フォト
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

浅草文化観光センターと奈良まほろば館へ

Cimg9763 Cimg9765 Cimg9813

4月末に仕事で東京に出かけました。終わって浅草の浅草寺の雷門あたりを歩いたら、長らく工事されていた「浅草文化観光センター」が出来上がっていました。つい4月20日にオープンしたそうです。外見も変わった建物です。7階までエレベーターであがると、とても良い展望室になっています。

Cimg9768 Cimg9771 Cimg9774

5月22日オープンするスカイツリータワー。眼下には雷門から浅草寺本堂への仲見世が続きます。

東京メトロに乗って、三越前の奈良まほろば館にもひさしぶり訪れました。喫茶コーナーで休息。売り物コーナーですこし買い物。展示コーナーでは霊山寺のパネル紹介などされていました。

Cimg9821

2012年4月29日 (日)

三条通のハナミズキ

Cimg9842  Cimg9846 Cimg9841

今年は暦の並びが良いという、ゴールデンウィークが始まりました。

三条通のハナミズキも白とピンクの花ビラがきれいになってきました。大きな花が咲いたように見えます。つい2、3週間ほど前に満開であった桜は緑濃く繁ってきました。

桜よりハナミズキへと花変わり三条通り今は新緑(毎日新聞やまと歌壇)

Cimg9845 Cimg9843 Cimg9844

興福寺の北円堂の特別公開もはじまり、奈良国立博物館の解脱上人、貞慶特別展も好評です。どうぞ奈良へお越しください。

2012年4月28日 (土)

八重桜

Cimg9835 Cimg9833 Cimg9834

今あちこちで八重桜がきれいに咲いています。26日奈良ホテルで撮りました。

奈良県の県の花のひとつは、八重桜ということです。

奈良の魅力映像BOXで説明を見ることができます。

http://www.miryoku.pref.nara.jp/play.php?seq=1081&type=56

奈良検定ソムリエ受検ー参考までに 5

そのほかおすすめしたいhpやブログです。

○奈良市観光協会のhp

http://narashikanko.or.jp/index.php

○奈良の寺社というブログもまとまっています。

http://narajisya.blog.eonet.jp/mahoroba/

○奈良の名所・旧跡というブログ

http://blog.goo.ne.jp/fineblue7966

○奈良観光

http://urano.org/kankou/

○奈良県観光情報 大和路アーカイブ

http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/

歩くといっても、すべてを歩くことは時間的にもむつかしいですから、このようなhpやブログを拝見するのもとてもよいと思いました。

そして何より、楽しんでまほろばソムリエを目指すのが良いと思いました。

参考になれば幸いです。(おわり)

2012年4月27日 (金)

奈良検定ソムリエ受検ー参考までに 4

実際に行くことと、本だけでなく、いろいろなブログやhpなどを見るのもとても参考になりました。

tetsudaさんの日々ほぼ好日

http://blog.goo.ne.jp/tetsuda_n

kozaさんのブログ、大和・桜井の歴史と社会。季節に合わせてゆっくり歩く

かぎろひさんのかぎろひNOW

http://kagiroi.narasaku.jp/

以上3人の方のブログはたいへん参考になりました。お礼申し上げます。そして今も拝読しています。

2012年4月26日 (木)

奈良検定ソムリエ受験ー参考までに 3

奈良のあちこちを歩くことですが、ある程度行く方面は分類することができると思います。

御所、五條は奈良市から遠く、今まで行く機会がありませんでしたので、車で1日かけて出かけました。

仏隆寺・宇陀の方面も1日かけていきました。

明日香は、ちょうど、キトラ古墳の修理を見に行く機会に、電動自転車で3人で1日中走りまわりました。その後も万葉文化館、奈良文化財研究所の資料館、藤原京の資料館など、できるだけ展示を見に行きました。

橿原考古学研究所、桜井埋蔵文化財研究所、などは何度か中南部へ行く機会を見つけて訪れました。

奈良国立博物館、奈良市写真美術館、奈良県立美術館、なども展示のあるごとに。

古墳の問題がよく出てきますが、すべてを覚えることはなかなかできません。藤ノ木古墳や生駒から平群の古墳群を訪ねました。

また西山古墳、黒塚古墳から纒向古墳群、茶臼山古墳、天理から桜井方面の古墳。そしてお寺、神社、山辺の道。

二上山博物館の香芝から大和高田市、馬見丘陵、など。

そして奈良市内の御陵など。

東大寺、興福寺、元興寺、般若寺、大安寺、福智院、十輪院、伝香寺、興福院、不退寺、海龍王寺、法華寺、西大寺、薬師寺、唐招提寺、霊山寺、柳生方面の円成寺、芳徳寺など。

