現在、「飛鳥古京を守る会」の残金により、橘寺に秋艸道人の歌碑を建てる計画が進んでいます。これも左野さんが担当されます。
 ただし、秋艸道人が揮毫した書がないので、集字(王羲之の書を集めた「集字聖教序」(集王聖教序)があるように、歴史ある正当な手法。)によるとのことです。

やいちさん。
くわしいコメントありがとうございます。
13日のブログに紹介させていただきます。ご了解ください。今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 14日から17日、なら国際映画祭 | トップページ | 上宮遺跡公園(法隆寺南三丁目)へ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31