フォト
無料ブログはココログ

« やまといろ展 | トップページ | まんとくんの今後2 »

2010年12月25日 (土)

まんとくんの今後1

まんとくんの今後についてあちこちで報じられています。

Report_kigurumi_01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(NHK奈良では)

まんとくん来年も活動続ける

平城遷都1300年祭について、民間団体が奈良のシカをイメージして作ったマスコットキャラクター、「まんとくん」が商店街で作る団体が窓口になって、来年以降も奈良をPRするキャラクターとして使われることになりました。これは、「まんとくん」を運営していた市民団体が、24日、記者会見を開いて、明らかにしたものです。
「まんとくん」は平城遷都1300年祭の公式マスコットキャラクター「せんとくん」に対し、当初、きもち悪いという意見があったため、奈良県内のデザイナーで作るグループが公募し選んだもので、奈良のシカをデザインしたキャラクターで、マントを着ているのが特徴です。
これまで、1300年祭をPRするために様々な祭りや催しに参加してきましたが、市民団体では、「まんとくん」が市民に慕われているため、1300年祭が終わった来年以降も奈良市内の商店街が集まった研究会が窓口となって奈良をPRするキャラクターとして使い続けることを決めました。
1300年祭をめぐっては、「せんとくん」と「まんとくん」そして、寺で作る団体が聖徳太子をイメージして作ったキャラクターの「なーむくん」という3つのキャラクターがありますが、「せんとくん」は来年から県のPRをするほか、「なーむくん」も来年以降、寺の団体が主催する催しなどに参加していくということで、3つのキャラクターとも1300年祭の後も活動を続けることになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(奈良テレビでは)

まんとくん 来年もがんばるぞ! / 奈良県 2010/12/24 20:35  先日、奈良県に就職が決まったせんとくんに続き、民間のキャラクターとして1300年祭を盛り上げてきたまんとくんも来年以降活動を続けることになりました。
 これはきょうまんとくんの活動を支える団体『まんとくんネット』が明らかにしたものです。
 まんとくんは着ぐるみ誕生から約2年間にわたって、県内外のイベントなどに参加し、奈良をPRしてきました。
 これまでグッズの商品化を公認した企業は46社、約150点のアイテムが作られました。
 平城遷都1300年祭の公式キャラクターを選ぶ際、その不透明さを問う形で民間から誕生したまんとくんですが、その知名度は全国区となり、運営団体には各地から活動継続を望む声が届いていたといいます。
 継続決定を聞いてまんとくんは「がんばりたい」という気持ちを体で表現し、来年以降の活動に向けて気合をみなぎらせていました。

« やまといろ展 | トップページ | まんとくんの今後2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やまといろ展 | トップページ | まんとくんの今後2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30