フォト
無料ブログはココログ

« 東大寺龍松院へ | トップページ | 燈花会と子ども能舞台 »

2012年8月 3日 (金)

頼朝と重源、特別展へ

先日東大寺の龍松院へ歩いていく道中、ちょうどいま奈良国立博物館では、「頼朝と重源」特別展がひらかれていますので、拝見しました。暑い夏の昼下がり、とても涼しく快適な博物館です。夏の博物館はとくにおすすめです。

先日出かけた平泉の中尊寺や、鎌倉の鶴ケ岡八幡宮、箱根神社に伊豆山神社などからの出陳や紹介がありました。

展覧会のhpです。→http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2012toku/yoritomo/yoritomo_index.html

かぎろひさんが素敵なレポートをされていますので紹介はかぎろひさんにお願いします。→http://kagiroi.narasaku.jp/e78324.html

« 東大寺龍松院へ | トップページ | 燈花会と子ども能舞台 »

コメント

おはようございます。

ご紹介ありがとうございます。
かたよったレポートでお恥ずかしい限りですが、すばらしい展覧会なので、たくさんの方に足を運んでいただきたいものです。

↓龍松院の記事も興味深く拝見しました。
たしか、「平城山」の北見志保子が一時、身を寄せていたところですよね。
お庭、見た~い。

かぎろひさん。コメントありがとうございます。
すっかり、頼朝と重源、特別展のご紹介、お世話になりました。
とても、あれだけの記事は書けません。

龍松院の「平城山」のエピソードは初耳でした。江戸時代からの塔中にはいろいろエピソードがあるものですね。

名前の由来は、松の木に、つたか何かがからんで、松の木に龍が昇るように見えたということだそうです。

龍松院にはお茶室もありました。

またよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東大寺龍松院へ | トップページ | 燈花会と子ども能舞台 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31