春日大社、漢国神社、率川神社、頭塔など。お祭りや行事などもかねて見るのが良いと思います。

斑鳩方面、法隆寺、中宮寺、法起寺、法輪寺、龍田神社など。

生駒方面、宝山寺、長弓寺、生駒神社。など。

大和郡山、安堵、田原本、河合町、広陵町方面。

吉野川、吉野山、下市、天川村、大峰山方面。

行った先々では看板類などをよく読むようにしましたし、いただくパンフレット、カタログなども勉強になりました。

また、東京国立博物館、京都国立博物館も豊富な展示で参考になりました。

行った先々は、ほとんどブログにアップしましたので参考にしてみてください。写真やブログにまとめるため、もらってきた資料や本などをひっくり返して文に書くのも良かったようです。何しろ、200字や400字の文で答える問題がソムリエの場合必ず出ますから。

11月の支援セミナーに出席してからは、400字詰め原稿用紙で、「実際に手で鉛筆で書く」、ということも必要に思いました。

2012年4月25日 (水)

奈良検定ソムリエ受検ー参考までに 2

Cimg9122   

ソムリエの公式テキストブックは、2級1級の受験の際に何度も読んでいると思います。

ソムリエ受験の4択は、相当広い、深い、あるいは重箱の隅のような問題が出ているように思います。したがって、公式テキストブックだけでなく、幅広い勉強が必要かと思います。

わたしが買って読んだ本の主なる本は以下のとおりです。

○6年間使った、奈良まほろばソムリエ検定公式テキストブック。

○過去の問題の問題集。・・・ネットでも掲載されています。

http://seasonflower.net/NR/index.html

○山川出版社 奈良県の歴史・・・一部の時代に偏っているともいわれている。

○山川出版社 奈良県の歴史散歩 上、下。・・・公式ブックよりわかりやすい。(ただし東大寺三月堂の北と南部分の奈良時代と鎌倉時代がまちがったままになっていた。)

○山川出版社、奈良県の100年。・・・明治以降。

奈良新聞社、ひとあじちがう歴史地理探訪「大和を歩く」  古書店で見つけました。・・・これは線で書いてあっておもしろい本でした。

Cimg9128

○学生社、伊達宗泰著、大和・飛鳥考古学散歩・・・古墳がよく書かれています

Cimg9130_2

○草思社、青山茂著、奈良の街道筋、上、下。古書店で見つけました。・・・すこし前の本ですが、おもしろい本でした。

Cimg9125

○淡交社、田中真人写真と文、奈良大和路の年中行事

・・・読んでも、実際の問題では間違ったのですが。

○NHK出版、来村多加史著、奈良時代一周 まほろばを歩く・・・NHKテレビの45日間はおもしろい番組でした。

○月刊誌ならら。

○2万5千分の1の地図、15種類。・・・実際に行ったところや上街道など南北の道、横大路の東西の道など線をいれるとわかりやすく思いました。

Cimg9213 Cimg9214 Cimg9215

その他いろいろです。

また日頃、奈良のことをとりあげた記事はあちこちにあるものです。

月刊ならら、よみっこ、奈良新聞、日経新聞、毎日新聞やいろいろな新聞のちょっとした記事をこころがけて読むことが良いと思います。

もっともすべて覚えられるわけではありませんし、また忘れるものですがどこか記憶に残るところもあると思います。

2012年4月24日 (火)

奈良検定ソムリエ受検ー参考までに 1

Cimg9122

首からぶら下げる顔写真入りの「まほろばソムリエ合格証」が送られてきました。県内の社寺の多くに、どなたかと一緒なら本人の拝観料などは無料になるという特典です。

覚えている間に、わたしの奈良検定ソムリエ受検での参考になったことをメモします。(写真は最初の奈良まほろばソムリエ検定公式テキストブックです、重いので自宅と職場の2冊買いました)

