フォト
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

タウンマネージャーの申し込みについて

現在、奈良市のタウンマネージャーを募集されていますが、面接の日程が変わったのに伴い、申し込み受付の締切も6月18日に延期されたということです。応募予定の方、ふるってのご応募を期待しています。

くわしくは下記をご覧ください。→

http://machinara.sakura.ne.jp/oshirase/boshuu.pdf

クイズです。1

友人の間でクイズの問題が飛び交っています。

閑話休題。頭の体操のような問題です。

そろそろ蚊取り線香の季節です。

T君出題の問題です。

問題1、 30分丁度で燃え尽きる蚊取り線香が8本ある。これを使って1時間45分を測りたいがどうすればできるか。
回答は、6月3日の日曜日に載せます。

2012年5月30日 (水)

奈良マラソン、そしてデュアスロン

Cimg9908

12月9日の奈良マラソンの募集がはじまったというニュースを昨日朝聞いたばかりというのに、即日夕方にはフルマラソン募集は1万人を突破して、すでに締切ということです。たいへんな人気ぶりに、年末12月の奈良マラソンが楽しみです。

一万人奈良マラソンへ申し込み募集のその日に満員となる(毎日新聞やまと歌壇)

そんな折りに、滋賀県長浜市の同業のかわ重さんのご子息川村好平氏は、トライアスロン(3種目)の日本のトップクラスの選手ですが、デュアスロン(2種目)という10キロラン、40キロバイク、5キロランの種目で全国優勝したというニュースが届きました。早稲田大学の頃から、そのご活躍はうかがっていました。すでに23才以下のクラスでは何度か世界大会にでておられます。このたびは、この優勝で秋にはフランスでの世界大会に出場ということです。

「第12回日本デュアスロン選手権(2012/福島)で優勝されました。この秋、フランスでの世界の大会に出場されるそうです。」優勝を伝えるhpです。→

http://info.tri-x.jp/profiles/blogs/fukushimadu-2012

2012年5月29日 (火)

ならら6月号

Cimg9914 Cimg9917

月刊 「大和路 ならら」 6月号では、神と人が紡ぐ壮大な物語として古事記ザ・スペクタクルが特集されています。400円。

Cimg9916 Cimg9915

総会続き

3月決算の場合、5月末までに総会をしなくてはならない、というところがたくさんあります。

したがって、5月は総会があちこちで開かれています。

5月も最終の週となりましたが、目下、あちこちに出席したり、理事者側として総会を開くことに、やや追われています。

株式会社まちづくり奈良も、現在進行形です。いろいろの課題があってスタッフのみなさんも奮闘中です。

2012年5月28日 (月)

ムジークフェストならの公式ガイドブック

Cimg9911_2 Cimg9912

新聞で、ムジークフェストなら、の公式ガイドブックが発行されたということで、近鉄奈良駅の1F観光案内所でもらってきました。

A5版の大きさで32頁の厚さです。

6月14日(木)から24日(日)です。

hpでも見ることが出来るそうです。→http://www.naraken.com/musik/

公式ガイドブックをデジタルブックでも見ることができます。

http://www.naraken.com/musik/musi9/book_swf.html

Cimg9913

最終日6月24日(日曜日)県内の合唱団による合唱の夕べがあります。18時30分から20時40分まで奈良県文化会館国際ホールにて。無料ですが申し込みが必要とのことです。

ブラームスの「ドイツ・レクイエム」の第2曲が歌われるということです。

2012年5月27日 (日)

ご報告

新緑の良き季節、金環蝕があったり、スカイツリータワーの開業があったり、いろいろと多用なこのごろです。皆様には、お元気にお過ごしのこととお慶び申し上げます。

いつもつたない「鹿鳴人のつぶやき」を読んでいただき、あつく御礼申し上げます。

kozaさんから「おはようございます。最近、すごく立ち上がりが重かったのですが、一気に改善されました。どんなご苦労されたのでしょうか。こんなご苦労も、ブログで紹介いただければ。・・・」とコメントとしていただきました。ありがとうございます。

最近、ブログの立ち上がりに時間がかかるようになっていました。そういうご指摘をうけましたので、ココログというブログの広場で、立ち上がりが遅いのはなぜでしょうかと、質問してみました。わたしは、この5月14日にメンテナンスを行われたからではないか、あるいは写真が多すぎて、かつ圧縮が足りないからであろうか、すでに7年目になりかなり容量が情報がふえたせいだろうか、など悩んでおりました。ありがたいもので、即、読者の方からでしょうか、サポートセンターからでしょうか、しらべて解決策をアドバイスしてくれました。ブログパーツとして天気予報を表示していたので時間がかかっていることがわかりました。

