フォト
無料ブログはココログ

« 仏像修理100年、特別展 | トップページ | なら燈花会(とうかえ)1 »

2010年8月 6日 (金)

オペラ「遣唐使」、プレセミナーへ

Scimg0928 10月2日に、なら100年会館大ホールでおこなわれる、オペラ遣唐使のプレセミナーが行われましたので、聞いてきました。

原作・台本・制作統括の上野誠先生、演出の浜畑賢吉氏、そして阿倍仲麻呂を演ずるバリトンの三原剛氏、司会の吉川さんのおはなしでした。

上野先生の原作を依頼され執筆したいきさつ、遣唐使の母の歌が残っていたこと。阿倍仲麻呂の歌のこと、など興味ある話でした。

また演出の浜畑さんの、アイデアが出てくるしぐさ、誰もいないなら舞台に寝っころがりたいくらい舞台が好き、というお話も実に舞台人らしいお話でした。

三原先生は、日本語は「あ段」の言葉が多くて、声を奥でなかなか出しにくい音であること、ヨーロッパでもあちこちの町で小さなホールがあり、オペラがあること、など3人のおはなしが、司会の吉川さんの引き出しも良くて、交わりあって楽しい座談会でした。

また、ソプラノの東野亜弥子さんの阿倍仲麻呂の和歌のアリアに、オペラ「遣唐使」合唱団の市場の情景の歌などがありました。

次回、第2回のプレセミナーが9月12日午後2時からあるそうです。http://www.nara100.com/event/event13.html

そして本番は10月2日、なら100年会館大ホールです。チケットもかなり良い売れ行きのようです。

« 仏像修理100年、特別展 | トップページ | なら燈花会(とうかえ)1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仏像修理100年、特別展 | トップページ | なら燈花会(とうかえ)1 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31