1級を合格してソムリエを受けると決めたらその日がスタートと思って、こまめにすこしずつ勉強するのが大事だと思います。

そして、とにかく現地に行くこと。一度見たところも何度でも行ったら良いと思います。

私が住んでいる奈良市から遠いところは、たとえば明日香で何か催しがあった時まとめていくとか必要でしたが、自分の住んでいる近くは、合間合間に時間を見つけていくことを心がけるのが良いと思います。

奈良を楽しんで見る、遊ぶ、そして先日聞いたように「奈良を感じる」ことが大切だと思います。

来村先生の体験学習では、あるところを訪ねたら、帰り際にもういちど振り返ることが大切といっておられました。明日香を見学に同道した際は、いろいろ狭い道、歩く道を案内いただきました。

高橋誠一先生は、2万5千分の1の地図を読む、「読図」を進めておられました。わたしも小西通りの啓林堂ビブレ店で東西3枚、柳生、奈良、生駒の幅で吉野まで合計15枚買い求めました。地理感がたいせつだと思います。点をつないで線をつなぎ、そして面として捉えることが必要かと思いました。

2012年4月23日 (月)

山陵(みささぎ)町の八幡神社へ

Pict0005 Pict0006 Pict0007

神功皇后陵のあと、近鉄平城駅すぐそばの山陵町の八幡神社を参拝しました。

Pict0004 Pict0003 Pict0002 

最近、神社を参拝すると、どなたをお祀りしてあるのかを拝見するようになりました。

山陵町の八幡神社のちょうど北には、神功皇后陵があります。またこの八幡神社では神功皇后もお祀りしてあることがわかりました。

2012年4月22日 (日)

神功皇后陵へ

Cimg8745_3   Cimg8743_2 Cimg8746_2

しばらく前、梅が満開の頃に、佐紀古墳群の一番北西にある神功皇后陵へいきました。仲哀天皇皇后と書かれています。

薬師寺には神功皇后の像があるそうです。

Cimg8740_2 Cimg8747

古事記の仲哀天皇の系図に「大后、新羅を伐つ」と書かれています。

2012年4月21日 (土)

横浜ランドマークタワー

Cimg9172 Cimg9178 Cimg9179

鎌倉から横浜へバスで移動、横浜ランドマークタワーという現在日本で一番高い(296m)というビルの68階のレストランからの風景です。

近くの高層ビルが足下に見えます。

また屋上のHのマークはヘリコプター用ということは知っていましたが、Rというマークは、レスキュー隊用ということを初めて知りました。

晴れているとはるか富士山も見えるということでした。

横浜ランドマークタワーの施設紹介です→http://www.yokohama-landmark.jp/web/guidance/

2012年4月20日 (金)

鎌倉へ、鶴岡八幡宮へ参拝

Cimg9148 Cimg9149 Cimg9152

(本殿参拝)(右が宮司様)

Cimg9155 Cimg9171 Cimg9157

(左は舞殿)

鎌倉市と京都市と奈良市は、古都保存法のつながりでロータリークラブでは今もお付き合いしています。昭和30年頃、鎌倉市を囲む山が住宅開発によって、自然が壊されそうになった時、鎌倉の作家や文化人、大佛次郎氏などが中心になられて、古都保存法が成立し、またその後保存会などが山林などを買い入れることで、現在の景観が保たれているそうです。

そういうことで今年は京都と奈良のメンバーが、鎌倉市を訪問する順番の年で機会がありましたので、参加してきました。

ふだんはなかなか上がれないそうですが、本殿の上段におまいりし、そちらで神官と巫女さんによる、祝詞奏上や御祓いなど特別祈祷を受けました。

鶴岡八幡宮の広い境内を散策し、また宮司さんからお話をうかがいました。

「鶴岡八幡宮の由来。年間のお参りが1700万人と神社で日本一であること。一昨年三月の真夜中に倒れたイチョウの大木とその後芽がでてきたこと、東大寺と鶴岡八幡宮がいっしょになって東日本大震災の復興支援を念じて神仏合同で法要をしていること。今度は東大寺大仏殿で行うこと」などお話されていました。

鶴岡八幡宮のhpです。→http://www.hachimangu.or.jp/

又ちょうど境内のぼたん庭園が今盛りでしたので拝見してきました。地植えで満開でとてもよい薫りが広がっていました。雨を避けるためでしょうか、夜露対策なのでしょうか、牡丹に番傘を差してあるところもなかなか風情がありました。