早速、天気予報のブログパーツをはずしましたら、無事解決しました。

しばらく、立ち上がりが悪くて、ご苦労かけました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。鹿鳴人

東京スカイツリータワー 朝の散歩

Cimg9839 Cimg9840

浅草では、2年ぶりにひらかれた三社祭がおわり、金環食がおわったところでした。商店街ではフラッグなどで歓迎ムードです。

Cimg9848_2 Cimg9863 Cimg9864

吾妻橋を渡ると、そこは墨田区です。すみだ観光まちびらき、のフラッグです。アサヒビールの本社近くからよく見えました。

7時前に、スカイツリータワーに着きましたが、朝8時開店のソラマチの入場を待つ人が行列されていました。

お土産を買いました。トウキョウサイダー、380円。重いお土産でした。

そしてお菓子、これは軽くて中の1枚ずつにもスカイツリータワーの写真がついていて好評でした。

Cimg9903 Cimg9905 

2012年5月26日 (土)

5.22東京スカイツリータワーへ

Cimg9803 Cimg9808 Cimg9809

5月22日東京スカイツリータワーがオープンしましたが、あいにくの雨で、上部が雲の中でした。ちょうど、浅草で仕事があり、合間に、東京スカイツリーのソラマチという商業施設を見学に出かけました。全般にかなり混み合っていました。「すみだで一番」というスカイツリータワーの先端の避雷針と同じという模型とともに記念撮影。翌日の新聞にはこの日20万人が入場ということことでした。今後ひとつのテーマパークとして多くの人々が訪れるのではないでしょうか。

Cimg9832 Cimg9834 Cimg9899

すぐそばの東武電車のもと業平橋駅、今は[とうきょうスカイツリー]駅で記念に切符を買いました。5月22日の日付が入っています。

翌朝23日は朝から良い天気でしたので、宿泊の浅草から約1.5キロ写真を撮りながら散歩しました。

Cimg9864 Cimg9897 Cimg9870

東の逆光でしたが、朝6時台で日差しがまだ強くありませんでしたので、やや暗く写っています。

2012年5月25日 (金)

6月、子鹿公開

Cimg9647 Cimg9648

5月半ばくらいから、奈良公園の鹿の赤ちゃんが生まれたというニュースが伝えられています。

奈良公園の鹿苑(ろくえん)では、6月1日から、子鹿公開されるそうです。

くわしくは、鹿の愛護会のhpをご覧ください。

http://naradeer.com/pr02.htm

2012年5月24日 (木)

♪チューリップ、にゃらまち

Cimg9655

いつもの野村さんご夫妻から、歌詞と絵が届きました。「チューリップ」です。

1番の歌詞は馴染み深いですが、2番3番は歌ったことがないように思いますが、あらためて歌ってみるのも良いと思います。

その野村さんご夫妻が6月奈良町で「にゃらまちねこ祭り」という猫好きのイベントをあちこちで行われるそうです。

Cimg9996

2012年5月23日 (水)

5.28業平忌

Cimg9656 Cimg9658 Cimg9657

在原業平は伊勢物語で有名ですが、在原業平ゆかりの奈良・不退寺では5月28日に業平忌がおこなわれるということです5月中、特別展をされているそうです。

Cimg9659

南都銀行本店ショーウィンドーで撮影。

2012年5月22日 (火)

會津八一と奈良

Scimg9747 Scimg9748

奈良県立図書情報館ではいま奈良県・新潟市歴史文化交流協定締結記念展がひらかれているということでしたので、訪ねてきました。(5月27日まで)

2階のホールにパネルや資料が展示されていました。

偶然、この日、財団法人會津八一記念館館長の 神林 恒道氏の記念講演「會津八一と奈良」をされており、後半部分を聞くことができました。

八一は奈良をコクアイした。「八一は奈良を酷愛した」という講師の結びの言葉が心に残りました。

奈良県立図書情報館のhpです。→

http://www.library.pref.nara.jp/index.html

2012年5月21日 (月)

金環蝕観察

21日朝から日がさしていたので、7時頃から、予定の屋上に上り、金環蝕観察をしました。

やや薄曇りながら、観察用メガネでよく見えました。

Pict0001 Pict0002 Pict0003 Pict0004 Pict0005 Pict0006 Pict0007 Pict0008 Pict0013

見事に金環蝕の撮影に成功しました。

ちょうど雲がかかりましたので、裸眼でも見ることができました。

Pict0009 Pict0011_2  Pict0012 

Pict0011

月が太陽の右上の方から左下の方へ抜けていくのがよくわかります。

近くの家でも先生ご夫妻もご覧になっていて、いろいろ解説していただきました。

クラッカーも試してみました。それぞれの穴にすべて日蝕が同じように写っていました。

Pict0014 Pict0015 

幸いにも、薄曇りながら、奈良でもよく見ることができました。

後日のこと、

日本との時差ありありとアメリカの友より金環食のメールの届く(毎日新聞やまと歌壇)

5.19唐招提寺梵網会へ

  奈良まほろばソムリエ友の会のNさんに、招待券をいただきましたので、5月19日はじめて唐招提寺の梵網会にいってきました。たいへん天気が良くて、車で出かけたら大渋滞になり、いつまで経っても唐招提寺のあの広い駐車場へ入れそうにありませんでした。幸い途中の友人の駐車場にとめさせていただくことができたのですが、やはり電車で行くべきところでした。(反省です)

