フォト
無料ブログはココログ

« 唐古・鍵考古学ミュージアムへ | トップページ | 八木町の札の辻へ »

2012年2月18日 (土)

橿原考古学研究所附属博物館〜末永雅雄特別展へ

Cimg8418 Cimg8415

先日、奈良県立美術館の大和の地宝展へいったときに、橿原考古学研究所附属博物館では、3月25日まで末永雅雄展がひらかれているという案内チラシをもらいました。

田原本まで出かけたので、少し見に行こうかと思っていましたが、唐古・鍵考古学ミュージアムのガイドさんに、ちょうどその日は講演会があるのでぜひどうぞ、と紹介されました。(講演はなんと無料)

で、橿原考古学研究所のホールでの講演会に立寄りました。3人の講師のお話があるということで、立派なレジュメももらいました。歴史ファンの方はとても多くほぼ満員。結局、最後まで聴き、そのあと附属博物館の上記特別展(400円)を見ると閉館の5時になりました。

当初出かけるときには思っていなかった、長丁場の行動になりました。本ではなく、わかりやすい講演はなかなか良いものだと思ったことでした。

講師の皆さんと題名。

松田真一氏(天理大学附属天理参考館特別顧問)
         「考古学調査の視角-末永雅雄による奈良県の縄文遺跡調査-」       

藤田三郎氏(田原本町教育委員会文化財保存課主幹 )
        「末永雅雄と唐古遺跡の調査」
前園実知雄氏(奈良芸術短期大学教授)
        「末永雅雄の『考古学の窓』-宮滝遺跡から高松塚古墳-」

Cimg8414

橿原考古学研究所のhpです。→http://www.kashikoken.jp/museum/

« 唐古・鍵考古学ミュージアムへ | トップページ | 八木町の札の辻へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 唐古・鍵考古学ミュージアムへ | トップページ | 八木町の札の辻へ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31