Cimg9158 Cimg9165 Cimg9167 Cimg9168 Cimg9161

以前にも北鎌倉駅辺りから鎌倉駅まで散策したこともあるのですが、あらためてもっとゆっくり鎌倉のまちを訪問したいと思ったことです。

2012年4月19日 (木)

柳生の桜

Cimg9199 Cimg9201 Cimg9202 Cimg9203 Cimg9208

奈良公園あたりの桜はずいぶん花びらが舞い緑を濃くしてきました。

吉野山も今盛りのようで、吉野から奈良市内に戻られて当店でお買い物されたお客様も、吉野はたいへんな人出でロープウェイに乗るのもたいへんでしたといっておられました。

そんな折、ちょうど柳生へ出かける機会がありましたので写真を撮ってきました。奈良市の東部山間部の、奈良市の水ガメのひとつである須川貯水池あたりの桜は今満開でした。高度が高いからでしょう。

青空が広がり気持ちの良い一日でした。

2012年4月18日 (水)

奈良交通のレトロバス

奈良交通のレトロバスは奈良市内循環バスとして走っています。何気なく走っているのを見ているだけだったのですが、たまたま乗ることができました。市内循環バスのうちわずか何台かあるいは1台かもしれませんが走っています。

車内は木の椅子や木を多く使ってあり、さぞバスの最初の頃はそうであったであろうと想像できる内装です。

外から見るよりずいぶん広い感じがします。一番後ろは展望が良いように椅子は左と右と、外を眺められるようになっています。窓も広くてもっと乗っていたいと思いました。

Pict0001_2 Pict0002_2

停留所でゆっくり停まってくれましたので、前から後ろから撮ってみました。いつも運転されているのは女性運転手です。

Pict0003_2 Pict0004_2

(紀寺幸町バス停にて、左は前から、右は後ろから)

2012年4月17日 (火)

奈良散策のお手伝い・・・お節介

朝、近鉄奈良駅近くの本屋で、本を見ていると、男性ひとりを含む女性4人くらいで、奈良の本のコーナーに、奈良でこれからどこ行こうかとしゃべっているグループが来られました。ひとりの女性は奈良のことをいろいろな雑誌やメディアで知っておられるようでした。

どこへいったら良いか奈良の人に聞けないかな?という声に、当方、相談に乗りましょうとしゃしゃり出た次第です。

この日は雨が降っていましたので、「奈良国立博物館で展示見て、東大寺南大門から東大寺ミュージアム見て大仏殿参拝したらどうですか、道中、桜も咲いているし」そして夢風ひろばという施設で食事をしても良いし、ならまちや、さっき話されていたもちいどの通りの夢CUBEもいかれたら良いのでは・・・」と雑誌の市内地図をお見せしながらお話しました。

聞けばJR奈良駅近くのホテルで泊まり、歩いて近鉄奈良駅まできたとのこと、午後1時にはJR奈良駅近くのホテルに戻り、皆で岡山に帰る学生さんのようでした。

三条通を尋ねられましたので、こちらは大宮通、帰りは三条通を歩いてJR奈良駅に行かれるのも良いし、大仏前からなら市内循環バスで戻られるのも良いですよ、とアドバイスしておきました。

こちらも次の予定がありましたのでそこで失礼したのですが、1時までなら3時間あまり、奈良散策を楽しんでいただいていれば良いなあ、と思う次第です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記

「お節介」。奈良は旅行する人に「お節介」するまち、というのがこれから大切ではないか、という提案もあります。奈良市民が他からこられる方に、「お節介」というサポートをする、役割を担うという提案です。奈良のまちのおもてなしとして、取り組んでも良いのではないかと思います。

「しみじみと感じる奈良のおもてなし」

2012年4月16日 (月)

万葉歌碑散策 4

Cimg9079 Cimg9080 Cimg9072_4

大伴宿禰家持の初月(みかづき)の歌一首

振仰けて若月(みかづき)見れば一目見し人の眉引(まよびき)おもほゆるかも(巻6-994)

岩波文庫、新訓万葉集による。

2012年4月15日 (日)

万葉歌碑散策 3

Cimg9076 Cimg9078 Cimg9072_3

佐保川べりの歌碑です。

大伴坂上郎女の初月(みかづき)の歌一首

月立ちてただ三日月の眉根かき日(か)長く戀ひし君にあへるかも(巻6ー993)