Scimg9745 Scimg9744 Cimg9730

境内もたいへんな人出でした。

以下スナップ写真をとってきました。

Scimg9700 Scimg9706

Cimg9693 Scimg9734

講堂と鼓楼。金堂と講堂の間には舞台がつくられていていろいろ演じられた様子でした。

3時から鼓楼でうちわまきがおこなわれました。今は多くは抽選で当たるようでした。また1本1000円で買うこともできる様子でした。

ちょうどこの日、新聞にはかつての金堂の上に使われていた対の鴟尾は国宝に申請されたということでした。

Scimg9714 Scimg9713

鑑真和上のお墓の前のケイ花です。

Cimg9708 Scimg9726

この日は、唐招提寺の中興の祖といわれる、覚盛上人の像も公開されており、お参りすることができました。

蓮の鉢がたくさんならんでいました。ひとつには唐招提寺蓮と書かれていました。

Scimg9737 Cimg9725

↑会津八一の歌碑です。

おほてら の まろき はしら の つきかげ を つち に ふみ つつ もの を こそ おもへ

会津八一研究家の素空氏の解説です→解説

Scimg9723 Scimg9722

↑北原白秋の歌碑もありました。

Scimg9716

↑天平の甍 と書かれています。井上靖 の碑です。

Scimg9743 Scimg9729 Scimg9731

ハート型のうちわをもらうことができました。

2012年5月20日 (日)

薪御能と金環日食の準備

Pict0004 Cimg9660 Cimg9664

18日は、登大路園地で夕方から「薪御能」がありました。17時30分開始。とてもよく晴れ渡り、風もあり、さわやかな新緑にあふれとても良い雰囲気でした。中の席で1時間余り、宝生流の「加茂」を拝見しました。他の演目もあったのですが、日が暮れるとややうす寒くなってきましたので、失礼しました。(上左の写真は紹介の冊子から)

Pict0002 Pict0001 Pict0003

21日(月曜日)は金環日食。奈良では朝7時29分くらいから31分くらいまで見えるとか。

所望していたら家族が品切れの中、うまい具合に入荷した日食観察用のメガネを400円くらいで買ってきてくれました。見る場所も確認できました。試しに、デジタルカメラの前に、日食メガネをつけて普通の明るい太陽を撮ってみました。真ん中の写真です。あとは雲の具合だけが心配です。

2012年5月19日 (土)

6月けはれ竹工芸展・ギャラリーまつもりご案内

Scimg9645 Scimg9646

奈良もちいどのセンター街の器まつもりの2階にある「ギャラリーまつもり」は、奈良シルクロード博覧会があった1988年にオープンしました。いろいろなアーティストや作家の皆さんに発表いただき、すでに20数年になります。

そこで今回、大分在住の林まさみつさんの「けはれ竹の工芸展」を開催します。

日常の褻(け)と晴れの竹工芸ということです。

竹を中心に、漆や植物塗料(草木染)藤など、植物素材のみを使用されています。

したがって花籠・手提げバッグ・盛り皿は、使い込むほどに味わいを増すということです。

体や環境にやさしい箸やスプーンも合わせて展示いたします。

どうぞお気軽にお越しください。入場無料。即売もします。

6月1日(金)〜13日(水)まで。(7日は休廊になります)

電話0742-22-2037。http://homepage2.nifty.com/matsumori/

2012年5月18日 (金)

「鹿」の話題 3つ

奈良公園の鹿の鹿苑では今週、はじめて、鹿の赤ちゃんが生まれたというニュースでした。報道陣がたくさん詰めかける中、生まれたてで早速立ち上がり歩いていました。人間の赤ちゃんは立ち上がるのに、およそ1年ほどかかりますが、鹿は早いものです。

奈良鹿の愛護会のhp http://naradeer.com/

Cayg9raf

もうひとつ、かつて「白ちゃん」という頭に白い冠のように、白い毛が生えていた、一匹のメス鹿がいました。わたしも奈良公園でよく見かけました。その「白ちゃん」は交通事故で亡くなり、その子供の鹿もそのあと交通事故で亡くなったということです。

三条通りショッピングモールでは、その鹿の「白ちゃん」の着ぐるみをつくり、この13日デビューをはたしたということです。

画像を友人からもらいました

3つ目。 まんとくんの着ぐるみは五月連休、レキシで共演したそうです。 Ca0o12b0

2012年5月17日 (木)

薬師寺へ

いま薬師寺は東塔が解体修理のため、素屋根に包まれています。(5月12日撮影)素屋根だけで5億円かかっていると聞きました。ふたたび全体が完成するのは6年ほどかかるようです。

解体前の様子を見学できるそうです。奈良倶楽部通信さんのブログをご覧ください。(締切18日消印有効とのこと)

Cimg9635 Cimg9634

西塔が真向かいに立っています。

会津八一の歌碑です。すゐえんの あまつをとめが ころもでの ひまにもすめる あきのそらかな

会津八一研究家の素空氏の解説です。→解説

Cimg9637 Cimg9638

佐佐木信綱の歌碑です。かつて「の」がじつにたくさん入っている歌だと習いました。

Cimg9640 Cimg9639

玄奘三蔵院の平山郁夫画伯の大壁画も見ることができました。(春は6月30日まで。)

