フォト
無料ブログはココログ

« ロンドンオリンピックと奈良クラブ | トップページ | ウォッちず »

2012年7月 5日 (木)

桜井市、「記紀、万葉歌碑」、桜井市観光協会

Pict0001_2 Pict0002

先日新聞を読んでいたら、桜井市観光協会では「万葉歌碑」の冊子を作成して配布をはじめた、という記事を眼にしました。

早速、電話でたずねたら、郵送してくれるとのことで、お言葉に甘えて送っていただき、無事届きました。

冊子は文庫本の大きさで68ページと手ごろです。

「桜井市には万葉歌碑が六十数基建てられている事。1972年から建てられ始め、40年になるとのこと。1999年から「桜井市古代の夢追う大和の古道紀行」を計画し、ラリーを始めたところ結果は好評!

諸先生に揮毫していただき、その経歴などがわかればということでこの資料を作成しました。」との桜井市観光協会の理事長さんの言葉です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かの会津八一氏も揮毫されています。

あまくもに ちかくひかり なるかみの みればかしこし みねばかなしも(作者不詳、巻7-1369)

歌の意味、天雲の近くで光って鳴る雷のように、あの方にお逢いすれば恐れ多くて近寄れず、お逢いしなければ悲しいのです。

歌碑の場所、兵主神社の拝殿の玉垣の下に南座して建つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから一緒に送っていただいた、「JRで行く桜井市大和古道紀行」(保存版)のパンフレットも内容豊かです。(A4、12ページ分が1枚の裏表になっています)

« ロンドンオリンピックと奈良クラブ | トップページ | ウォッちず »

コメント

兵主神社に参拝したのは、ずいぶん前のことです。
秋草道人の歌碑は、印の「朔」が間違って彫られたままなのが残念です。

やいちさん。
コメントありがとうございます。兵主神社まで行かれているのですか。わたしは近くまでは出かけているのですが、まだ行ったことはありません。
そして、間違った印のままとのこと、残念ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドンオリンピックと奈良クラブ | トップページ | ウォッちず »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31