フォト
無料ブログはココログ

« 大遣唐使展 | トップページ | ならセグスタンプラリー »

2010年3月27日 (土)

「万葉びとの奈良」

Cimg9739 奈良大学の上野誠教授から、3月25日発行の1冊の真新しい本、「万葉びとの奈良」をいただきました。

手にしてすぐに読み始めました。とても読みやすい本です。1日半で読み終えました。

帯には、「こんなにも明るく活気に満ちた都があった。平城の京(みやこ)にいきた人びとの心と暮らしとは。」

「奈良という街は、中心部に巨大な空洞を持つ・・・・市民たちは鉄道や道路の建設計画が持ち上がるたびに、いわば苦渋の決断をして、この空洞を残してきたのである。それはなぜか?--プロローグより。」

「気鋭の万葉学者による、日本人の源流の読み解き。」「そして、奈良の道は、いにしえの平城京へと続いているーー。整然たる条坊。壮大な宮城。寺院や仏像。国際都市として、のびやかな天平文化、やまと初の「みやび」をはぐくんだ平城京が、奈良という土地の基層にいまも生きている。道や庭、万葉集や正倉院御物を手がかりに、ミカドから庶民までの仕事と恋と日常をありありと甦らせる。万葉学者が独自の視点で日本の源流を案内する、かつてない奈良論。」とあります。

率直に言って、とてもおもしろかった、そしてとてもわかりやすかった、というのが感想です。

おりしも平城遷都1300年、ぜひこの本を読んで平城宮跡にいかれることをお薦めします。

(新潮選書、本体1100円。212ページ)

« 大遣唐使展 | トップページ | ならセグスタンプラリー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大遣唐使展 | トップページ | ならセグスタンプラリー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31