薬師寺のHPです。→薬師寺

2012年5月16日 (水)

topics.17日奥田なな子チェロ・リサイタル

Nanako

15日の朝日新聞で、17日奥田なな子チェロ・リサイタルを伝えています。

「ふるさと公演チェロの奥田は17日、いずみホールでリサイタルを開く。富田林市で生まれ育った28歳。8年間のドイツ留学から昨年帰国し、日本で活動を始めたばかりだ。

父は大阪センチュリー交響楽団の首席コントラバス奏者だった故奥田一夫。幼い頃は母、姉と一緒にバイオリンを弾い
たが、両親の勧めで10歳でチェロに転向した。

音楽に真剣に向き合うようになったのは、東京芸術大学付属高校を経て留学してから。「窓の外をリスが走り回る豊か
な自然の中で、初めて音楽にインスピレーションがわいた。東京の狭いアパートでバッハを弾いても、しっくりこなかっ
たんです」

大好きなドイツ音楽に打ち込む充実の留学生活だったが、2010年に父が事故で亡くなり、「家族の近くにいたい」
と帰国を決めた。兵庫芸術文化センター弦楽団のメンバーとなり、ソロや室内楽にも意欲的だ。

のびやかな音色が持ち味。リサイタルではベートーベン「魔笛の主題による12の変奏曲」、ブラームスのソナタ第2番、
プロコフィエフのソナタを演奏する。「父の節目ごとのリサイタルや追悼コンサートが開かれたいずみホールには、家族の思い出が詰まっている。そこで私も弾けることが本当にうれしい」
ピアノは山口博明。午後7時開演、25 0 0 円。問い合わせは日本演奏連盟( 03・3539 ・5131) へ。
家族の思い出多い会場 チェロ・奥田なな子」

友の娘(こ)のチェロリサイタルの音響く 思い出多きいずみホールに

奈良をご案内、代表的コースへ

Cimg9605 Cimg9614 Cimg9617

遠来のお客様に奈良をご案内しました。ご家族連れで、修学旅行以来実に40年ぶり以上だったり、初めてということでしたので、代表的なところに出かけました。

初日は、すでに夕方4時でしたので東大寺大仏殿へ(今の時期は朝は7時半から夕方5時30分まで拝観することができます。ピークの時間がすぎていたのでゆっくりと東南の方角から写真を撮れました)。そして鹿せんべいをあげて、手向山八幡宮から三月堂、そして二月堂へ参拝。西の空はやや逆光で眩しい中、奈良の町や生駒山、金剛山を遠望。

さらに若草山麓から春日大社へ。春日の森は鬱蒼と茂っています。閉門間際の6時までに、本殿を参拝することができました。砂ズリの藤はことしは遅く咲き、わりあい早めに終わったそうです。やや短くなった藤を拝見しました。

2日目は、早朝、宿泊先から自分たちで奈良公園散歩そして興福寺へ参拝してもらいました。(登大路ホテルでは、散歩に出かけるというと、鹿せんべいとペットボトルの水をもらったそうです。さすがのおもてなしです)9時開館の興福寺国宝館では阿修羅像も見ることができてとても良かったそうです。

そしていっしょに平城宮跡の歴史館へ。ゆっくりと3つの映像を拝見できました。わたしも昨年7月以来の入館でした。遣唐使船も喜ばれました。そして朱雀門を見学。時間の都合で大極殿はぐるりと車からの見学。平城宮跡の広さにびっくりされていました。

Cimg9626 Cimg9632

そして薬師寺へ。そして昼食。

この春から、昼間は西ノ京駅に京都行き特急が止まるようになったということで、西ノ京駅から京都へ、そして新幹線で帰っていただきました。

感想のメールをいただきました。

「奈良をたくさん学べてとても楽しかったです。

遣唐使、阿倍仲麻呂など、丸暗記して点で覚えていた単語が、今回色々な歴史を改めて学び、ひとつの線に繋がったような気がしました。

特に父は、「教科書でみていたものが実物として目の前にあってうれしい」と何回も繰り返し、とても喜んでいました。」

まず代表的なコースでしたが、夕刻の奈良公園、早朝の奈良公園はとても気持ちの良いものでした。そして案内をして、あらためて奈良の素晴らしさを感じることでした。

2012年5月15日 (火)

ムジークフェストなら 2012

Pict0003 Pict0004

来月の6月14日(木)から24日(日)11日間にわたり、奈良の魅力と新しい音楽祭が街中でひびきあう、ムジークフェストなら2012がひらかれるそうです。

近鉄奈良駅の大宮通周辺では広告が立ちならんでいます。

Cimg0006

世界遺産の寺社をはじめ1300年の歴史がステージになる60を超えるコンサートがひらかれるとのこと。

くわしくは、「ムジークフェストなら」 のhp→http://www.naraken.com/musik/

をごらんください。

2012年5月14日 (月)

