フォト
無料ブログはココログ

« 奈良をご案内、代表的コースへ | トップページ | 薬師寺へ »

2012年5月16日 (水)

topics.17日奥田なな子チェロ・リサイタル

Nanako

15日の朝日新聞で、17日奥田なな子チェロ・リサイタルを伝えています。

「ふるさと公演チェロの奥田は17日、いずみホールでリサイタルを開く。富田林市で生まれ育った28歳。8年間のドイツ留学から昨年帰国し、日本で活動を始めたばかりだ。

父は大阪センチュリー交響楽団の首席コントラバス奏者だった故奥田一夫。幼い頃は母、姉と一緒にバイオリンを弾い
たが、両親の勧めで10歳でチェロに転向した。

音楽に真剣に向き合うようになったのは、東京芸術大学付属高校を経て留学してから。「窓の外をリスが走り回る豊か
な自然の中で、初めて音楽にインスピレーションがわいた。東京の狭いアパートでバッハを弾いても、しっくりこなかっ
たんです」

大好きなドイツ音楽に打ち込む充実の留学生活だったが、2010年に父が事故で亡くなり、「家族の近くにいたい」
と帰国を決めた。兵庫芸術文化センター弦楽団のメンバーとなり、ソロや室内楽にも意欲的だ。

のびやかな音色が持ち味。リサイタルではベートーベン「魔笛の主題による12の変奏曲」、ブラームスのソナタ第2番、
プロコフィエフのソナタを演奏する。「父の節目ごとのリサイタルや追悼コンサートが開かれたいずみホールには、家族の思い出が詰まっている。そこで私も弾けることが本当にうれしい」
ピアノは山口博明。午後7時開演、25 0 0 円。問い合わせは日本演奏連盟( 03・3539 ・5131) へ。
家族の思い出多い会場 チェロ・奥田なな子」

友の娘(こ)のチェロリサイタルの音響く 思い出多きいずみホールに

« 奈良をご案内、代表的コースへ | トップページ | 薬師寺へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良をご案内、代表的コースへ | トップページ | 薬師寺へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30