フォト
無料ブログはココログ

« 采女祭り乗船体験 | トップページ | 奈良女子大生、まんとくん、餅飯殿センター街、東北の多賀城市へ »

2011年9月12日 (月)

柳川の川下り、北原白秋の生家へ 2

Cimg6465 Cimg6469 Cimg6470

2日目もとても良い天気にめぐまれました。バスで有明海の近くの柳川の川下り(かつての柳川城のお堀)をたずねました。わたしはもうずいぶん前になりますが二度目の訪問です。

船頭さんの軽妙な説明や歌を聞きながら1時間ほどのりました。昭和26年から川下りが始められ、5つの船会社があり相当な数の船があるということでした。60年前から川下りが始められているという伝統に感心しました。

行く先々には、歌碑がたっていたり、旧藩主の銅像があり見どころが次々にありました。

春や秋には花もたくさん咲くそうです。

Cimg6475 Cimg6484 Cimg6499 

旧藩主の邸宅でうなぎの セイロ蒸しをたべたあと、敷地内を見学しました。そしてお掘り近くにある、詩人であり歌人である北原白秋の生家をたずねました。北原白秋の生家は造り酒屋さんだったそうです。早稲田大学では三水の一人と言われたそうです。実に多くの歌や詩をつくっています。奥にはりっぱな記念館がありました。

Scimg6501 Cimg6504Scimg6506  

ひとつびっくりすることがありました。入口で芳名録を見た、同行の下御門町の光学堂さんが前日に訪ねられていた奈良大学の上野先生 の記帳を見つけました。上野先生は博多ご出身と聞いていましたが、まさか1日違いで来られていたとは、まさに奇遇です。

帰りは新幹線久留米駅から、新大阪まで直通の「さくら」に乗りました。横1列に2人と2人の席でまるでグリーン車のようにゆったりとしていました。前日の木調の椅子の「さくら」は九州専用ということでした。

久留米から3時間ほどで新大阪に着きましたそして無事奈良に帰りました。Cimg6518 Cimg6519 

« 采女祭り乗船体験 | トップページ | 奈良女子大生、まんとくん、餅飯殿センター街、東北の多賀城市へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 采女祭り乗船体験 | トップページ | 奈良女子大生、まんとくん、餅飯殿センター街、東北の多賀城市へ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30