タウンマネージャー募集

奈良市中心市街地活性化協議会ならびに株式会社まちづくり奈良では、タウンマネージャーの募集をはじめました。

〔募集期間〕
平成24 年5 月10 日(木)~6 月11 日(月)必着
〔着任日〕
平成24 年7月17 日(火)予定

業務内容
○株式会社まちづくり奈良が実施する奈良市中心市街地活性化のための事業の推進
及び新規事業の企画・立案
〔具体的業務〕
(1) 奈良市中心市街地活性化の為の企画・立案、各種相談・情報提供の実施
(2) タウンマネジメントやエリアマネジメント体制の整備
(3) 各種研修・セミナー等の企画・運営及び講師等の選定
(4) 地域経済情報・企業情報の収集と発信業務
(5) 空き店舗活用のための課題抽出と活用策の検討・具体化及び事業者の誘致
(6) 起業家への各種支援制度、補助金申請等の各種施策コーディネート業務
(7)起業家に関する相談業務
(8)上記に関する事務的・総括的業務

<応募方法>
持参または郵送。平成24 年6 月11 日(月)必着。
奈良市中心市街地活性化協議会タウンマネージャー公募係担当宛
<提出書類>
(1) 履歴書手書きで作成して下さい。写真(3 ヶ月以内に撮影したもので、縦4×横3 センチ)
(2) 職務経歴書
(3) レポートテーマ「奈良市中心市街地活性化に向けて私が出来ること、やりたいこと」
(文字数:4百字詰めで5枚以内)
<受付期間>
平成24 年5 月10 日~平成24 年6 月11 日(受付/締切期限厳守)
<受付時間>
持参の場合は、午前9 時から午後5 時15 分まで(事前連絡が必要です)
なお、郵送の場合は、平成24 年6 月11 日必着とし、封筒の表面に「タウンマネージャー申込書在中」と朱書きし、「簡易書留郵便」で郵送してください。
1 次審査の結果を6 月18 日までにお知らせ致します。
1 次審査合格の方には2 次審査を平成24 年6 月25 日(予定)に商工会議所で行います。

くわしくはHPをご覧ください。→http://machinara.sakura.ne.jp/oshirase/boshuu.pdf

どうぞご応募いただき、素晴らしい方のご着任を期待しています。

2012年5月13日 (日)

この世で一番小さなもの

奈良女子大学http://www.nara-wu.ac.jp/の学長の野口誠之先生のお話を聴く機会がありました。物理学を文科系の経営者の皆さんにわかるように、ということでした。

一番小さなものは、陽子と中性子などであるということです。それに湯川博士の核力という考え方がくわえられたということでした。

アインシュタインの相対性理論。ハドロンという人のクオーク模型。

1円玉と太陽系という大きさの違い。高エネルギー物理学。

宇宙は大きくなった(ハッブル)。ビッグバン。

光学顕微鏡、電子顕微鏡、そして粒子加速器などによって小さなものが見られるが、小さなものを見るためには大きな装置が必要であるということでした。

小さなものを追求していくことは、大きなもの一番大きな宇宙を追求していくことであり、また大きなものを追求することはひいてはとても小さなものを追求することにつながる、両極端は一致する、ということでした。

Images

図のように、「ウロボウスの蛇」のようになるということでした。

うまく再現できませんが、日頃全く断片的な知識しかない物理学がすこしつながっていくようなお話でした。

以下はうまくまとめられた要旨です。

今日は私の専門の素粒子物理学のお話をいたします。この世は何からできているのかということに興味がありました。三つのことについて話をします。一番小さなものを求めて、これは素粒子物理学です。小さな世界を見るというのはどういうことか、そして、極大と極小の出会いのお話です。

水を見ますと、まず分子があり、そして原子があり、その中に原子核というものがあります。その周りを電子がまわっています。その原子核をよくよく見ますと更に粒になっています。陽子とか中性子というものです。原子は大体100個くらいです。原子核も100種類くらいです。原子核が変わらない限り原子は変わらないということが、錬金術は不可能であることを証明しました。電子をいじっても物質は変わりません。この世のすべての物質は陽子と中性子が原子核でその周りを電子がまわっている、つまり三つの物質でできていると説明できます。    

この、物質のもとになるものを素粒子と言います。陽子は電気を持っていて中性子は電気を持っていません。ところがこの二つは非常に固く結びついています。電磁気学では電気のないものは結び付かない、どうしてこの二つが固く結びついているかが、長い間の疑問でした。この答えを出したのが湯川秀樹先生で、陽子と中性子の間には新しい力が働いている、中間子というものを発明発見しました。 これで5個の物質で森羅万象が説明できることになりました。

ところが、陽子と陽子をぶつけると新しいものが出来てくる、新しい素粒子が続々とできてきました。100個くらい出てきて、もうこれは素粒子ではない、ということでハドロンという名前を付けました。 次に出てきたのがゲルマンという先生がハドロンの更に中にある粒子、クォークという理論を出しました。

