フォト
無料ブログはココログ

« ならまちなかバルへ | トップページ | 光明皇后1250年御遠忌へ »

2010年10月19日 (火)

興福寺中金堂 立柱式へ

Pict0001 Pict0002 Pict0003 Pict0004

10月16日秋空のもと、暑いくらいの日差しがふりそそぐ中、興福寺の中金堂の立柱式に参列してきました。

朝日新聞は「再建工事が進む奈良・興福寺の中枢・中金堂(ちゅうこんどう)の36本の柱が無事に立ったことを祝う立柱(りっちゅう)式が16日、奈良市登大路町の同寺境内であった。700人が出席、江戸時代の1717(享保2)年に焼失した仏堂の再興を願った。2018年の落慶を目指している。

 1300年前の平城遷都とともに藤原不比等(ふひと)によって創建された中金堂は、戦災や火災で何度も焼失。その度、天平時代の規模と形を踏襲して再建されたが、江戸の焼失後は仮のお堂でしのいできた。

 立柱式は、藤原氏の氏社である春日大社に伝わる作法にのっとって行われた。宮大工らが柱のそばで木づちを厚板に打ち付ける槌打(つちうち)の儀などがあった。カメルーン産のアパ(アフリカケヤキ)が柱材に用いられたことから、奈良工業高等専門学校に通う同国の留学生も招待され、関係者とともに木づちを手にした。 」と伝えています。

柱材は遠く、アフリカのカメルーンから届いたそうです。

当日、多川俊映貫主のあいさつがありました。「いつの時代も、天平に帰れと再建を繰り返してきた興福寺ですが、こんどの中金堂の再建されたあかつきには、境内に天平の風が吹き、会津八一氏の歌にある仏の庭を実現したい」といわれました。あと8年後に落慶の予定だそうですが、多大な費用は、多くの人々の寄進によるものだと思います。多くの人々の協力なしにはできない大事業でしょう。

Spict0001

興福寺本坊前にある会津八一の歌 

 はる きぬ と いま か もろびと ゆき かへり 
        ほとけ の には に はな さく らし も 

歌の解説は素空氏のhpに。

「興福寺中金堂の再建をめざしカメルーンの柱立ちたり」(やまと歌壇採歌)

« ならまちなかバルへ | トップページ | 光明皇后1250年御遠忌へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ならまちなかバルへ | トップページ | 光明皇后1250年御遠忌へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30