フォト
無料ブログはココログ

« 姫路・高砂・明石に活き鯛!! | トップページ | うちわまき »

2009年5月11日 (月)

鑑真和上展へ

時間を見つけて、奈良国立博物館の「鑑真和上展」を見てきました。入ると、本堂内陣の四天王がならんでいて、一瞬、お堂の中に入ったようなスケールでした。照明が的確にあてられ、効果的でした。

鑑真和上像はどちらに?と思って拝観していると、西館にはいると、アクリルの大きなケースの中に、生きておられるように、座っておられます。まさに慈顔です。

小学校のころ、父に連れられ、唐招提寺にはじめて訪れました。あの有名な顔も手もない流麗な像、トルソーに実に久方ぶりに再会しました。

東山魁夷さんの描かれたふすま絵が広がります。鑑真和上が渡ってこられた海がすばらしい色彩で描かれています。

5月24日まで。奈良国立博物館にて。

« 姫路・高砂・明石に活き鯛!! | トップページ | うちわまき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 姫路・高砂・明石に活き鯛!! | トップページ | うちわまき »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30