日本の益川先生小林先生は、クォークが6個ないといけないという理論を出され、ノーベル賞を受賞されました。クォークは、陽子と中性子の中にあるものです。

次に小さなものを見るにはというお話をします。

素粒子の世界はとてつもなく小さい世界です。それをどうして見ること知ることが出来るかという問題があります。小さいものは光学顕微鏡で見ますが、顕微鏡は光の波長より小さいものは見えなくなりますので、次には電子顕微鏡が登場しました。電子も波であるから可能になったものです。そして電子に磁場や電場がありますので電子顕微鏡が可能になりました。電子顕微鏡をどんどん大きくすると周囲三キロの大きさの粒子加速器という「顕微鏡」になります。最先端のあらゆる技術を使います。小さいものを見るには大きな装置がいるということです。

最後に極小と極大、素粒子と宇宙の話です。ハッブルという人が宇宙はどんどん大きくなっているということを示しました。遠くの銀河がどんどん遠ざかっていることから。137億年前、宇宙は大爆発を起こし、それからどんどん膨張しているということです。

素粒子を研究する人たちは小さいところに大きなエネルギーを集中しますから、極小の世界から極大の世界がわかってきました。今では天文学と物理学の根が同じであることがわかってきています。現在の宇宙物理学は素粒子物理学の知識がないと研究できません。両極端は一致するということです。1970年代のことです。星はなぜ光っているか、それは核融合の結果であることがわかってきたのです。 ご清聴ありがとうございました。

2012年5月12日 (土)

四日市ー瀬戸ー多治見

Info_img2012042301

四日市ー瀬戸ー多治見とタイトルを読んで、どういうところであるかすぐ推察出来る方はすばらしい。それらはいずれも陶器の産地です。

仲間の人といっしょに全国の陶器やギフトの協同組合、趣味の百撰会の仕事としての出張にいってきました。

朝8時前に近鉄電車の特急をのりついで、西大寺、八木、津で乗り換えて、10時前には三重県四日市に到着。

道中、桜井から名張へ車窓からの新緑は美しく、田んぼにも水が張られ早くも田植えがすませられていました。奈良の奥の良さを感じる桜井、宇陀、室生寺大野などを通りました。

四日市は昔から万古焼(ばんこやき)の産地です。戦後輸出が盛んで、石炭による陶器の窯が黒い煙を吐いていたということでした。(今はきれいな煙ということです)四日市の陶器の会社を3社訪問、車で四日市のまちの界隈を昼ご飯場所をさがして巡回。ふたつの川べりも連れていってもらいました。かつて30年ほど前でしょうか、駅裏といわれた高校跡地あたりはいまは見違えるようになっていました。四日市では12,13日万古まつりとのポスターも拝見。時間の都合で今回はあわただしい訪問でしたが四日市は友人たちにも会いたいし、もっとゆっくりと行きたい町です。

四日市から近鉄特急で名古屋で乗り換え、地下鉄東山線で藤が丘駅へ。愛知万博をはさんで、藤が丘の駅のあたりもすっかり郊外の都会になりました。

瀬戸焼の産地を訪問。瀬戸焼、赤津焼などで有名です。名鉄尾張瀬戸駅あたりも、川をはさんですっかり道もきれいになっています。4社訪問して、定光寺から川沿いを多治見市へ。

多治見市は熊谷とならんで「日本で一番暑い町」のひとつでも有名です。昔からの陶器の産地であるとともに、名古屋のベッドタウンであり、自動車関連などの会社も増えています。

それぞれの陶器の産地のますますのご発展を願っています。

2012年5月11日 (金)

テレビ「遠くへ行きたい」宮本亜門の奈良の旅

遠くへ行きたいという歌は好きな歌です。今も日曜日の朝、「遠くへ行きたい」というテレビ番組は続いています。

友人からの連絡によると、この13日(日曜日)朝7時30分から8時まで、読売テレビ(日本テレビ)系列で

「遠くへ行きたい」〜宮本亜門の奈良の旅・古事記を片手に歩いてみれば〜

という番組があるそうです。

古事記で有名な稗田阿礼の売太(めた)神社もでてくるようです。

録画してでもご覧いただいたらと思います。

番組hp→http://www.ytv.co.jp/tohku/

http://www.to-ku.com/midokoro/thisweek.htm

「日々ほぼ好日」のブログのtetsudaさんがさらにくわしく紹介されています。コメントいただきました。

「良い情報を有難うございます。早速、拙ブログで紹介させていただきました!

http://blog.goo.ne.jp/tetsuda_n/e/8b94f556c512d2cd3c99d29237a651cc

2012年5月10日 (木)

6.30-7.1演劇「采女物語 安積の春姫」

Cimg0002 Cimg0001

采女(うねめ)祭りは、奈良では、中秋の名月の猿沢池の采女祭が有名です。(今年は9月30日日曜日)

また東北の福島の郡山では、8月に盛大に毎年采女祭りが行われています。

そのふたつの采女祭を結んで、劇団高円(たかまど)が、「采女物語 安積の春姫 字幕付き」という演劇を上演されます。

6月30日土曜日の夕方、18時開演(17時開場)