岩波文庫、「新訓万葉集}による。

2012年4月14日 (土)

万葉歌碑散策 2

Cimg9073 Cimg9075

佐保川の清き河原に鳴く千鳥かはづとふたつ忘れかねつも(作者未詳、巻7ー1123)

ちょうど佐保川小学校の入口のそばにたっています。また万葉歌碑マップもたっていました。いろいろ知らないところにも歌碑は建てられているようです。

  Cimg9072_2

2012年4月13日 (金)

森本孝二米寿記念作品展

Scimg9097

4月20日(金)から22日(日)まで当方のギャラリーまつもりで森本孝二米寿記念作品展「老いも楽し」が開かれます。

ご挨拶 「長寿社会となり米寿も珍しくなくなりましたが、元気で仕事を続けて来られたことに感慨があります。多くの方に支えられ楽しく生きているあかしとして、旅のスケッチや描き貯めてきた画などをご覧いただくことにしました。」ということです。

奈良にお住まいになり、大阪で開業され米寿の今も税理士事務所の所長さんとして現役を続けながら絵などにうちこまれているところがすごいと思います。

日本中、そして世界のあちこちもたずねて作品にされています。

Scimg9098

どうぞご高覧いただきたいと思います。

2012年4月12日 (木)

陽春、奈良のまち

P4121981 P4121982 P4121984

4月11日は雨模様。12日木曜日は温かくとても良い天気になりました。上の真ん中は興福寺三重塔、そして奈良ホテルのしだれ桜。

P4121990 P4121993 P4121994 

大乗院庭園。瑜伽神社の様子です。

天平衣装なりきり体験

Cimg9119

「奈良まちなか」の東向商店街では、天平楽座の皆さんが、天平衣装なりきり体験をおこなっています。(4月は土日祝のみ、5月6日まで)

特別に作られた天平衣装を着付け・ヘア・メイク・お客様のカメラで撮影、というなりきり体験、基本料金が2500円。

ご予約は電話0742-34-3179までということです

2012年4月11日 (水)

奈良基督教会の桜満開

Cimg9100 Cimg9102 Cimg9118

東向商店街にある、奈良基督教会の桜です。右上の写真の木造の教会の右端に見えるのは興福寺の南円堂です。教会も宮大工さんがつくられたりっぱな和風のキリスト教会です。

4月10日、桜が満開。夕方から、教会のご好意でもう10年はつづいている地元の四つの商店街が集まって花見会がありました。(昨年は、東日本大震災のため開催されませんでしたので、2年ぶりです)

当初遅すぎるのではないかと思いましたが、まさに満開ぴったしの日でした。桜の花びら1枚落ちていません。

Cimg9106 

教会には親愛幼稚園があり、その園庭の桜が満開。塀越しに国宝の興福寺三重塔もすぐそばです。

Cimg9109 Cimg9112 

株式会社まちづくり奈良の面々と、桜の下で記念撮影です。

満開の花の下で商店街四つ集まり夜桜の宴(毎日やまと歌壇)

万葉歌碑散策 1

Cimg9057 Cimg9062 Cimg9063

桜見物で出かけた佐保川べりには、万葉歌碑がたくさん建っています。

大伴坂上郎女の柳の歌二首(の二つ目)

うちのぼる佐保の河原の青柳は今は春べとなりにけるかも(巻8-1433)(写真左上)

大伴坂上郎女のこたえる歌

佐保河の小石ふみ渡りぬばたまの黒馬の来る夜は年にもあらぬか(巻4-525)(写真右下)

(岩波文庫、新訓万葉集による)

Cimg9072 Scimg9068

2012年4月10日 (火)

横井紘一さんの回想展

Yokoi

昨年11月に亡くなられた、横井紘一さんの回想展が4月19日から24日まで(22日の日曜日は休みで要注意です)かつての職場である大阪・難波の高島屋東別館でひらかれます。(入場無料)

「横井さんは1964年に高島屋の宣伝部に入られ、その後TADを経て現在のATA(オール・タカシマヤ・エージェンシー)の社長を歴任されました。その後信州大学の感性工学科の教授をされて6年前より、地元奈良で「奈良デザイン協会」や「奈良まちづくりセンター」、そして自らの「感性工学研究所」の活動をされておられました。」

