フォト
無料ブログはココログ

« 2月4日から奈良県立美術館では | トップページ | おすすめ古事記入門 »

2012年2月 5日 (日)

「まほろびすと」創刊号

Cimg8205 Cimg8206 Cimg8207

1月25日、奈良の新しい地域雑誌「まほろびすと」創刊号が発刊されました。

長年の友人である、実業印刷の沢井啓祐氏が、今までの「あかい奈良」は最終号で終了して、新しい取り組みをするということです。値段は600円とのこと。関西、東海で(東京ではまほろば館で)販売、市内では啓林堂書店などにおかれているということです。アマゾンでも買えるとか。

巻頭のフォトエッセイから。

魅力の深度は、かなり深いはずなのに。

口下手で、あんまり自分のことを語らない。

たしかに、地味で素朴。

至れり尽くせりのライバルに比べると、華やかさに欠けるかも。

でも、それはそれで、いいかな。

誰からも好かれようとすると、自分を見失うもの。

いたらないところも、味のうちー。

その想いが、愛着へと変えていく。

気負わず、普段着のまま付き合えて。

心の肩こりをそっと、ときほぐしてくれる。

なにより

知ったぶんだけ、喜びにして返してくれる。

そんな奈良のことが、

全部ひっくるめて、愛おしいのです。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くわしくは「まほろびすと」のhpをご覧ください→http://maforovist.com/

« 2月4日から奈良県立美術館では | トップページ | おすすめ古事記入門 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月4日から奈良県立美術館では | トップページ | おすすめ古事記入門 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31