フォト
無料ブログはココログ

« もちいどのセンター街・夢CUBE1区画募集中 | トップページ | 大和郡山市の箱本館「紺屋」などへ »

2011年7月12日 (火)

雨の大安寺へ

Scimg5523 Scimg5522 Scimg5524

南都七大寺のひとつ、大安寺は、熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)→百済大寺→大官大寺→大安寺と名前も場所も変遷したたいへん古いお寺です。716年に平城京左京六条四坊に移されたそうです。そして、唐から帰朝した道慈が天平元年(729年)から住して寺号を大安寺と改めたとあります。

現在住職は、河野良文師。以前は、笹酒をいただく光仁会を訪問しましたが、今回雨の日は、しっとりとした境内でした。

本堂を拝観し、収蔵庫の木造の観音像などを拝観することができました。

大安寺のhpです。http://www.daianji.or.jp/

また会津八一は大安寺あたりでも歌を残しています。

大安寺をいでて薬師寺をのぞむ

 しぐれ ふる のずゑ の むら の このま より 
 み いでて うれし やくしじ の たふ

(時雨降る野末の村の木の間より見出でてうれし薬師寺の塔)

会津八一の研究家、素空氏の解説です。

写真左は、奈良ロータリークラブのモーニングウォーク奈良の地図。唐招提寺への道。そして薬師寺への道がお勧めです。右は歴代のゆかりの僧侶の五輪塔です。(クリックすると大きくなります)

Scimg5521 Scimg5527 Scimg5526

そして昨年の4月の当ブログ、三条通を行く、天平の行道です。http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/43.html

« もちいどのセンター街・夢CUBE1区画募集中 | トップページ | 大和郡山市の箱本館「紺屋」などへ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もちいどのセンター街・夢CUBE1区画募集中 | トップページ | 大和郡山市の箱本館「紺屋」などへ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31