横井さんをよく知る、辻さんがブログで横井さんのことを語っておられます。

http://naramonogatari.blog91.fc2.com/blog-entry-123.html

YSファンクラブ(パートⅠ)へ

もちいどのセンター街、オーケストビル2階の山口水産で、先日、YSファンクラブ(パートⅠ)がありました。今回のテーマは、ハマグリ、メバル、ホタルイカとのこと。ビールやお酒を飲みながら・・・・。

Cimg9025 

ホタルイカの酢味噌和え。

Cimg9026 Cimg9027

カツオのたたきとマグロのトロなども盛り合わせ(これは豪華)このふたつは5人前です。

Cimg9028 

ホタルイカの刺身(新鮮で透き通っていました。美味)

Cimg9030 

メインのメバルの煮付け。(魚釣りで釣るのはなかなかむつかしいそうです)

Cimg9031

貝の酒蒸し。(ハマグリかアサリか)

このほか、最後に貝の炊き込みご飯がありました。どうもごちそうさまでした。

参加は山口水産社長さんに、tetsudaさんはじめ定員一杯11名、すばらしい人たちでした。そして談論風発、楽しいひと時でした。

2012年4月 9日 (月)

春日大社へ

Cimg8779 Cimg8781

少し前、春日大社へお参りをしてきました。

馬酔木がきれいに咲いています。

そして二の鳥居わきにある御祭神の札です。ことしのソムリエ検定では、春日大社の「創始」を200字で述べよ、という問題が出ました。

Cimg8783

また感謝・共生の館の前には、新しい万葉歌碑が建てられていました。

倭は国のまほろばたたなづく青垣山隠れる倭し麗し

「古事記 中巻」歌謡30 倭建命

茨城の方の寄進のようです。

春日大社のhpです。→http://www.kasugataisha.or.jp/

2012年4月 8日 (日)

佐保川の桜も見頃です

Cimg9054_2

かぎろひさんのブログで、6日夕方の様子を伝えられています。http://kagiroi.narasaku.jp/e66743.html

7日土曜日、やや穏やかな天気でしたので、折りたたみ自転車で新大宮から法蓮の大仏鉄道公園までを往復して、桜を見てきました。

Cimg9044 Cimg9049

Cimg9051 Cimg9053 

「川路桜」も咲いていました。土日の夕方はあんどんにろうそくの火が灯るそうです。

Cimg9055   Scimg9047

法蓮町の大仏鉄道記念公園のしだれ桜も見事に咲いています。(写真下)佐保川べりを散歩されたり、たくさんの人が写真を撮っておられました。

Cimg9066

2012年4月 7日 (土)

nara in the boxがオープンしました

Cimg9023 

3月末に、JR奈良駅の1階に新しいお店がオープンしました。ちょうど、JR奈良駅近くへ用事があり訪問してきました。(食品スーパーのそばです)

写真右下、もちいどの夢CUBEの1期生、右からY君、真ん中の I 君らが立ち上げた、「nara in the box」というお店です。

奈良の品物とフレンチ風の喫茶カフェが準備されていました。夜は10時まで営業されているとのこと。

35名くらいまでの団体のパーティーもできるということでした。電話0742-26-0666。

どうぞJR奈良駅の乗降の際などお立ち寄りください。2階ではなく1階ですから、お間違えなくどうぞ。

ますますのご発展を願っています。

Cimg9022 Cimg9021

2012年4月 6日 (金)

奈良公園の桜も咲き始めました

4月4日は、地元の花見会でした。前夜の春の大嵐ではなく晴れ渡り、幹事としてホッとした次第です。それにしても、3日の春の嵐は、雨は少なかったようですが、風がとても強く今まで経験したことのないものでした。しかも西日本から東海、東日本とテレビはそのすさまじさを伝えていました。

Pict0001 Pict0002 Pict0003 

三条通から見上げる興福寺三重塔、そして南円堂あたりです。

Pict0004 Pict0005 Pict0006 

迎えのバスで、三笠温泉郷へ。ホテル平城の窓からの景色です。やや霞んでいるのですが、はるか桜井、明日香、吉野葛城まで見えました。すばらしい夕景です。

そして手前には興福寺五重塔、建設中の中金堂、奈良盆地・・・。ホテルの周りにも桜の木々は多いのですが、残念ながらまだつぼみでした。

(追記)4月5日。

早咲きの氷室神社のしだれ桜や白木蓮の便りも聞こえましたので、午後から氷室神社にお参りして拝見してきました。

お天気も良く、たくさんの人が訪れていました。

氷室社のしだれ桜の傍らで白くかがよう木蓮の花(毎日やまと歌壇から)

