フォト
無料ブログはココログ

« ♪朝だ 元気で | トップページ | お水取りが終わりました »

2009年3月15日 (日)

「思い出の歌のチカラ」

Scimg6294 毎日新聞で、専門編集委員の近藤勝重さんは、「しあわせのトンボ」というコラムで、「思い出の歌のチカラ」という記事を書いておられました。共感しましたので、転載してご紹介させていただきます。

(引用はじまり)  「飛行機に乗って音楽チャンネルをつけると、昭和歌謡が聞こえてくる。旅の空、いっしょにその時代に帰って、ぼくはしみじみとなる。このしみじみがいい」

わたしは新幹線など列車の中でそういう経験をよくします。昭和だけでなくいろいろな歌や音楽ですが。(鹿鳴人)

「歌とともにある懐かしさは、たんなる追体験ではない。胸に触れてきて、さら人間の奥深いところにある心魂を包み込む感情だ。歌はそこまで届くのである。」  (中略)

「今日のように先の見えにくい時代になると、歌がくれるそうした思いは、なおさら貴重に思えてくるのである。」  (引用終わり)

「しみじみと思う気持ち」はなかなか得がたい気持ちではないかとあらためて思います。

« ♪朝だ 元気で | トップページ | お水取りが終わりました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ♪朝だ 元気で | トップページ | お水取りが終わりました »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31