フォト
無料ブログはココログ

« 興福寺旧大乗院庭園の池 | トップページ | おもてなしの大切さ »

2009年6月14日 (日)

東海北陸自動車道の旅 

地元自治会の恒例の親睦旅行で出かけてきました。ちょうど、梅雨入り宣言が出され、天気予報も雨と曇りのマークで、2日間、雨であろうとはじめからあきらめて出かけたのですが、雨が降っていたときには、バスや船の中でしたので、幸い持参した折り畳み傘がいらないという幸運に恵まれました。2日目などは、晴れてしまうという幸運さです。

朝8時奈良を出発、昼には、北陸自動車道の武生で昼食、さらにかつての砺波市、今は南砺(なんと)市に到着しました。欄間など、木彫りの彫刻で有名です。また、瑞泉寺という立派なお寺がありました。(数年前の2月に訪れたときは雪が境内に積もっていました)

Scimg7334 Scimg7341

Scimg7340_2 有名な門に彫られている、親獅子が子獅子を崖から突き落とす図です。

« 興福寺旧大乗院庭園の池 | トップページ | おもてなしの大切さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 興福寺旧大乗院庭園の池 | トップページ | おもてなしの大切さ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30