Cimg9008 Cimg9015 Cimg9011

2012年4月 5日 (木)

小谷稔先生の歌集「牛の子」、「再誕」、「ふるさと」

Cimg8427 

現在「新アララギ」選者・編集委員、毎日やまと歌壇の選者として活躍中の小谷稔先生の歌集です。

何度も読んでみたい歌集です。

※「牛の子」売り切れ中でしたが、再版発行されました。  短歌新聞社http://www4.ocn.ne.jp/~tanka/の新現代歌人叢書36。税込1000円。(初版は平成18年に出版されています。)

タイトルは冒頭の歌から。

牛の子の乳吸ふ音の聞こゆるも寂しかりけりふるさとに寝て

※「再誕」     小谷稔歌集  短歌新聞社発行。税込2500円。

Cimg8426

『現在「新アララギ」選者・編集委員として活躍する小谷稔の第四歌集。『大和恋』以降の平成7年から18年までの作品七六五首を収載する。50年在籍したアララギの終焉や定年を迎え、職業などを通じた社会の繋がりは終わりをつけたが、自由な個人として、新たに人生を始める意を込めて『再誕』の歌集名と成す。

冒頭の歌は平成7年(1995)阪神・淡路大震災

神戸空襲の炎をかつて見き今見るは地震の空焦がす火ぞ

※「ふるさと」

Cimg8444

最近手に入れた「ふるさと」です。短歌と共に写真がのせられていて、ふるさとを詠む作品の風景を拝見できます。

ふるさと―小谷稔短歌集 (アルカディアシリーズ―フローラブックス)

Pict0007_3

毎日新聞のやまと歌壇です。

2012年4月 4日 (水)

斎藤茂吉の歌集「あらたま」

Cimg8422 Cimg8424

斎藤茂吉さんの名前はかなり以前から知っているし、歌人として有名です。最近、昔から愛読されていたという歌集「あらたま」をいただきました。

斎藤茂吉さんは、岩波新書の「万葉秀歌」上下も有名で知っています。

その後、奥さんの南極旅行記を読んだり、斎藤茂太さんの「長男の本」などもよく見ました。近頃お亡くなりなった息子さんの北杜夫さんのドクトルまんぼうシリーズもおもしろかったし、長編「楡家の人々」は青山の脳病院をめぐる話でした。

そんな中に、いろいろと斎藤茂吉さんは登場していました。

斎藤茂吉さんは短歌アララギ派に属しています。「あらたま」は有名な歌集のようです。さっさと読み過ごすと何を歌っているのかわかりませんでした。もう一度、久しぶりに、大きな辞書をかたわらに読み始めています。やはり万葉集のような言葉遣いが多いし、知らない枕詞もたくさん出てきます。

2012年4月 3日 (火)

街元気・まちづくり情報

「株式会社まちづくり奈良」も4月から新しいスタッフを迎えて、新しい体制でスタートです。こちらにもエネルギーと時間をつかっているこの頃です。

そして、いろいろなまちづくり情報をメルマガなどで届けてくれる「街元気・まちづくり情報」のサイトです。参考までに紹介します。

https://www.machigenki.jp/

2012年4月 2日 (月)

解脱上人、貞慶特別展

Img174 Img175_2

奈良国立博物館では、4月7日(土)から5月27日(日)の間、ご遠忌800年記念特別展、解脱上人、貞慶特別展ー鎌倉仏教の本流、という展覧会が開かれます。

展覧会のhpです→http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2012toku/jokei/jokei_index.html

2012年4月 1日 (日)

♪いちねんせいになったら

Pict0002

4月になりました。

春の新学期が近づきました。野村さんご夫妻から届きました。ひとりひとりの顔が良いですね。

作詞のまどみちおさん、100才を越えておられます。お元気ですね。まどみちおさん公式hp

http://www.mado-michio.com/

最近知ったジョークのようなほんとうの話。

「お元気ですね。100才までお元気でしょう」。その答えが「わしゃもう103才だよ」という返事。返す言葉がなかったとのこと。

いつまでも「いちねんせいになったら」のころの気持ちをもちたいものです。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31