7月1日日曜日の午後、15時開演(14時開場)

いずれも「なら100年会館 大ホール」です。

現在、稽古に励んでおられる様子です。

そして、いよいよチケット販売が開始されました。わたしもプロデューサーのK氏とは長いお付き合いですので、チケットを預かっております。

前売券 大人1800円(当日は2000円)。チケット1枚につき100円の復興義援金にあてられます。

また会社などでは一口1万円の協賛というのもあります。

劇団高円のhp→http://web1.kcn.jp/gekidan-takamado/yotei.htmlでくわしく案内されていますので、ご覧ください。市民劇団の演劇をぜひ成功させたいものです。

チケットご入用の方は、器まつもりhttp://homepage2.nifty.com/matsumori/でも販売していますのでどうぞよろしくお願いします。

2012年5月 9日 (水)

唐招提寺の梵網会

唐招提寺では、中興の覚盛上人を偲んで、毎年5月19日に鼓楼での梵網会「うちわまき」がおこなわれます。

南都銀行本店のウィンドーに、各界の方の書かれたうちわが展示されています。

Cimg9894 Cimg9895

Cimg9896 Cimg9897

当日は今まで拝見したことはありませんので、一度実際に見に行きたいと思っています。5月19日だそうです。

2012年5月 8日 (火)

薪御能(たきぎおのう)

ことしは5月18(金)-19日(土)に薪御能がひらかれるということで、南都銀行本店のショーウィンドーにはきらびやかな装束が展示されていました。

Pict0001 Pict0002

くわしくは以下のHPをご覧ください。

http://narashikanko.or.jp/takiginou.html

2012年5月 7日 (月)

山の辺の道(柳本から桜井へ)

こどもの日は久々に朝から良い天気。36キロ挑戦した話とか、すてきな喫茶店を紹介された話とか、いろいろなヒントがあり、五月晴れで天気も良いようだし、前から行きたいと思っていた、山の辺の道にふと思い立って行ってきました。2名の同伴者の連れ出しにも成功して。

Cimg9941 Cimg9939 Cimg9942

万葉まほろば線(JR桜井線)柳本駅に下車。黒塚古墳からつつじが今盛りの長岳寺へ。有名な地獄絵は秋のみ特別公開の様子でした。まほろばソムリエ合格証ではじめて無料拝観しました(同伴者は無論有料。ひとり350円)

Cimg9949 Cimg9959 Cimg9961

トレイルセンター青垣で資料などをもらい、大きな崇神天皇陵(行燈山古墳)の横を通って、山の辺の道を一路南へ。櫛山古墳(双方中円墳として有名)や景行天皇陵(渋谷向山古墳)を通り、東に龍王山(先日同級生の友人たちが登ってさらに長谷寺まで歩いたと言います)をながめ、西には金剛山、葛城山、二上山をながめての田園地帯の散策でした。

出会う人たちが多くて、桜井方面から北に向かう人たちの方が多いように思いました。

Cimg9963 Cimg9965 Cimg9974

穴師から車谷へと歩き、ようやく三輪山の陰に入り汗ばんだ身体にややひんやりと気持ちよく、桧原神社への道。

Cimg9981 Cimg9982

脇道のひもろぎの地を参拝。

Cimg9985 Cimg9986

桧原神社に到着。境内わきの木陰で昼のお弁当を食べる人もたくさんおられました。

Cimg9988 Cimg9987 Cimg9989

小林秀雄さんの字「山邊道」。右は、玄賓庵。

Cimg9990 Cimg9991

先日訪れた神武天皇の石碑も訪れました。

狭井神社は三輪山の登山入口で人も多く、大神神社にお参りするとちょうど祝日ゆえか、たいへんな人波でした。さらに一路桜井へ。案内表示がよくわからず、すこし山の辺の道から外れてしまって、一路南へ。最終目的地の桜井駅北口近くのkozaさんご紹介の喫茶マジック×マレット(5月5日のブログでご紹介)へ無事到着。冷たいアイスコーヒーとケーキのセットで同伴の方々にもご満足を得ました。kozaさんご紹介ありがとうございました。

Cimg9994 Cimg9995

駅3つ分、約8キロあまり、所要4時間(昼食・拝観込み)の久々のウォークでした。昨年から断片的に訪れた山の辺の道がすこしつながりました。

参考MAP

http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/pdf/nara09.pdf

2012年5月 6日 (日)

東大寺知足院、講堂跡あたり。「解脱上人、貞慶展」

Cimg9923 Cimg9924 Cimg9926

東大寺の知足院は、奈良八重桜で有名なところです。大正時代に八重桜を見つけられたそうです。ようやく初めて尋ねました。あまり案内の表示はされていないように思います。新若草山ドライブウェイ入口の南あたりに知足院の入口がありました。

Cimg9925 Cimg9931

少し遅かったのか、残念ながらナラノヤエサクラは見つけることができませんでした。

が途中、奈良国立博物館の「解脱上人、貞慶展」を見たり、大仏殿北あたりの講堂跡や裏山の新緑やフジそして鹿をみることができ、良い散歩になりました。

Cimg9905 Cimg9910 Cimg9906

Cimg9913 Cimg9901

2012年5月 5日 (土)

