フォト
無料ブログはココログ

« ならまちナイトカルチャー春 | トップページ | 璉珹寺れんじょうじ »

2010年5月16日 (日)

奈良県庁の屋上へ

Scimg0267 Scimg0270 Scimg0273

北海道からお客様が来られました。ことしはやはり遷都1300年ということで、奈良の情報が多く出ていますので、地元以上によく研究されています。もともと大学の先生で、理科系の方ながら、やはり研究ということでは同じことなのでしょう。

最初に奈良に来られたのが、先生が大学生のころ、当方は小学生でした。ということは、50年ほど前のことです。その後何度か関西に用事があるとき立ち寄っていただきましたが、今回はひさしぶり、奥様同伴で、ゆっくり奈良を楽しみたいということです。奥様も北海道釧路からはるばる高校の修学旅行ではじめて奈良に来られたそうです。そして、おふたりの新婚旅行でも奈良に来られたというのは初耳でした。

今回は平城宮跡や西ノ京、法隆寺など4日間奈良のあちこちに行かれる旅行です。宿泊は、奈良公園のなかとJR駅前の2ヶ所でご自分で予約いただきました。

そして、この数ヶ月、NHKの「45日間奈良時代一周」という15分番組をすべて見られ、昼の「ふるさと一番」の奈良特集も見られ、さらに「続日本書紀」も読んでおられますから、たいへんな奈良知識をおもちのおふたりです。

で、次はどこの行きたいですかと尋ねると、リクエストは奈良県庁の屋上とのことでした。「45日間奈良時代一周」でも県庁の屋上からの景色があったそうです。

当日はとてもよく晴れていて、風は少し強かったのですが、とても良い景色でした。新緑が濃淡に良く映えて、まさに緑の森を見ているようでした。南は興福寺の五重塔が見え、はるか金剛山に吉野方面、東の若草山から三輪山につらなる青垣山、北の平城山、西の生駒山と山に囲まれ奈良公園の緑が実に良く見えます。

「とても良い景色で地元の人は良く来られますか?」という質問でしたが、さてどうでしょうか。地元のわたしもあらためてよい景色と感じました。そして奈良町情報館のF君にも屋上で偶然出会いました。彼も遠来のお客様を案内してやってきたということでした。おすすめのスポットです。

(写真左から、興福寺五重塔方向、つぎは東大寺若草山方向。つぎは高円山方向です。それぞれクリックしていただくと大きくなります。)

« ならまちナイトカルチャー春 | トップページ | 璉珹寺れんじょうじ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ならまちナイトカルチャー春 | トップページ | 璉珹寺れんじょうじ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31