フォト
無料ブログはココログ

« 磐之媛命陵あたり、水上池、ウワナベ古墳、コナベ古墳 | トップページ | 添御懸坐神社(そうのみあがたにいますじんじゃ)へ »

2012年3月 6日 (火)

磐之媛命陵(いわのひめりょう)へ

Cimg8479 Cimg8478 Cimg8480

磐之媛命陵(いわのひめりょう)というのは、

「ヒシャゲ古墳。前方後円墳。佐紀古墳群東群の盟主的な位置にある古墳である。現在は仁徳天皇の皇后磐之媛命陵に治定されている。

『日本書紀』によれば、仁徳天皇が八田若郎女を寵愛したため、磐之媛命の怒りが解けず難波宮にも戻らなかった。

それゆえ仁徳天皇陵が大阪府堺市にあるにもかかわらず、皇后陵が奈良盆地にあるとされる」(奈良まほろばソムリエ検定、公式テキストより)

近くは通っても正面からの参拝は初めてでした。

また近くには、奈良市に万葉歌碑を建てる会による、歌碑がありました。(下の写真。左が表。右が裏)

Cimg8473 Cimg8475_2 Cimg8476_2

中臣女郎が大伴宿禰家持に贈れる歌

おみなへし佐紀澤生ふる花かつみかつても知らぬ戀もするかも(巻4-675)

« 磐之媛命陵あたり、水上池、ウワナベ古墳、コナベ古墳 | トップページ | 添御懸坐神社(そうのみあがたにいますじんじゃ)へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 磐之媛命陵あたり、水上池、ウワナベ古墳、コナベ古墳 | トップページ | 添御懸坐神社(そうのみあがたにいますじんじゃ)へ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30