十輪院と「大和地蔵十福」

Cimg9881

連休に友人と久しぶりに、十輪院をたずねました。静かにまちなかに佇んでいます。

国宝の本堂を拝観し、重要文化財の石仏龕を拝観しました。説明をうけながら、くわしく拝観することができました。

最近新聞でも話題なっていた、大和地蔵十福の綺麗な冊子も手に入れることができました。

(500円、以下の写真は同書から)

Cimg9882 Cimg9883

十輪院のhpの中に、くわしい説明が書かれています。→

http://www.jurin-in.com/topics20110608.html

また同じタイミングで、「日々ほぼ好日」ブログにもtetsudaさんがくわしくレポートされています→日々ほぼ好日

2012年5月 4日 (金)

topics.被災地支援の動画です。

わたしの家族に、友人からメールが届きましたので紹介させていただきます。

8分間の心温まる動画の話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の友人が中心になって豊岡市で実施された被災地支援の1年を動画にまとめ日本財団の「3・11ドキュメンタリー動画部門」(8分)にアップされました。
コーラスは地元「日高女声合唱団」皆さんで、支援の中味ともどもすべてど素人による手づくりです。
一次審査突破には再生回数も考慮され、最終審査で大林宣彦監督ほかで行われます

皆さんの力(再生回数)で「一次審査」突破のご協力をお願いします!
もちろん賞金はボランティア活動に使用するそうです。

動画再生回数アップに協力させていただこうと思い、私のblog記事にしました。
記事の動画をクリックして再生にご協力下さい。

伊佐屋三木のblog記事は ↓

http://izayamiki.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-9ede.html

奈良町からくりおもちゃ館へ

Cimg9885  Cimg9890 Cimg9884

左、奈良町からくりおもちゃ館・右隣が鎮宅霊符神社です。

ならまちの陰陽町の古民家が奈良市に寄付され、その古民家を活用した施設ということで、この連休に開館しました。

奈良大学の鎌田名誉教授が理事長を務めるNPO法人「からくりおもちゃ塾奈良町」が運営に当たられるそうです。

ぶらり拝見してきました。なかなかおもしろい原理をつかったおもちゃを実際に確かめることができます。

旧知の奈良大学の安田真紀子先生にも会うことができました。館長をつとめておられます。

Cimg9922 Cimg9888

Cimg9886 Cimg9887_2

奈良市の紹介のhpです。→紹介hp

場所は、餅飯殿通りを南へ下御門商店街の先のならまち大通りを横切ってさらに南へ高御門町を右に曲がると陰陽町です。周辺の地図です。→地図

からくりの江戸や明治のおもちゃ館いま奈良町の民家にオープン   重博

2012年5月 3日 (木)

矢田山のラジオ体操10年

Cimg9871 Cimg9870 Cimg9872

大和郡山市の矢田山の住宅地では、毎朝7時からみんなの体操(そしてラジオ体操の1か2)を50人から80人の人々が集まってされているということです。

友人のUさんと先日一緒に懇親会で飲んだ時に、それでは一度見学に行こうということになりました。早速、早朝友人と共に見学にいってきました。

始まる30分以上前からリーダーの人たちはグラウンドの草を引いたりゴミを拾ったりしてグランドの整備されていました。

(もうすぐフェンスに朝顔の種が蒔かれるそうです)

開始の7時前になると続々と人ヾが集まられ、ノートに出席のハンコを押してもらい、カセットテープと共に10分間ほど、体操が行われました。私もいっしょに体操に参加しました。

ちょうど小さな男の子が人ヾの間を歩き回り、私のところにも来てくれました。聞けば1才半ということでした。

雨の日はすぐそばの体育館でされるそうで、1年の365日のうち、年末年始などをのぞいた雨の日も風の日も355日はされているということでした。しかもすでに10年以上続いているということです。とてもマネできませんが、敬服する次第です。

Pict0005

わたしも出席カードのその日にハンコ一つもらいました。http://www.rajio-taiso.jp/kaijou/29.html

2012年5月 2日 (水)

株式会社 まちづくり奈良のhp

この4月から本格的に活動をはじめました、株式会社まちづくり奈良ですが、HPができました。

講習会にいきながらの初挑戦のS君の力作です。

今後、内容をさらに深めていく予定にしておりますので、よろしくお願いします。

株式会社まちづくり奈良のHPです。→http://machinara.sakura.ne.jp/

2012年5月 1日 (火)

もちいどのセンター街の鯉のぼり

Cimg9847 Cimg9848 Cimg9849

五月になりました。皐月。こいの吹流し。

三条通から一歩、もちいどのセンターがに入ると、鯉のぼりの装飾が泳いでいます。

誰かが「屋根よりヒクイー鯉のぼり・・・・」と形容していましたがうまいこというものですね。

ごゆっくり、もちいどのセンター街でお過ごしください。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31