フォト
無料ブログはココログ

« 会津八一の歌碑(中宮寺) | トップページ | 牽牛子塚古墳へ »

2011年5月18日 (水)

高松塚古墳壁画修理作業室公開へ

Scimg4598_2 Scimg4600 Scimg4601

5月14日から22日まで修理室の公開がひらかれています。国立飛鳥歴史公園の一画で高松塚古墳のすぐ近くです。今回知人がうまいぐあいに予約してくれましたので3人で見学にいってきました。

予約しておいた時間に行き受付をすませてしばらく待つと、15人くらいずつ事前の説明が10分ほどあり、それから上の建物の中の、16個に分解された高松塚の古墳の石室の石をガラス越しに見ることができました。今回キトラ古墳の玄武もならべられていました。高松塚古墳の実物の壁画をみるのは初めてのことでしたが、なかなかすばらしいものでした。カビなどの除去などの作業がふだんは行われているそうです。石もひとつ500キロから1000数百キロと重いものです。

(まだ若干の追加募集をされているそうです。http://takamatsuzuka.com/

そのあと高松塚古墳も見に行きました。きれいな円墳に修復されていて多くの見学客でにぎわっていました

Scimg4608 Scimg4610

« 会津八一の歌碑(中宮寺) | トップページ | 牽牛子塚古墳へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 会津八一の歌碑(中宮寺) | トップページ | 牽牛子塚古墳へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30