フォト
無料ブログはココログ

« 第5回奈良町落語ふぇすてぃばる | トップページ | べちょたれ雑炊 »

2009年11月21日 (土)

歩く・なら

先日も新聞に、奈良の古道歩きのおすすめの記事がありました。そのなかで、歩くことで頭の中が働きやすいとその効用も書かれていました。
東京在住の友人が、以下のような記事があったと紹介してくれました。(以下記事から)
奈良県には一風変わった部署がある。「ならの魅力創造課」の「歩く奈良推進グループ」。昨年4月の発足以来、メンバー5人が3500キロを歩き、お薦めの散策コースを「歩く・なら」のタイトルでホームページに公開している。
 奈良公園周辺の国宝を巡るものや、吉野の修験道をたどるものまで約20通り。9月からはコンビニで地図を自由にプリントアウトできるようになった。http://www.pref.nara.jp/miryoku/aruku/
 きっかけは荒井正吾知事が、県内の歴史遺産や自然を巡るコース作成を提案したこと。観光課の職員だった谷垣裕子さん(46)を中心にプロジェクトが動き始めた。 谷垣さんらは市町村からコースの候補を聞き取った上で、地図を片手に実際に歩き、道中の標識やトイレ、交通量などをチェックする。
 「歩いてみて初めて分かることも多い。ロープが切れていて岩場から落ちかけたこともある」と笑う谷垣さん。「昔の人と同じように歩くことで、歴史を身近に感じることができる」。今後もコースを追加する予定だ。

« 第5回奈良町落語ふぇすてぃばる | トップページ | べちょたれ雑炊 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第5回奈良町落語ふぇすてぃばる | トップページ | べちょたれ雑炊 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30