フォト
無料ブログはココログ

« 平城宮跡、資料館、遺構展示館へ | トップページ | ローカル線の普通列車 »

2011年12月 4日 (日)

奈良県立美術館の磯江毅展へ

Cimg7578

磯江毅さんは、写実の絵でずいぶん以前の方かと思っていました。実は1954年お生まれで2007年に53才という若さでお亡くなりになった、同時代に生きた人ということにまず驚きました。

大阪出身、19才でロシア経由のシベリア鉄道でスペインに行き、スペインの写実的なデッサンを身につけられ、またデューラーなどの模作で油絵を身につけられたということです。

紙、陶器、瓶、ワインの瓶、果物、魚、鳥、新聞紙、頭蓋骨など、いろいろな素材の違いをそれぞれに描かれています。

花もしかり、すりガラス越しの花、動きのある洗濯の干し物、自画像、鳥の巣、など興味は尽きません。

多数のデッサンもとても多くて見きれません。

15分くらいのビデオもとてもよくわかりましたし、良いビデオでした。

1度目はようやく時間がとれたので閉館1時間前に入ったのですが、時間が不足しました。

それで、夕方7時まで見ることのできる(金、土)に2度目拝見にいってきました。

12月18日まで、おすすめの展覧会です。

奈良県のhpの中にhpがあります。http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-11842.htm

わたしは展覧会もよく訪問していますが、奈良県立美術館はもうすこし人が訪れても良いと思います。施設もリニューアルされるべき時期なのでしょうか。

« 平城宮跡、資料館、遺構展示館へ | トップページ | ローカル線の普通列車 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平城宮跡、資料館、遺構展示館へ | トップページ | ローカル線の普通列車 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31